« フィリピン山岳民族と 沖縄のバスケット・アーティスト | トップページ | バギオで温泉-ここなら満足 肩までつかろう »

2007年6月30日 (土)

演劇、ポップ・アート CCPで楽しむ

バギオで 運よく知り合った 日本のアーティストと演出家。 そのお二人がクリエイトされた ポップ・アートの展示会と 演劇が たまたま同じ時期にあったので マニラまで 「出鑑賞」(出稼ぎにあらず)に行きました。、

CCPは 元々国立劇場として建設されたという フィリピン文化センター。 そこで観たものは・・・

1aimg_1509

 

 

 

 

 

 

 

 

実際の展示内容は 撮影できませんので、案内のカードを掲載しますが、 この展示会は インドネシアの若手アーティスト達の作品を集めたもの。

上の写真のアーティストの他の作品は かなり ゲゲゲの鬼太郎 でした。 インドネシアには 相当 妖怪どもが住んでいる様子です。

1aimg_1512

上の案内書の 右にある4つの作品は それぞれのアーティストの作品です。 私の印象に残ったのは 「ゲゲゲの鬼太郎」のアーティストと 一番上のカバに女の子が乗った絵のアーティスト。

後者の作品は ちょっと日本人っぽく見える女の子と 男、動物の頭蓋、豹?との交信がイメージされる絵で、変に印象に残るものでした。 一番分かり易かった?のは 女の子が女の子のスカートの中を覗いている絵・・・ やっぱ 私はスケベ・オヤジであることを再認識・・・

この展示会の詳しい内容は クリエーターの 廣田緑さんのサイトで どうぞ。

そして、午後3時からの 観劇 !!  

1aimg_1503

 

 

           

       

   

   

   

これは 100ペソのパンフレットからの 無断掲載です。 関係者の皆さん ゴメンナサイ。 日本語で紹介しているから 見つからないよね。

1bimg_1503

 

 

上にある写真のグループの演目の作者と演出家が このお二人。 作者は中国系フィリピン人、演出家は 吉田智久さん。

このコメディーは、吉田さんの演出で スピードとテンポのある 面白いコメディに仕上がっていました。

演劇なんて ほとんど覚えていないくらい 遠い存在でしたが、 半地下みたいな小さな劇場で、すぐ目の前で繰り広げられる劇に お客さんたちも 目のやり場に困るくらい 臨場感のある舞台でした。  

タガログ語と英語のちゃんぽんの台詞で、内容の肝心なところが分からないという 私にとっての悲劇ではありましたが、 雰囲気で笑えるってところがいいっすね。

是非、こういう演劇もバギオに来て欲しい!!

さて、 そのCCPのすぐ前にある ハーバー・スクエア。 ここで 美味しい 焼肉屋さんを発見。  昼の焼肉定食が 350ペソで これは超お薦め。 ご飯のおかわりをしてしまい、腹が苦しい。 

1aimg_1459

そのTAJIMAから 望むマニラ湾。

1aimg_1457

 

 

但馬は

スターバックスの

すぐ二階にあります。

1aimg_1460

 

 

その スターバックスは

お昼は こんな

感じで・・・・

1aimg_1465

 

 

夜ともなれば、

こんな雰囲気。

1aimg_1468

こんな 夜景でもみながら、恋人? と ゆっくりやれれば 言う事なしなんですが・・・

そんな 余裕のない しがない日本語教師は さっさと ビクトリー・ライナーの 夜行便で ひたすら 夜の道を突っ走るのでありました。

夜9時半 パサイ発バギオ行きは 翌朝午前4時前に バギオに到着するのあります。

では、おやすみなさい。

|

« フィリピン山岳民族と 沖縄のバスケット・アーティスト | トップページ | バギオで温泉-ここなら満足 肩までつかろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/15607375

この記事へのトラックバック一覧です: 演劇、ポップ・アート CCPで楽しむ:

» インドネシアのホテル予約 [インドネシアのホテル予約]
インドネシアのホテルを予約しよう! [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 13時27分

« フィリピン山岳民族と 沖縄のバスケット・アーティスト | トップページ | バギオで温泉-ここなら満足 肩までつかろう »