« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »

2008年4月12日 (土)

ヤマシタ トレジャー ハンティング 山下財宝

何年フィリピンに住んでいても、なんとも理解に苦しむのが Yamashita Treasure Hunting山下財宝探し)。

しかし、最近、日本の朝日新聞にこんな記事が掲載されたんです。

Img_5585

山下トレジャー・ハンティングを規制する「許可制」という政府からの「指針」が出されたって言うんです。

本当に君達 「マジ」でやってたのね・・・という感じでしょうか。

10年前から二年間駐在員をやっていた頃には、会社の中の私のオフィスまで 得体の知れない 日本語? を書いたタオル地を「読んでくれ」と持ってきた人もいたり、
最近三年間で言えば、立派な学校の経営者が 毎週のようにいろんな記号が書かれた書類や金属探知機の話をしていたり、 議員に立候補しようという人が 大正時代の日本の金貨?に刻まれた 謎の印を読み解いてくれと相談に来たり・・・・
まあ、何度と無く、日本人と見れば そういう話が舞い込んで来たものです。

フィリピンにちょっとでも滞在経験のある日本人の方なら、多かれ少なかれ こんな経験をお持ちではないかと思います。

「なんて馬鹿なことをやっているんだろう。」「冗談でしょう。」と 鼻で笑っていたのですが、政府がこんな「許可制」を戦後60年以上経っても持ち出すに及んでは、鼻で笑っているわけにもいかないのかな?

ある方から こんな話も聞きました:
第二次大戦中にフィリピンで亡くなった日本兵・日本人住民を慰霊するために フィリピンの山の中まで訪れる慰霊団、遺族の方々。 日本人の頭の中には その慰霊のことしか有り得ないのですが・・・
それを周りで見ているフィリピン人の人たちの頭の中には、「かの財宝を探しにきたに違いない。」 との疑いが常にあるのだ・・と。
それが証拠には、その慰霊の日本人が立ち去った後には、あちこちに地面を掘った穴が残されるのだそうで・・・。

フィリピンの山で 日本人が穴(それが何の為の穴であれ・・)を掘ったり、
財宝探しを マジでやっているフィリピン人に、冗談で付き合うのは、火傷の元かもしれません。

山下財宝関連のサイトは こちらです:

山下財宝の亡霊 (マルフク金貨と山下財宝)

山下財宝 (ハンターに間違われた日本人の話)

山下財宝 Wikipedia (許可制の内容も情報あり)

山下奉文(やましたともゆき)

続々発掘される? 山下埋蔵金 ・・・

バギオで発見された 山下財宝??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年3月30日 - 2008年4月5日 | トップページ | 2008年4月13日 - 2008年4月19日 »