« Impromptu Theater Workshop エコ・サミット 続き | トップページ | Escape from Oblivion 忘却からの脱出 »

2007年12月17日 (月)

クリスマス目前! イベント盛りだくさんのバギオ!!

ここは 原宿か、渋谷か ってなくらい人が多い セッション通りからSMバギオ。 まあ、クリスマス目前だから、皆さん買い物で忙しいんでしょうが・・・ イベントもテンコ盛りの大盛況なんですね。

これは、SMのイベント・センターで開かれたコンサート。

Img_3242

野外ステージで開かれた コンサートなんですが、 これは私がホームステイ(平たく言えば下宿)している家の下宿人のエリザベスが 誘ってくれたんです。 通称ザブって呼んでいるんですが、 ELIZABETH の 中をとって ZAB なんですね。 普通はベスが多いんじゃいないかと思うんですが・・・。

Img_3246

ザブは アメリカのカリフォルニアからバギオに来た、ピース・コープ(平和部隊)でボランティアをやっている女の子(年齢不詳)なんですが、このコンサートをやっている子供達は、 孤児だったり、ストリート・チルドレンだったり、虐待を受けた子供だったりで、キリスト教系の施設で保護され、教育を受けているのだそうです。 ザブは、え~っと、その立っている眼鏡の男の人の向こう側に座っているはず・・・・ 残念でした。可愛い女の子なんですよ・・

Img_3261

あいにくの雨にも関わらず、そして、寒さにもかかわらず、皆さん熱心に鑑賞していました。 ザブに聞いた話では、 PEACE CORP は元来 アメリカの平和部隊みたいなんですが、 カナダや オーストラリア、ヨーロッパなんかからもバギオにボランティアで来ている仲間がいるそうです。 

・・・で、 ザブの口癖は Oh! that’s COOL!!   何でもかんでも 「ク~~ル」 連発の カリフォルニア・ガールでございます。

さて、別の日の SMバギオですが・・・

馬鹿でかい音響が 同じステージから鳴り響き。 それもクラシックのような・・聞いたことのある音楽。 クラシックとは珍しい・・・とテラスから見下ろしてみると・・

Img_3417

おお~~、クラシック・バレーではないか!!

タイトルは 「ザ ロスト ギフト」 (失われた贈り物) であります。

Img_3420s

わあ~~お、 イッツ ソオ~~~ ク~~~ル !! かっちょい~~い!!

で、このバレー劇のストーリーを ハショッテ解説致しますと・・・

クリスマスを間近に控えたある日、可愛い女の子たちみんなに 綺麗なリボンで飾られたプレゼントが 配られたんですね。 ところが、そこに みすぼらしいお婆ちゃんが 手を伸ばして 「お恵みを」と しつこく付きまとったわけ・・・。 で、その中の一人の女の子が、そのお婆ちゃんを からかう様に プレゼントの箱を手渡す振りなんか しちゃったりして・・・ で、結局 お婆ちゃんを突き飛ばしちゃうわけだ・・・

さて、お立合い、 その女の子がプレゼントを枕元において寝ておりますと、そこに天使が三人と みすぼらしいお婆ちゃんも一緒に登場する訳ですね・・・  で、 天使達が 手に持った星の棒を お婆ちゃんに振りかざしますと・・・ なな な~~んと そのお婆ちゃんも 天使になっちゃうんですよ、これが!  まずいよねえ~~。 その女の子 天使に悪さしちゃったわけだ。  ってことで、 女の子の枕元にある 贈り物はボッシュウ~~~になっちゃったってことね。  ・・・それで、ストーリーが見えちゃったんで、途中で帰りました。 スミマセン。

あとは、最後まで見た人に聞いて下さい。 あしからず・・・

なんで、途中で帰っちゃったかって言うと、 これを見にいったんですな。

Img_3394

バレーを見る前に 別のところで こんな小さなステージが準備されておりまして。

それを読みましたら、 「アート、コーヒー、カルチャーのフュージョン」「地元のコーヒーの生産者に フェアー・トレード」なんてことが 書いてあるじゃあ ありませんか。

で、このコーディリエラ・コーヒーというお店の女性に訊ねてみましたところ、夜の6時頃から なんだかイベントがあるって言うわけですね。 じゃあ、後でまた・・・ って言っちゃったもんだから・・・・

Img_3396

まあ、こう言うカフェだったのが、 

Img_3432

夜のコンサートってことになってた訳ですわ。 この演奏は 山岳民族の太鼓と竹笛のコンサートでした。

イベントの内容はといいますと・・・ 地元のコーヒー・・・ 私が好きな ベンゲット・コーヒーなんでありますが・・・ これが 苦味が結構 私好みでありまして・・・ の生産農家の人たちを元気づけるためのイベントのようでありまして、 NGOが支援しているのでありますね。

Img_3441

それで、ここに集まっているのは、コーヒー農家の皆さんと、それを支援する NGOのボランティアの人たちだったり するわけです。 はい。

|

« Impromptu Theater Workshop エコ・サミット 続き | トップページ | Escape from Oblivion 忘却からの脱出 »

コメント

ささきさん、
では 原版から そこだけ 切り取って
別便で配送いたします。
なにせ ピンボケですから・;・・
料金は受取人払いで お願い申す。 (笑)

投稿: させ | 2007年12月17日 (月) 20時45分

たしかに練習では一番前にいたような・・・(汗)
この写真ではわかりません

投稿: ささき | 2007年12月17日 (月) 20時38分

ささきさん、
もしかして 上の写真の右端の一番手前が お子さん?
ピンボケでよく分からないんですけど・・・


投稿: させ | 2007年12月17日 (月) 18時52分

ysbee さん、 お久でした。
バギオは おそらくフィリピンの中でも特殊なんじゃないかと思います。 学生の町だし、避暑地なので政治家や政府高官も集まれば、芸術家たちも集う。 それに、外国人も多いですしね。 

もうひとつ敢えて言えば、暇 なんですね。(笑)
小人閑居して不善をなす なんていいますが、暇じゃないと アイデアも出てこないし、参加なんてしてらんない・・・フィリピンの場合は 仕事がないから暇。 若い人たちが あっちにごろごろ、こっちにごろごろ・・

日本は 忙しすぎる人と 仕事のない人に 分かれてきているみたいですけど。 大変な世の中になったもんですね。

投稿: させ | 2007年12月17日 (月) 18時51分

させさん、いつも楽しませてもらっております。
それにしても、バギオはイベントの盛んな土地ですね。
毎回オリジナルの演劇や舞踊が出てきて、文化振興に熱心なパワーが伝わってきますよ。
「ザブ」さんって面白い略称ですね。ざぶとん3枚もんです。

投稿: 米流時評 ysbee | 2007年12月17日 (月) 17時40分

あいや~~~、 ぜ~~んぜん 気づかずじまい・・・
いけませんね~~。 お年頃のお姉さまがたの 色香に 鼻の下をなが~~く しちまって・・・ 面目ない。
 
見物人が多いもんだから 上から見ただけで・・・
カラバオママさんも あそこにいたってことか。
長い鼻の下を 見られちまったかな・・・?

事前に知っていれば、醜態をさらすことも なかったろうに。 悔やまれます・・・ とほほ。

投稿: させ | 2007年12月17日 (月) 12時12分

えぇー途中で帰っちゃったんですか?  そのバレーにはうちの子供やカラバオママさんの子供も出ていたのに! 気付いた?

投稿: ささき | 2007年12月17日 (月) 10時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/17389976

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス目前! イベント盛りだくさんのバギオ!!:

» 第2章 テロ戦争「核の闇取引」の恐怖 [米流時評]
   ||| テロ戦争「核の闇取引」の恐怖 ||| 実在するブラックマーケット テロ戦争での「核の闇取引」の恐怖 核の盗難紛失を防止する国際協力体制の実態と今後に残された課題 マイケル・ハーシュ時事評論 | ニューズウィークサイト独占掲載 | 『米流時評』ysbee 訳 前号「テロ戦争黙示録 第1章 スロバキア濃縮ウラン密輸事件」からの続き しかし現在でもなお、テロリストが原爆を造るのに必要な総量になるように、あるいはもしかしたら小型の「Dirty Bomb=核汚染爆弾」を製造する意図... [続きを読む]

受信: 2007年12月17日 (月) 18時00分

» 核のセールスマン・サルコジ [米流時評]
  ||| サルコジのフレンチ核コネクション ||| テロ国家リビアの転向に巨額の報奨金授与、はたしてその真意は? 覚えているだろうか?リビアのガダフィの仕出かしたテロ事件を。89年にフランスの旅客ジェットを、98年にはパンナム機を爆破して罪もない乗客を大量に殺害した、いわば「無差別テロのはしり」である。そのガダフィを、こともあろうにサルコジが表彰。しかも147億ドルの褒賞金をつけて、というのだから恐れ入る。 テロ国家からの転向 何に対する褒賞かと言えば「国際社会の正常な外交関係へ復帰し... [続きを読む]

受信: 2007年12月18日 (火) 21時38分

« Impromptu Theater Workshop エコ・サミット 続き | トップページ | Escape from Oblivion 忘却からの脱出 »