« Escape from Oblivion 忘却からの脱出 | トップページ | アロハなイブ そして サイレントなクリスマス in Baguio  »

2007年12月22日 (土)

バギオの大花火 !!  高原の冬の空を焦がしてます。

クリスマス直前の22日、バギオの街中は渋滞し、タクシーもなかなか捕まらない。 ATMの前には 長蛇の列で お金を引き出すのも一苦労。 今年は電飾が少ないとの巷の噂。 セッション・ロードの雰囲気は・・・

Img_3563

こんな感じだったり・・・  SM方面はこんなんだったり・・・

Img_3567

12月に入って 毎週土曜日の夜7時に 打ち上げられる 大花火。  初めて見たときには、コンベンション・センターに居たのですが。 そりゃあ凄い迫力でした。

Img_3586

やっと 22日に この撮影が出来たのですが・・・ 

Img_3619

あ~~あ、 手振れはするし、方角は悪いし・・・・

Img_3640

花火が大き過ぎて 上が切れちゃうし・・・

やっぱり、 SMバギオの反対側からじゃないと いけません。 三脚も買わないとなあ・・・・

しかし、2000年頃には、こんな大きな花火をバギオで見ることなど 想像も出来ないことでした。  SMは 派手なことやるねえ~。

Img_3654

次回は 上手に撮れますように・・・・・

なんて、聞いてもらえるかな??  仏教徒・・・もどき・・だし・・・?

|

« Escape from Oblivion 忘却からの脱出 | トップページ | アロハなイブ そして サイレントなクリスマス in Baguio  »

コメント

kyotachanさん、今年もよろしく。
重いですか? 私はフィリピンなんで 電話回線しか使ってなくて いつも重いもんで・・・ あはは

とりあえず、トップページに表示されるページ数を 50から20に減らしました。 いかがでしょう?

佐世保には 私の兄貴夫婦が ほそぼそとあばら家で生活しております。 もう引退してますが・・・
駅からま~~っすぐ坂を登って 数分のところです。

昔はそれこそ 港が一望できた絶景の場所だったんですが、最近は 駅の周辺に高層マンションやらホテルが建っちまって・・・


投稿: させ | 2008年1月 3日 (木) 08時40分

あけましておめでとうございます
なんか このブログ 開くのにすんごい時間がかかるんですよね ・・・ 荷物積みすぎてる?
お正月だけはニッポンの方がいいですね あれはもうりっぱな 「文化」 ですよね まあ最近はそれもいろいろと多様化しているのかもしれませんが
花火ばちばちあげたってなあ て思っちゃうんですよね・・・
今年もどうぞよろしくお願いいたします
させさんて佐世保にまだオウチがあったりするんですか?

投稿: kyotachan | 2008年1月 2日 (水) 23時30分

させさん、またまたどうも!
へぇ〜、やっぱりチャイニーズは牛耳ってますか。
ワイハも、めぼしい土地の地主はみなチャイニーズです。
日系人は政界やビジネス界では主流にいるんですが、
こと土地や資産となると、中国の民にはかないません。
やはり血統なんでしょうねー

投稿: 米流時評 ysbee | 2007年12月24日 (月) 19時15分

ysbeeさん、 
はい、バギオにも チャイニーズはたくさんいますよ。 旧正月にはバギオでもお祭りがあります。

中国系フィリピン人は なんといっても フィリピンの経済を牛耳っていますからねえ。

投稿: させ | 2007年12月24日 (月) 10時20分

ysbeeさん、アロア~で思い出しました。 22日にバギオの一番賑やかなモールのイベントホールで、ジングルベルをやっていたので ちょっと覗いてみたら、なんと そのアロ~~ハ~~でした。 十人ばかりの女の子が竹を両手にもって ジングルベルで フラダンスを踊ってましたよ。(笑)
 
たしかに、上の写真は 駅前商店街ですね。あはは。
日本みたいに電力が余ってませんからねえ~。 それに イルミネーションもイマイチ。
どこか探せばあるんですけどね・・・体力もイマイチなんで・・・とほほ

投稿: させ | 2007年12月24日 (月) 10時15分

させさん、1日早いけれど Merry Christmas!
ハワイもフィリピン同様、雪のないアロハ〜なクリスマスです。
しかし、バギオの街のイルミネーションが、クリスマスというより駅前商店街という雰囲気ですね。
ホノルルのダウンタウンでは、大晦日にはチャイニーズが貯金をはたいてやたらに爆竹を鳴らすので、元旦は白煙でもうもう状態になります。バギオにもチャイニーズはいるのかな?

投稿: 米流時評 ysbee | 2007年12月24日 (月) 05時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/17448592

この記事へのトラックバック一覧です: バギオの大花火 !!  高原の冬の空を焦がしてます。:

» ザ・プーチン-1「ツァーリ・プーチンの居城へ」 [米流時評]
    ||| 独占会見 ツァーリの居城へ |||タイム誌「今年の人」特集・プーチン独占インタビューを完訳紹介 冷徹なるツァープーチンの私邸で知られざる側面にふれる独占会見 米国時間 12月19日 | アディ・イグナシアス/TIMEモスクワ支局 |『米流時評』ysbee 訳 何びともウラジミール・プーチンのような眼光をもって生まれる者はいない。ロシアの大統領の澄明で真っ青な瞳は、余りにも冷たく、あまりにも感情を現さないので、「権力なんてものは日常の必要性に突き動かされてやむをえずできあがっ... [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 05時51分

» 第2章 民衆に選ばれた皇帝プーチン [米流時評]
    ||| 民に選ばれし皇帝プーチン |||タイム誌「今年の人」プーチン独占インタビュー完訳連載・第2回 米国時間 12月19日 | アディ・イグナシアス/TIMEモスクワ支局 |『米流時評』ysbee 訳 前号「ザ・プーチン第1章 ツァーリ・プーチンの居城へ」からの続き プーチンは、世界におけるロシアの役割というものをはっきりと認識している。ソビエト連邦の崩壊は大いなる悲劇であり、特に連邦制度が崩壊するやいなや、2500万人のロシア人同胞が一晩で「外国」に化した旧連邦諸国に封じ込... [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 20時18分

« Escape from Oblivion 忘却からの脱出 | トップページ | アロハなイブ そして サイレントなクリスマス in Baguio  »