« ありましたよ! セッション通りに 日本語のカラオケ! | トップページ | YOUTH ECO SUMMIT 2007 in Baguio エコ・サミット »

2007年11月25日 (日)

Brent School で クリスマス・バザール

Img_2887s

バギオが アメリカの保養地として開発された当初から この地に インターナショナル・スクールとして創立された ブレント・インターナショナル・スクール・バギオ。 およそ100年の歴史を持つ この学校で クリスマス・バザールがありました。

Img_2889

いやあ~~。 さすがに 正門を入ったところの風格が違います。

Img_2890s

良く見えませんが、 この上の奥の方に 校舎や管理棟があります。

Img_2903

正門から入って、 右方向へ行きますと、 ここが クリスマス・バザールの会場です。

Img_2892

右がサッカー場、左に 体育館があって、 そこで バザールをやっています。

Img_2894

体育館の中が メイン会場です。 

Img_2896

この地域の織物でつくった壁掛けやら、アクセサリー、小物、衣類、サンダル、その他もろもろの雑貨が 並んでいました。

Img_2897

クリスマス用品が やっぱり お客さんのお目当てのようで、 一番 お客さんが集まっています。

Img_2898

そして、私も 300ペソの買い物をして、  サッカー場を眺めながら 帰ります。

Img_2900

この ブレント・スクールは 1909年に出来た学校のようです。

私が2000年ころにバギオで駐在員をしていた時には、まだ 韓国人経営の英語学校などもなく、韓国人の住民もちらほらでしたが、 最近は このインターナショナル・スクールでも 7割前後が 韓国人の生徒なのだそうです。

バザールの入り口で 5ペソの入場料を払いましたが、モギリさんは韓国人の学生でした。

日本の教育制度は 6・3・3制ですが、フィリピンは 6・4制。 日本より2年間短いですね。 ですが、このブレント・スクールだけは グレード1から12までの 12年間になっていて、日本と同じです。

韓国から フィリピンへ英語の勉強に来て、ブレントスクールで欧米の大学への進学をめざして留学する人たちが多いのでしょう。 バカロレア資格への対応をするのが この学校のメリットだそうです。

|

« ありましたよ! セッション通りに 日本語のカラオケ! | トップページ | YOUTH ECO SUMMIT 2007 in Baguio エコ・サミット »

コメント

もともとはフランスでしょうが、 国際バカロレア資格ってのがあるらしいですよ。
日本の文部科学省でもそれを認知しているみたいです。
http://baguiotour.exblog.jp/i0

それに加盟している国々の間で 認めているみたいですね。

投稿: させ | 2007年11月27日 (火) 18時41分

おや? バカロレア ・・・ て フランス以外の国にもあるのですか? 

投稿: kyotachan | 2007年11月27日 (火) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/17180763

この記事へのトラックバック一覧です: Brent School で クリスマス・バザール:

» レバノン戒厳令3・ハリリ暗殺以来の国家危機 [米流時評]
  ||| ハリリ元首相暗殺以来の国家危機 |||大統領おき逃げ戒厳令の国家非常事態を中立保持の政府軍が治安制圧 米国時間 2007年11月26日 | ベイルート発/AP通信 | 『米流時評』ysbee 訳 前号「レバノン戒厳令2・権力の空白地帯」からの続き: ラフード大統領は2期9年にわたる在任期間中、一貫して強硬なシリア派の立場を通したが、23日で任期を完了し退陣した。彼の政権の座からの退出は、国会の多数議席を占める反シリア派にとっては、首相職と同時に大統領職も反シリア派で固めたいとい... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 11時36分

» アナポリスの奇跡!中東平和会議は陰謀か? [米流時評]
 ||| アナポリスの奇跡?中東平和会議陰謀論 ||| パレスチナ問題世紀の解決なるか?米軍港アナポリスの中東平和会議 何が奇跡かって?それはですね、「中東」と「平和」がひとつのセンテンスに納まる事がまず不可能ということですね。それを米海軍の由緒ある軍港アナポリスで開催、というのが手術台の上の蝙蝠傘とミシンです。しかもそれを呼びかけたのがブッシュ政権だというのが、今までの外交感覚からしてまずありえない設定です。 プロデューサー・ライス さらに、この会議の前宣伝としてプロデューサー役の... [続きを読む]

受信: 2007年11月28日 (水) 16時49分

» アナポリスの謀略・中東特使に元NATO総帥抜擢 [米流時評]
 ||| 中東特使に元NATO統合司令官を指名 |||アナポリス中東平和会議の最中も、イスラエルが連日ガザ地区を空爆 共同宣言採択で得意満面ライス長官、中東特使に元NATO総帥を使命 「平和会議の真のターゲットはイラン:米国、イスラエル、そしてサウジアラビア。シリアをおびき寄せたこの3国が一体次に何を企んでいるのか?それはイラン攻撃しかないように私には思える……平和会議と称してイランを孤立化させ米英の石油利権の優位を確保するための、NATO拡張会議に過ぎないのではないか?」 つい昨日2... [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 14時49分

» アナポリス体制の継続・どうなる?中東和平会議の行方 [米流時評]
   ||| アナポリス中東和平会議の行方 ||| パレスチナ・中東問題解決への一歩 ブッシュ政権最終章を飾れるか メリーランド州アナポリスで国際外交の有志を集めて開催された中東和平会議の席上で、米国のブッシュ大統領は27日火曜の開幕の挨拶で「イスラエルとパレスチナ両国が会議の実現に向けて貢献したおかげである」と両陣営の努力に対して公式に謝意を表した。 【前号「アナポリスの神託・中東和平会議の結論」からの続き】 Predicted Problems After Annapolis Pea... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 18時45分

« ありましたよ! セッション通りに 日本語のカラオケ! | トップページ | YOUTH ECO SUMMIT 2007 in Baguio エコ・サミット »