« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »

2005年10月 4日 (火)

SKLC Baguio Japanese Language Center

Sato Kokusai Services in Baguio city, Philippines, celebrated the 1st year anniversary and also Recognition & completion of Japanese Language students on October 1, 2005.

It was started with the invocation solemnly.

000sksaniv8

000sksaniv5

Being attended by Governor of Benguet State, the awarding of certificates for the graduates who completed 90 hours of beginner course was given by Mrs. Sato, Manager of SKS.

000sksaniv4

42 students received the certificates after their very hard efforts to achieve it.  Among them, there are 7 persons from Texas Instruments.

At the intermission, there were much funs and laughters among the students and invited attendees. 

000sksaniv3

000sksaniv6

000sksaniv2 000sksaniv1

SKS will make continuous efforts to improve the Japanese language education quality and to create the better relation between Filipino and Japanese in Baguio and Northern Luzon.

000sksaniv9

佐藤国際サービス

Sato Kokusai Services
Patria De Baguio Rm.203, Session Rd.
Baguio City, 2600, Philippines
Phone/FAX :  (63) 74-424-0288

 satokokusai@csc.jp(日本語可)

Sato Kokusai Service changed it's name to Sato Kokusai Learning Centre

in 2006.

The celebration was published by Baguio Midland Courier issued on Oct. 16, 2005.

000aaaBMC

佐藤国際サービスのバギオ日本語センターは 2005年10月1日に一周年を迎えました。

その様子は 地元の最有力紙 バギオ・ミッドランド・コリアでも掲載されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 3日 (月)

ウベ・ジャム フィリピン・バギオのお土産

フィリピンからのお土産で 困ったことはありませんか?

「なかなか日本人の好みを満足させるものが無い」と お困りの方に、これは絶品だとお薦めの御みやげです。

ウベ芋のジャムをご存知でしょうか。

バギオの GOOD SHEPHERD は、フィリピン国内では一番と評判の ウベ・ジャムの老舗なのです。

000aaUbe1

このお客様への案内にもある通り、品質に関しての心遣いは フィリピンでは他のものには見られないほどの厳格さです。

正味期限は、冷蔵庫に保存して 3~4週間だとか。 日本へ持って帰る為には 細心の注意も要求されます。

味ですか? 小さい頃 和菓子屋の息子として「あんこをなめて」育った私は、こんなに美味しい「あんこ」が フィリピンにもあるとは 驚きました。

アイスクリームにのせて食べると まさに絶品です。

000aaUbe2

バギオのマインズ・ビューにある「グッド・シェファード」修道院の入り口です。

ここを入ったところに、工場と販売所があります。

何故 修道院が そんなものを作っているのか・・・でしょうか?

000aaUbe5

このウベ・ジャムなどを作っている工場は、バギオからさらに山岳地域に住む 若者のための職業訓練のセンターになっているようです。

2~3年間の限られた期間に、山岳少数民族の若者たちに 技術や販売の研修をするのが この修道院の目的であるようです。 既に、25年くらいの歴史があると聞きました。

000aaUbe4

ウベ芋って どんな芋??  こんな芋です。 ここで使われているのは紫色の芋。 食べ物が紫色・・・と拒否反応のある方もいらっしゃるでしょうね。 食べてみたら そんな思いは吹っ飛びますよ。

000aaUbe3

この Good Shepherd は、フィリピン全国から来る人たちの観光コースにも入っているのだそうです。  シーズンになると、多くの「ウベ・ジャム・グルメ」達が この唯一の正規の販売所に押し寄せるため、 一人に一瓶しか売ってくれないとの話もありました。

000aaUbe7

観光客は、ウベ・ジャムを大事に抱えて、 この眺めを見て ほっと満足な気持ちにひたるのです。

| | コメント (4)

« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月23日 - 2005年10月29日 »