« フィリピンのお盆(万聖節・万霊節) | トップページ | NGO活動 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク »

2006年11月17日 (金)

フィリピンの南こうせつ? 山岳民族音楽を奏でる

バギオのアーティストたち  ARNEL BANASAN

Dscn0444


(一番左が アーネル・バナサン)

セッション通りにあるVOCASで開かれた バギオのアーティスト達のフェスティバル。 11月15日の夜行われた演奏は 山岳少数民族の音楽を聞かせてくれる アーネル・バナサン(Arnel Banasan)らのグループ。 

アーネルの魅力は、その数種類の民族楽器を演奏することはもちろん、カントリーとフォーク・ミュージックの中で育った彼がシンガー・ソング・ライターとして歌うソロに発揮される。 その曲想は 日本を代表する、「神田川」の南こうせつを彷彿とさせるのだ。

Dscn0465_1

実際、愛知万博会場での演奏会に招かれたアーネルは、南こうせつの曲を聴いて いたく感じるものがあったのだという。 チャンスがあれば、地元のバギオで彼の生演奏にふれて欲しいものである。 


CDも2枚ほど出してあるそうだ。 (アーネルのCDは バギオで 山岳地方の環境保全と山岳民族の生活支援を進める NGO団体 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク CGN の事務所でも入手できる。 このNGO団体の事務所は バギオの中心バーンハム公園に隣接する「30キサド」にあります。 問い合わせは banasan@skyinet.net 日本語可)

|

« フィリピンのお盆(万聖節・万霊節) | トップページ | NGO活動 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/12717765

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンの南こうせつ? 山岳民族音楽を奏でる:

« フィリピンのお盆(万聖節・万霊節) | トップページ | NGO活動 コーディリエラ・グリーン・ネットワーク »