« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »

2008年3月 6日 (木)

助っ人 日本語教師 農業研修生の教室へ

バギオの北隣にあるラ・トリニダッド町が ODA事業の一環として 日本の団体と提携して実施している 日本への農業技術研修生派遣の為の日本語教育。  

Img_5101  

 

その日本語教室が この農業技術試験場の中で開かれています。

この教室で教えている日本人の日本語教師が 「親知らず」が痛くなり抜歯。 その後の 痛みに悩まされ、佐世たもつ が急遽 助っ人に入ることに・・・・。

Img_5104

この試験場では、日本の農業専門家が 有機農業関連の技術を指導しているのだそうです。

Img_5119

教室のあるビルの前に来てみると、授業の前に こんなところで みんな 宿題の仕上げ中でした。

Img_5125

ニッパ葺のこんな高床式が休憩所。 いい感じですねえ~~。

Img_5135

さて、 宿題を書いてもらいましょう・・・・ 出来はどうかな?

しかし、教室の中が暗いなあ~~。 高床式の方が よっぽどましかも。

Aimg_5116

3月中に日本語の研修を終え、4月には日本の長野で 主に有機農法の技術を学ぶのだそうです。

皆さん、頑張って下さいね。  二日間の助っ人日本語教師でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

バギオで 歯医者なら 日本語が話せるこの先生

バギオで 突然 歯が痛くなった?

それなら 日本語が話せる ドクター ダエット (Dr. Daet) はどうでしょう

Aimg_5072

ダエット歯科医は、 東北大学の歯学部に 5年間の留学経験を持つ 親日家の歯医者さん。  日本の歯科治療の事情に詳しく 安心して治療が受けられます。

Aimg_5079

Dr. Daet の診療所は NOTRE DAME HOSPITAL(ノートル・ダム病院)の 209号室にあります。 又、 先生は バギオ大学(UB)歯学部の教授でもありますので、バギオ大学にもオフィスを構えています。

そして、東北大学への留学経験を活かして、UB大学のホテル・レストラン学科の学生達に 日本語を教えているそうです。

Aimg_5048

ドクター ダエットの クリニックは 複数のお医者さんの共同オフィスのようです。 ここが ノートル・ダム病院の 209号室。

Aimg_5064

 

これが GENERAL LUNA ロードに出ている ノートル・ダム(聖母)病院の看板です。

バギオ大聖堂の裏の方に ジェネラル・ルナ通りが あります。

 

Aimg_5092

Dr. Daet のクリニックは この大きな病院の中にあるのですが、 歯のX線写真を撮影する必要がある場合には、バギオ大聖堂のすぐ横 ポルタ・バガ・ビルの4階にある このクリニックまで行かないといけません。

Aimg_5059

サムソン デンタル クリニック です。 

Aimg_5061

御注意:  日本への留学経験があるとは言え、医療事情は異なりますので、

       複雑な治療などについては、日本での治療をお薦めします。

尚、 バギオ市内での日本への留学経験のある歯科医は こちらにもあります。http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2012/01/post-3e29.html

セッション・ロードにある ラモス歯科クリニックです。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで 歯科用のX線撮影サービスを受け、その写真を持って ノートル・ダム病院へ戻るわけです。

Aimg_5062

サムソンにあった 壁の飾り棚。

そして、

Aimg_5083

 

 

これは ドクター ダエット のクリニックの机の上にあった マスコットです。

 

こんなに魅力的な患者が来るんなら、私も歯科医になるんだった・・・・??

 

 

 

 

 

バギオの医療機関などの情報は こちらのサイトで どうぞ。

ちなみに、この撮影をした日の患者さんは 日本人女性でしたが、その治療料金は 1,500ペソでした。

1,500ペソの内容は、 虫歯1本と親知らず1本の合計2本の抜歯でした。 この抜歯に際して 麻酔注射が5~6本打たれました。

地元の事情通によれば、 バギオの歯医者の料金相場は、1本抜いて500ペソだそうです。 又、麻酔注射が1本100ペソくらいだとの話ですので、上の料金は 相場どおりだと言う事になります。

さらに、処方された 止血薬、抗生物質、鎮痛剤の3種類を 薬局で買い求めましたところ 合計1,200ペソ程でした。

ご参考までに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

Session Road in Bloom セッション通りも満開!!

バギオのフラワー・フェスティバルのメイン・イベントであるパレードが終わると、その後 一週間は セッション・ロードが満開になります。

今年は2月25日(月)から3月2日(日)まででしたが、毎日あいにくの小雨模様・・・

Aimg_4971

SMバギオのすぐ下から、セッション・ロードをのんびりと下ってみましょうか。

Aimg_4978

日頃はなかなか目にすることが少ない 可愛らしい小物が楽しげに並んでいます。

Aimg_4979

バギオの女性たちのコープが出店しています。

Aimg_4983

ここは 何のお店でしょうか・・・? ちょっと事務所風ですね。

Aimg_4986

アーティストたちのテントでは、この似顔絵が大人気。 見物人も鈴なりです。

Aimg_5007

 

ここでは、 地元の織物などを利用した 斬新なデザインの服などを並べていました。

 

そして、このお店が 下のような ファッション・ショーも開いているようです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aimg_5017

ブライダルのファッション・ショーです。  花嫁のドレスから、子供達の衣装まで フィリピンと地元の山岳民族の織物を意識したデザインと柄のようです。

Aimg_5011

そして、同じステージでは、大音響の音楽にのせて フィリピンの人たちが好むダンスが繰り広げられます。

Aimg_4982

キャンプ・ジョン・ヘイのマノール・ホテルが テントを出していたり・・・

Aimg_5024

これに負けじと、ホテル・エリザベスは 「ホテル・オブ・ザ・イヤー」(今年の優秀ホテル)だよ、なんて張り合っております。

Aimg_4997

時々小雨の降るセッション通りなのでしたが、ちょっとでも薄曇になると 大勢の人たちが繰り出します、

Aimg_5026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな 今年のセッション・ロード・イン・ブルームに 乱入したのが この二人なんでありますね。

Aimg_5031

「ポケモーン!」、 「ナルト~~!!」 などと声を掛けられ、通りの所々でギャルたちに止められては 記念写真の被写体となったのであります。

ナルトの「デイダラ」の方は、上のファッション・ショーの舞台に出たという フィリピン大学バギオ校の大学生。 なかなかのいい男であります。

ピカチューの方ですか・・・?  ちょっとこの写真では 誰だかわかりませんね・・ 今度調べておきます・・・!?

まあ、そうこうするうちに・・・

Aimg_4940  

7日間、当然 夜にもなるわけですが・・ 人がいつまでも繰り出し・・・

Aimg_4937

夜の10時ごろまで、ステージからの大音響は響き渡るのでありました。

それが終わって、「このままじゃあ 帰れないよねえ」 なんて輩が 行くところといえば・・・

Aimg_4945

 

ジョン・ヘイの旧正門の近くにある バギオの六本木という噂の、ネバダ・スクエアーです。 いくつものバーやダンス・ホールが集まっていまして、その入り口じゃあ セキュリティー・チャックがある所です。 入場料が一人50ペソ。 手にペッタンコと 赤いスタンプが押されます。

Aimg_4949

広場を取り囲むように お店が並んでいるんですね。

Aimg_4961

で、店の中は 結構暗いです。  オカマさんには気をつけましょうね。

ダンスの音も半端じゃあありません・・・

Aimg_4966

夜の12時をまわっても、いつもこれくらいはお客がいるっていう噂です。

「ピカチューがここで踊っていた」っちゅう話はないみたいです・・・ 

そして、 Session Road in Bloom の最終日の日曜日には 夜8時 ニュー・イヤーの花火にも勝るとも劣らない 大花火が 何発も打ち上げられ 大感動で大歓声のうちに 一週間の「満開」が 花を散らしていったのでした。 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月24日 - 2008年3月1日 | トップページ | 2008年3月9日 - 2008年3月15日 »