« バギオの大花火 !!  高原の冬の空を焦がしてます。 | トップページ | 2008年 今年も よろしく !! »

2007年12月26日 (水)

アロハなイブ そして サイレントなクリスマス in Baguio 

SMバギオはギリギリまで大混雑で、しまいには アロ~~ハ~~になっちまいました。

Img_3660

ジングルベ~~ル、ジングルベ~~ル なんて聞こえたもので、ちょっと下を覗いてみると、なんと フラダンスじゃないですか。

クリスマスにフラダンス?? なんて 野暮なこと言いっこなし。 少なくとも、クリスチャンの国でもない日本が あれだけクリスマスやってんだから、カトリックの国のフィリピンがなにやろうと文句を言えた義理ではありません。

Img_3656

そして、例年のごとく、イブは 日本の大晦日のような雰囲気で暮れて行き、焚き火に花火でお祝い。 そして、 真夜中を回ったところで みんなで食事でした。

そして、クリスマスの当日。 前夜までの酒に頭はボ~~っとしたまま、お呼ばれのパーティーへ・・・・。

Img_3675

バギオのクリスマスの夜空は・・・ 私の頭と同じ・・・おぼろ・・・

Img_3671

大邸宅の庭には イルミネーションの雪が積もり・・・

Img_3664

その玄関には ちゃんとサンタクロースが 乗り付けておりました。

ってことで、25日の夜に、やっと サイレント ナイト が訪れた・・・ような。

 

|

« バギオの大花火 !!  高原の冬の空を焦がしてます。 | トップページ | 2008年 今年も よろしく !! »

コメント

チュチュになったのは おそらく手振れのせい?
デコレーションは確かにちょっと中華系かもしれませんが・・・実は日本人です。 (笑)
ルソン島の山奥ですから・・・。 努力の結果とお受け取り下さいませ。

投稿: させ | 2007年12月26日 (水) 22時45分

ワイハが24・25日全休だと思ったら
こんなところへ出稼ぎに行ってたんですね、フラガ〜ル。
腰みのがなんだかバレエのチュチュみたいに撮れてますね。
最後のお宅は、チャイニーズではないですか?
植木の置き方とか、デコレーションがそれっぽいような....

投稿: 米流時評 ysbee | 2007年12月26日 (水) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/17481200

この記事へのトラックバック一覧です: アロハなイブ そして サイレントなクリスマス in Baguio :

» きわめて個人的なクリスマスのメッセージ [米流時評]
     日本のみなさま、Merry Christmas! 米国のクリスマスは日本の正月休みのような塩梅で、街はどこも全店クローズ。 アメリカ人は家族とのホリデイを、クリスマスの特別番組を見ながら過ごします。 今年のクリスマスはきわめて俗っぽく、22日は連休気分で『National Treasure』をシネプレックスで観て、昨日は食料品の買い込み。夜はBrian SetzerのフルバンドのレトロなRock'nRollの特番を観て過ごしました。CNNの特番もおすすめです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年12月26日 (水) 20時03分

» ブットの暗殺「テロ戦争と核と米国政治」 [米流時評]
    ||| ブットの暗殺と米国政治 |||元首相ベナジル・ブット、ラワルピンジでテロリストの凶弾に倒れる 予期された暗殺事件、予告された死まで生き抜いたパキスタンの闘士 *トップの写真は1967年彼女の父親がムシャラフの前政権によって投獄処刑された時点でのベナジル・ブット 以下掲出の写真は米国メディア各社の第一報を伝えるサイト記事のトップ 一番上からNewsweek、MSNBC、CNN、ワシントン・ポスト、ニューヨークタイムズ とうとう予期していた凶事が起きてしまった。パキスタン... [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 13時33分

» パキスタンの悲劇 第1章「ブット暗殺の衝撃」 [米流時評]
    ||| ベナジル・ブット暗殺の衝撃 ||| パキスタン人が現地で伝える「ベナジル・ブット暗殺」の悲報と衝撃 父親は処刑、弟は謎の事故死と毒殺、悲劇のブット家最後のヒロイン 2007年12月27日 | アディル・ナジャム/Pakistaniat.com | 『米流時評』ysbee 訳 前号「序章 ブットの暗殺/テロ戦争と核と米国政治」からの続き パキスタン・イスラマバード発 |たった今、PPPパキスタン人民党党首のベナジル・ブット元首相が、ラワルピンジでテロリストの襲撃により... [続きを読む]

受信: 2007年12月30日 (日) 15時47分

» ブットの遺言「19才の息子ビラワルを党首後継者に」 [米流時評]
  ||| ブットの遺言で息子が党首後継者に ||| ブットの遺言 19才の息子ビラワルをパキスタン人民党党首に指名 父親ズフィカール、ベナジル・ブットから三代目党首の世襲なるか 2007年12月29日 | マイケル・ハーシュ/ニューズウィーク | 『米流時評』ysbee 訳 前号「第1章 パキスタンの悲劇 ・ブット暗殺の衝撃」からの続き 木曜ラワルピンジで遊説中に暗殺されたパキスタンの元首相ベナジル・ブットは、彼女のあとを継ぐPPPパキスタン人民党の党首後継者として、遺言で19才の息... [続きを読む]

受信: 2007年12月31日 (月) 14時10分

« バギオの大花火 !!  高原の冬の空を焦がしてます。 | トップページ | 2008年 今年も よろしく !! »