2021年2月27日 (土)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その8 オウム真理教・サリン事件とは何だったのか?

  伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その8 オウム真理教・サリン事件とは何だったのか?   伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」の第4章を読んでいます。。   「科学と疑似科学と...

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その7 イデオロギーでは小麦の品種ひとつも変えられない

  伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その7 イデオロギーでは小麦の品種ひとつも変えられない   伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」の第4章を読んでいます。。   「科学と疑似科...

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その6 偽薬(プラシーボ)でも7割の病気が治る?

  伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その6 偽薬(プラシーボ)でも7割の病気が治る?     伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」の第4章に入ります。    === 第4章 ===...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月26日 (金)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その5 赤ちゃんは反実在論者である

  伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その5 赤ちゃんは反実在論者である   伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」の第3章を読んでいます。   「目に見えないものも存在するのか? ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その4 超能力 ユリ・ゲラーはどうなった?

  伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その4 超能力 ユリ・ゲラーはどうなった?     伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」の第3章に入ります。     === 第3章 === ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その3 占星術や錬金術は飯の種だった

  伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その3 占星術や錬金術は飯の種だった   伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」の第二章に入ります。   == 第二章 「科学は昔から科学だった...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月25日 (木)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その2 科学の条件ってなに?

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その2 科学の条件ってなに?     伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」 第一章 「科学の正しいやり方とは?」  ―― 創造科学論争を通して ―― ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その1 哲学はやっかいだ

  伊勢田哲治著「疑似科学と科学の哲学」を読む - その1 哲学はやっかいだ     私がこの本を読む理由なんですが、 これまでうっかりやってしまった浄土真宗から真言宗への宗旨替え をきっかけと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月12日 (金)

「空海: 般若心経秘鍵」加藤精一編 - 空海はどう解釈したか

「空海: 般若心経秘鍵」加藤精一編 - 空海はどう解釈したか       「般若心経」については現代の学者などが様々な解釈をして 出版されていますが、私も何冊か過去に読んでみました。 いろいろな...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

神社は昔のテーマパークだ! 地元の神社が凄かった - 川口神社・金山神社など

      神社は昔のテーマパークだ! 地元の神社が凄かった - 川口神社・金山神社など     Facebookでシェアされてきた短い動画をみたら地元の神社が紹介 されていました。 川口駅から...

» 続きを読む

| | コメント (0)

空海著 加藤精一編 「即身成仏義」、「声字実相義」、「吽字義」を読む - 空海の宇宙論

  空海著 加藤精一編 「即身成仏義」、「声字実相義」、「吽字義」を読む - 空海の宇宙論     昨年の12月から月一回の「阿字観会」という瞑想の会に 地元のお寺で参加させていただいているんで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月 8日 (月)

「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読む - その3 関係の絶対性と沈黙

  「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読む - その3 関係の絶対性と沈黙   NHKテキスト 先崎彰容著「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読んでいます。        ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読む - その2 古事記と遠野物語

  「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読む - その2 古事記と遠野物語     NHKテキスト 先崎彰容著「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読んでいます。     p4...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読む - その1 国家、風俗、宗教や法も共同の幻想

    「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読む - その1 国家、風俗、宗教や法も共同の幻想   NHKテキスト 先崎彰容著「100分de名著: 吉本隆明 共同幻想論」を読んでいます...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

夢かうつつか幻か - 寝言で叫ぶ妻にクッションを投げた

夢かうつつか幻か - 妄想と現実はなにが違うんだろう     なにかの音で目が覚めた 時計を見ると早朝5時半ごろだった。 私が寝床に入ったのは午前2時ごろ。 こんなに早く目が覚めるわけがない・・・・ ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年1月28日 (木)

「科学哲学への招待」を読む - その7  十万年後への「ムンクの叫び」

  野家啓一著「科学哲学への招待」を読んでいます。     p239   カーソンは、これら化学薬品や化学合成物質の無制限の使用や 氾濫は「核兵器とならぶ現代の重大な問題」であるという問題提起 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「科学哲学への招待」を読む - その6 反証できなきゃ科学じゃない

    野家啓一著「科学哲学への招待」を読んでいます。   p143 「科学の危機」を一つのきっかけとして、科学知識の認識論的 基盤を再検討する必要から、二十世紀初頭に新たに「科学哲学」 という...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「科学哲学への招待」を読む - その5 ニュートンからアインシュタイン、そして量子論

  野家啓一著「科学哲学への招待」を読んでいます。   p103   フランス革命後のフランスでは、ナポレオンの指導のもと ・・・・ヨーロッパでは十八世紀から十九世紀にかけて、既存の 大学とは別...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「科学哲学への招待」を読む - その4 自由市民になるためのリベラル・アーツ

「科学哲学への招待」を読む - その4 自由市民になるためのリベラル・アーツ 野家啓一著「科学哲学への招待」を読んでいます。     p073 ニュートンは、論証と実験の結合というガリレオが切り...

» 続きを読む

| | コメント (0)

「科学哲学の冒険」と「科学哲学への招待」を読む - その3 イスラム科学と科学革命

  二冊目の本、 野家啓一著「科学哲学への招待」を読んでいます。     さて、二冊目の科学哲学の本です。 前回書きましたが、高校生や大学生向けの前回の本よりも、 こちらの一般向けの方が、私には...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«「科学哲学の冒険」と「科学哲学への招待」を読む - その2