« YOUTH ECO SUMMIT 2007 in Baguio エコ・サミット | トップページ | 山岳民族音楽は シュールだあ!! エコ サミット 続き »

2007年12月 3日 (月)

YOUTH ECO SUMMIT 2007 二日目

ユース エコ サミット 12月2日は二日目のイベントです。

Img_2990s

バギオのコンベンション・センターは、フィリピン大学バギオ校のすぐ前にある大きなホールです。

Cordillera と言うのは、バギオ市から北の山岳地帯を意味しています。

エコ・サミット、 エコロジーのセミナーですから、主役は:

Img_2988s  

 

これです。

ゴミの分別。

「ふんべつ」

のある人は

「ぶんべつ」

できますよね?

3R

ってのが

キーワード。

REDUCE ゴミの減量

REUSE  再使用

RECYCLE  再生

だったかな?

 

Img_2991s  

 

そして、

この主催者

KEEP協会と

バギオのCGNが

丸坊主の山に

こんな植林を

やったりしている

そうです。

  

あなたも、

ボランティアを

やってみますか?

Img_2993s

  

この人たちが スタッフとボランティアみたいです。

Img_2995s

 

ここが、Cordillera Green Network のお店。 パンフレット、CD、エコ・バッグなんかを販売していました。

 

 

Img_2997s

 

ロビーには

パンフレットを

持った若者が

展示物を

熱心に

見ていました。

 

 

 

 

 

 

Img_3000s

そして、今日のお勉強の本題は これです:

Img_3006s

SUSTAINABLE DEVELOPMENT  持続可能な開発 ですかね?

講演 「地域開発事業と環境保全」  講師: 桶本隆男(キープ協会)

「今までと同じ 経済優先、市場原理主義の考え方じゃあ、この先 やっとられんよ。 BREAK DOWN しちゃうか、BREAK THROUGH を やるか。 それを選ぶのは 君達だよ。」 ってのが主旨だったかな?

|

« YOUTH ECO SUMMIT 2007 in Baguio エコ・サミット | トップページ | 山岳民族音楽は シュールだあ!! エコ サミット 続き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/17263201

この記事へのトラックバック一覧です: YOUTH ECO SUMMIT 2007 二日目:

» 米流時評 プーチン神話・序論 [米流時評]
    ||| 時評 プーチン神話・序論 |||新しいナショナリズム興隆に成功したプーチンは「ロシアン・ルネッサンス」の帝王 新生ロシアの中興の祖プーチンは「経済面ではミダス王、軍事面ではナポレオン」か 先週半ばから、アメリカのメディアでもふたつの国の総選挙がニュースの話題に上っていた。ひとつはベネズエラの総選挙で、与党が勝つのは当初から予想されていたが、果たしてチャベス大統領の任期を現行の2期以上に延長する憲法改定を承認するか否か、という国民投票の方に焦点が当たっていた感もある。 結... [続きを読む]

受信: 2007年12月 4日 (火) 13時32分

» NEIレポート2・暴かれたブッシュ政権の戦争体質 [米流時評]
  ||| 暴かれたブッシュ政権の戦争体質 ||| イランに対する諜報評価転換がもたらしたブッシュ政権への致命傷 米国の威信失墜を覚悟の上で情報を変更した防衛諜報の司令官たち ニューズウィーク・サイト独占掲載 | マイケル・ハーシュ時評 |『米流時評』ysbee 訳 米国時間 2007年11月6日 前号「NIE衝撃レポート1・さらば、イラン戦争」からの続き: 今回のNIEの内容公開がもたらした余波の第二に挙げられるのは、直撃波の衝撃が大き過ぎてまだ誰もそこまでは言及していないが、米国に... [続きを読む]

受信: 2007年12月 7日 (金) 13時03分

» テロ戦争黙示録「核のテロ時代のアポカリプス」 [米流時評]
   ||| 核のテロ時代のアポカリプス ||| 核のテロの恐怖は現実だ!スロバキアで起きた濃縮ウラン密輸事件 昨年だけで濃縮ウラン紛失252件!恐るべき「核の闇市場」の存在 先月末はロシアの総選挙でプーチン体制の圧勝。今月に入って早々に米国で発表されたNIE諜報白書によるホワイトハウスの自爆シンドローム。また今週はプーチンの後継者抜擢と、新冷戦時代の米国とロシアの浮沈を象徴する時事が相次いだ。 レバノンとアルジェリアでテロ爆破事件 その間も、テロリストグループは攻撃の手を緩めず、... [続きを読む]

受信: 2007年12月15日 (土) 21時42分

« YOUTH ECO SUMMIT 2007 in Baguio エコ・サミット | トップページ | 山岳民族音楽は シュールだあ!! エコ サミット 続き »