« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »

2008年7月25日 (金)

もう海外旅行カバンに鍵はいらない・・!??

NW航空、成田空港に新チェックインシステム

こんな情報があったとは まったく知らなかった私は 今憤慨しています。

7月17日にマニラから成田へ行くときには全くしらなかった このシステム。

7月24日に成田からマニラ行きのノースウエスト機にのる為に チェックインカウンターへ向うと、なんか以前とは雰囲気が全然違う。  

人や荷物が並んでいない! 

柵が無い! 

X線検査が無い!

チェックインする所に コンピューターの端末が「お客の方を向いて」並んでいる。

「どういうこと??」

お客がその前で タッチ・パネルに触って入力している・・・

「えっ、俺もやらなきゃいけないの??」

係員が傍に寄ってきて説明してくれそうな雰囲気も無いので、渋々画面を眺め・・・

パスポートを機械に読み取らせ、画面の質問に答え、なんだか意味不明な紙が出てきたものを読みもしないで パスポートにはさみ・・・・

さて、「この後 どうすんの?」

荷物を預けようとすると、

「これでは駄目ですので、x?お0!#? にチェックしてもらって下さい」

「えっ、なにその なんちゃらかんちゃら 言うのは?」

すると パソコンのスタンドを移動させながら チェックイン・カウンターの前で お客の間を動き回っている係員がいる。

「この人に 聞けばいいの?」

なにを どうチェックしているのか さっぱり分からないまま、それが終わり・・・

やっと荷物を預けることに。

「鍵を開けて下さい。」 

と男の係員が言う。

「荷物を預かった後、飛行機に荷物が載せられるまでの間に X線検査がされますが、何か問題がある場合には スーツケースの中を確認しますので 鍵を開けておいて下さい。」

「・・・・・・、はあ~~??」

「鍵を開けておいていただく方が よろしいと思います。」

「本人の立会いも無しに 荷物を開けるってこと? マニラに到着するまでの間に なにかが無くなったら 保証されるんですか?」

「いいえ、保証はございません。 他の航空会社でも同じようにやっていますよ。」

「私は初めてなんだけど・・・・」

「どうしてもと言う事でしたら、あちらの方で 従来型のX線装置で検査は出来ますが・・」

「まあ、たいしたものが入っている訳じゃないから いいけどさあ。」

「有難う御座います。」

「でも、この番号式の鍵は 番号がくるくる回っちゃって 自動的に鍵が掛かっちゃうよ。」

「では、このガムテープで 番号のところを止めておいて下さい。」

「はあ~~、そう。」

「しかし、世の中 訳の分からんことになってるねえ。」

・・・・ 確かに チェックインの迅速化はされているようだけど・・・・

もう、海外旅行カバンには 鍵を掛ける 時代ではない  ようですよ。

アメリカ人が そこまで他人を信用しているとは 今まで思ってもみなかった・・・

待てよ・・・ NWでも 成田が世界で最初に導入されたってことらしいから・・・ もしかして 日本人なら 騒がないだろうって読みなのか・・・??

このNW航空の「鍵を掛けるな」に関連して検索をしてみたところ、このあたりの事情、テロ対策としてのアメリカの事情を説明しているサイトがありました。

このサイトの一番下の解説をご参考までに

「テロ以降、荷物の検査がとてもとても厳しくなったアメリカ。
アメリカの航空会社は、本人の立ち会いなく荷物を開け、中を検査することを決めました。」などとあります。

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2008年7月13日 - 2008年7月19日 | トップページ | 2008年7月27日 - 2008年8月2日 »