« YOUTH ECO SUMMIT 2007 二日目 | トップページ | Impromptu Theater Workshop エコ・サミット 続き »

2007年12月 3日 (月)

山岳民族音楽は シュールだあ!! エコ サミット 続き

Cordillera Youth ECO Summit コーディリエラ ユース エコ サミット 二日目の第二部は 山岳地帯の5州からバギオにやってきた ハイスクールの生徒達による 演劇の後半、3つのパフォーマンスがありました。

12月1日は イフガオ州とアブラ州の生徒たち、そして 今日12月2日の トップ・バッターは カリンガ州の生徒達の演劇です。

KALINGA TREASURE  (カリンガ州パシル地方)

Img_3056s

Img_3073s

5つの学校の内、このグループだけが 英語での演劇です。

Img_3087s

準備が充分には出来ていないと聞いていたこのグループ。 いやいや なかなか大した度胸です。  英語でのストーリーを事前にしっていた私は、一番前の席で 感情移入をしすぎて、不覚にも 泣いちまったのであります。

Img_3095s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、これが 生徒達と 演劇指導をした 竹内知子さん。 指導者が日本人だったので 英語での演劇になったのでした。

この竹内知子さんは 日本ではプロの舞台女優さんなのですが、 今回は カリンガの山の中の学校に滞在して、生徒達の選抜から演技指導までを ボランティアでやったそうです。  (竹内知子さんのオフィシャル・サイトは こちらです。)

TANGHALAN NIYAL NI KABAYAN (ベンゲット州カバヤン)

Img_3097s

右側のスクリーンと、ステージ。 カバヤンの風景を映し出しながら物語は展開します。

Img_3107s

民族衣装の演者と モダンなスタイルの演者が 山岳民族のシンプルな音楽を演奏しながらのパフォーマンス。

Img_3122s

現地語での演劇、と言うよりミュージカルなので、内容は理解できません・・・ が、これはおそらく村の環境問題を話し合っている寄り合いの様子・・・かな?

Img_3132s

この褌姿。 日本人なら まだ 見慣れた光景かもしれませんが、西欧人にはおそらく 野蛮な、あるいは滑稽な感じに見えるのでしょう。

ですが、この山岳民族音楽ミュージカルに 浸っていますと・・・・

通算4年間も この民族衣装姿と民族音楽を聴いてきた私に変化が起こっていたのです。

そして、最後の学校・グループは、

OBON DI MALAYAD (マウンテン州タジャン地方ルボン村)

Img_3160s

ハイ・スクール(日本で言えば中学生+高校1年)の生徒とは思えない 民族衣装の迫力。

Img_3173s

ゴング(金属製の打楽器)と 竹製の楽器のシンプルな旋律の繰り返しが、そして、「素朴」と言うよりも「根源」的な衣装と音楽が、シュールさを感じさせるのです・・・

Img_3178s  

そして、 理解できないのが悔しい 現地語でのジョーク。 会場は 大笑いに包まれるのでありました。  「なんて 言ってるの、なんて???」

Img_3184a

「う~~ん、山岳民族音楽とその踊りは、現代音楽・ダンスよりもシュールだあ!」

「なんて クール なんだ!!」

Img_3220ss

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この若者達がかかげる「ゴング」の 音のシュールさがやっと分かるようになってきた 私なのでありました。

|

« YOUTH ECO SUMMIT 2007 二日目 | トップページ | Impromptu Theater Workshop エコ・サミット 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/17266493

この記事へのトラックバック一覧です: 山岳民族音楽は シュールだあ!! エコ サミット 続き:

» プーチン神話・前編「総選挙圧勝とロシア隆盛の秘密」 [米流時評]
   ||| 総選挙圧勝プーチン王朝存続 ||| 合法的に制圧された民主選挙 共産主義国家の資本主義 帝王を誇る国民 全ての矛盾を可能にする 新生ロシア帝国プーチン体制の秘密を解明する By オーウェン・マシューズ | ニューズウィーク・モスクワ支局 | 『米流時評』ysbee 訳 プーチンは、安定化の名の元に民主主義を斬り捨てた。先週の総選挙での悲劇がこれから先何年もロシアにまとわりつくだろう事は、想像に難くない。クレムリンの政治劇の舞台演出の巨匠は、この日曜ロシアに起った社会現象に対... [続きを読む]

受信: 2007年12月 5日 (水) 10時58分

» 緊急時評:NIEレポートで暴かれたブッシュの大嘘 [米流時評]
  ||| 諜報白書で暴かれたブッシュの大嘘 ||| 米国NIEレポート:「イランは核兵器開発を2003年にすでに中止していた!」 「イランの核開発」事実を知りながら国民を騙し続けてきたブッシュ政権の大嘘 本日は「プーチン王朝の明日」のレイアウトを終えて翻訳に取りかかるところでしたが、緊急の話題に釘付けのため急遽予定を変更してこちらの記事を先行します。米国のニュースをチェックしている方ならすでに昨日の段階で日本でも報道されてご存知と思うのですが、あらためてそもそもの振り出しからお知らせしま... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 06時49分

» 緊急NIE衝撃レポート1「さらば、イラン戦争」 [米流時評]
 ||| NIE衝撃レポート1 さらば、イラン戦争 ||| やはり米国史上最悪の亡国の政権だったブッシュのホワイトハウス 新しいNIEレポートで解消したイラン戦争懸念と浮上した陰謀疑惑 ニューズウィーク・サイト独占掲載 | マイケル・ハーシュ時評 |『米流時評』ysbee 訳 米国時間 2007年11月4日 |「イラン戦争なぞ忘れなさい」それが、今回新たに発表されたNIE/New Intelligence Estimate(新年度諜報白書)の大意である。レポートによると、イラン政府は原爆... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 13時34分

» Vol.3:大統領選にまで波及したNIEシンドロームの衝撃 [米流時評]
  ||| 拡大するNIEシンドロームの余波 ||| NIE事実露呈で勝利宣言のイラン IAEA・ロシア他 関連諸国の反応 イランの核問題が次期大統領候補の踏み絵に 第一の犠牲者ヒラリー ニューズウィーク・サイト独占掲載 | マイケル・ハーシュ時評 | 『米流時評』ysbee 訳 前号「NIE衝撃レポート2・暴かれたブッシュ政権の戦争体質」からの続き 2005年版のNIEの内容は、今回の報告とは対象的に、全面的に政治的影響力の元で制作されたようなものだった。しかもそのNIEでのイラン... [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 01時37分

» 半島平和? ブッシュ最終章外交の突然変異 [米流時評]
   ||| ブッシュ最終章外交の突然変異 ||| 南北宥和政策への布石か?金正日宛ブッシュ親書の内容を解析する 中東平和に続いて半島平和を目論むブッシュ最終章外交の突然変異 米国時間2007年12月6日 | AP通信・ソウル/ワシントン発  | 『米流時評』ysbee 訳 前号「米外交のUターン・金正日宛てのブッシュの手紙の謎」からの続き ブッシュ政権のある高官がAP通信の記者に語るところによると、北朝鮮の金主席へ宛てたブッシュの親書は、現在こう着状態にある外交上の三つの重要案件につ... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 13時52分

« YOUTH ECO SUMMIT 2007 二日目 | トップページ | Impromptu Theater Workshop エコ・サミット 続き »