« 演劇、ポップ・アート CCPで楽しむ | トップページ | 戦没者慰霊 アボンで交流会 »

2007年7月17日 (火)

バギオで温泉-ここなら満足 肩までつかろう

バギオに長期滞在すると、「温泉に入りたい!」という思いがつのりますね。

バギオで温泉と言えば アシン温泉が真っ先にくるのですが、日本人好みのお湯の温度を求めるのであれば、ここしかありません。 CAMP1のこの温泉リゾートはお薦めです。

3aimg_1611

キャンプ・ワンは バギオからケノン道路を下ること約1時間。 川の向こう側にこんな光景が眼に入ります。

3aimg_1610  

 

この温泉に入るには、

まず この吊り橋。

この関門を

通り抜けなければ

なりません。

3aimg_1615

 

吊り橋の上から

上流を眺めると

こんな雰囲気。

バギオから

下りて来ると、

さすがに暑い。

下界です。

3aimg_1617

 

 

 

 

 

 

 

 

このリゾートの名前は クロンダイク です。

入場料は 大人 80ペソ、子供 50ペソ となっています。

さて、入り口を入ると、お店や小さなレストランがあります。 お店では 水着をレンタルできますから、飛び込みでも大丈夫。

3aimg_1619

 

 

 

 

 

 

 

そして、さほど大きくはありませんが、大人用と子供用のプールがあります。 大人用はかなり深いのです。

3aimg_1625

上の写真は大人用。 右半分は大人でも足がつきません。

3aimg_1627

向こう側にちょっと見えるのが 子供用です。

3aimg_1624

 

そして、

このリゾートの

いいところは、

片や こんもり

とした山。

片や 

川が流れて

いることでしょうか。

 

 

そして、 肝心の温泉ですが・・・・

3aimg_1629  

数人がゆったり入れる 湯船が 3つあります。

源泉はかなり熱いようで、水を適当に加えています。 それでも フィリピン人には熱すぎるようです。  日本人にとっては 熱すぎず ぬる過ぎず でいい湯加減でした。

ここでは石鹸を使ったり、こすったりは出来ませんが、 湯船のすぐ左のシャワー室で 温泉のシャワーを浴びながら 思う存分 日頃たまった垢を 落として下さい。

3aimg_1631

午後5時半には お湯を抜くようですから、お早目に。

雨季は 午後3時くらいになると、雨が降り易いので、午前中から楽しんだ方が いいようです。

|

« 演劇、ポップ・アート CCPで楽しむ | トップページ | 戦没者慰霊 アボンで交流会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/15784559

この記事へのトラックバック一覧です: バギオで温泉-ここなら満足 肩までつかろう:

« 演劇、ポップ・アート CCPで楽しむ | トップページ | 戦没者慰霊 アボンで交流会 »