2020年9月24日 (木)

佐々木閑著「科学するブッダ - 犀の角たち」を読む:- その3 仏教学者の釈迦、仏教

  佐々木閑著「科学するブッダ - 犀の角たち」を読んでいきます。     ==>> さて、この本の著者は科学者じゃなくて      仏教学者なのでした。      それで、この後は、やっと第四...

» 続きを読む

| | コメント (0)

佐々木閑著「科学するブッダ - 犀の角たち」を読む:- その2 仏教学者の数学

  佐々木閑著「科学するブッダ - 犀の角たち」を読む:- その2 仏教学者の数学          ==>>  第二章に進化論のことが書かれているのですが、       今の私の興味の焦点から...

» 続きを読む

| | コメント (0)

佐々木閑著「科学するブッダ - 犀の角たち」を読む:- その1 仏教学者の物理学

  佐々木閑著「科学するブッダ - 犀の角たち」を読む:- その1 仏教学者の物理学      佐々木閑著「科学するブッダ - 犀の角たち」を読んでいきます。   最初に結論をいいますと、 この...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

坪倉優介著「記憶喪失になったぼくが見た世界」から - 意識、クオリアとは何か 2

  坪倉優介著「記憶喪失になったぼくが見た世界」から - 意識、クオリアとは何か 2     その2です。 坪倉優介著「記憶喪失になったぼくが見た世界」を読んで います。読むというより、意識と形而上学...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

坪倉優介著「記憶喪失になったぼくが見た世界」から - 意識、クオリアとは何か 1

  坪倉優介著「記憶喪失になったぼくが見た世界」から - 意識、クオリアとは何か 1     坪倉優介著「記憶喪失になったぼくが見た世界」を読んで いくのですが、今回は読むというより、材料を拾うことを...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月21日 (月)

中村昇著「ホワイトヘッドの哲学」を読む - その3 量子論と有機体の哲学

  中村昇著「ホワイトヘッドの哲学」を読む - その3 量子論と有機体の哲学   超難解と言われているホワイトヘッド哲学への入門を 中村昇さんの本で読んでいます。 その3、最後です。     p...

» 続きを読む

| | コメント (0)

中村昇著「ホワイトヘッドの哲学」を読む - その2 超難解な哲学への入門

中村昇著「ホワイトヘッドの哲学」を読む - その2 超難解な哲学への入門   超難解と言われているホワイトヘッド哲学への入門を 中村昇さんの本で読んでいます。 その2です。       p52...

» 続きを読む

| | コメント (0)

中村昇著「ホワイトヘッドの哲学」を読む - その1 超難解な哲学への入門以前

  中村昇著「ホワイトヘッドの哲学」を読む - その1 超難解な哲学への入門以前     超難解と言われているホワイトヘッド哲学への入門を 中村昇さんの本で読んでいきます。   まず、このホワイト...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

ベンローズ著「心は量子で語れるか」を眺める - その3 科学者同士の批判と反論

  ベンローズ著「心は量子で語れるか」を眺める - その3 科学者同士の批判と反論   「心は量子で語れるか」― 21世紀物理の進むべき道をさぐる - ロジャー・ペンローズ 著  中村和幸 訳   ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ベンローズ著「心は量子で語れるか」を眺める - その2 ペンローズの講演内容

  ベンローズ著「心は量子で語れるか」を眺める - その2 ペンローズの講演内容   「心は量子で語れるか」― 21世紀物理の進むべき道をさぐる - ロジャー・ペンローズ 著 中村和幸 訳   講演内...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ベンローズ著「心は量子で語れるか」を眺める - その1 ペンローズの講演内容

  ベンローズ著「心は量子で語れるか」を眺める - その1 ペンローズの講演内容   「心は量子で語れるか」 ― 21世紀物理の進むべき道をさぐる - ロジャー・ペンローズ 著 中村和幸 訳   ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

「ペンローズの<量子脳>理論」を読む。 意識と量子論 - その3

  「ペンローズの<量子脳>理論」を読む。 意識と量子論 - その3       「ペンローズの“量子脳”理論―心と意識の科学的 基礎をもとめて (ちくま学芸文庫)」 を読んでいます。 その3で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「ペンローズの<量子脳>理論」を読む。 意識と量子論 - その2

  「ペンローズの<量子脳>理論」を読む。 意識と量子論 - その2     「ペンローズの“量子脳”理論―心と意識の科学的 基礎をもとめて (ちくま学芸文庫)」 を読んでいます。 その2です。   ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「ペンローズの<量子脳>理論」を読む。 意識と量子論 - その1

  「ペンローズの<量子脳>理論」を読む。 意識と量子論 - その1     先に書いた 「茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」 を読む:その3」 の中で 次のように書きました:   =...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

2020 狂った夏を 狂歌でしのごう - 狂歌で一酒 (短歌なんて上品なものではありませんので・・)

    ちびちびとお酒を飲むかのように、 駄作ばかりを作り続けている 狂歌です。 短歌と呼べるほど上品なものではありません。 どっちかって言うと 啖呵みたいな狂歌です。 2020年は コロナ禍もあり ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を読む: その3(完) 国家とは一つの「幻想」である。

  茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を読む: その3(完)     茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を 読んでいます。     その2で 仏教の五蘊の働きが...

» 続きを読む

| | コメント (0)

茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を読む: その2 仏教の五蘊と脳科学の意識構造

  茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を読む: その2       茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を 読んでいるのですが、その1までは 期待以上の内容でした。 さて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を読む: その1 私が私の一部を認識する

  茂木健一郎著 「記憶の森を育てる 意識と人工知能」を読む: その1     先日まで「親鸞さんから空海さんに宗旨替えってどうすんの?」と 言うことで、いろんな本を読んできたんですけど、 そこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

有難うございます。  祝 500,000 アクセス 達成 !!

  2005年8月30日に始めた このブログが 15年掛けて やっと 500,000アクセス を達成できました。         今までの十五年間 お立ち寄りいただいた皆々様に 感謝いたします。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

親鸞さんから空海さんに宗旨替え - その22 最終回「まとめ」

  親鸞さん(浄土真宗)から空海さん(真言密教)に宗旨替えってどうすんの?  親鸞さんから空海さんに宗旨替え - その22 最終回「まとめ」   さて、その22で やっと最終回「まとめ」に辿り着...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«親鸞さんから空海さんに宗旨替え - その21 宮坂宥勝著「空海密教の宇宙―その哲学を読み解く」