« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »

2008年8月 5日 (火)

バギオの桜 ? じゃあなかった・・・

2008年4月に書いた バギオ キャンプ7のサクラ? は

桜ではない ことが判明しました。

詳しくは こちらへどうぞ・・・

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2008/04/post_af50.html

尚、北ルソン日系人会の方に伺ったところ、 バギオには今3本の桜の木がある そうです。 その内の2本は ABONG(北ルソン比日基金の会館)の庭、あとの一本は Governor Pack Roadにある日本庭園にあるとの話です。

もし、この二つの庭に行く機会がありましたら 桜を探して見て下さい。

元々 これらの桜は、JICA関係者のY氏が ソメイヨシノを植えてみたところ失敗したので、 もっと暖地系の桜を6本持ち込んで植えたのだそうです。

ですが、聞くところによれば、その暖地系でも最近は花を付ける事が少なくなっているそうです。

今後試してみる場合は、沖縄の桜が期待されています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

生き証人に聞く・・・ナギリアンの戦い 

第二次世界大戦中のルソン島での戦闘については、様々な小説や資料があるが、バギオ周辺での戦闘についてはケノン・ロード(ベンゲット道)キャンプ3での激戦が名高い。又、日本軍司令部のあったバギオ陥落後の悲惨な逃避行についてもいくつかの書籍にみつけることが出来る。

しかし、ケノン・ロードからのバギオ侵入を諦めた米軍がラ・ウニオン州のバウアンからバギオへ向うナギリアン・ロードから侵攻した時の日米の戦闘を物語る小説や資料にはなかなか巡り合うことが出来ない。

バギオへの戦没者慰霊を昭和50年から毎年続けている慰霊団がある。今年34回目のバギオ訪問をした「ライオン道戦跡慰霊訪問団」である。 慰霊団を始めた当初は、多いときには100名くらいも参加するほどフィリピン戦線から帰国した元日本将兵がいたが、今は愛知の鈴木さん、静岡の川崎さんのお二人以外は既に亡くなり、その父の慰霊をする次の世代に引き継がれている。

捜索第16連隊にいた鈴木さんの話によれば、ナギリアン道の守備に当たった同連隊の将兵はおよそ一千人。 軽戦車16両、トラック16両などでナギリアン一帯を守っていた。 米軍が侵攻してくる前まではフィリピン人ゲリラとの戦闘がほとんどだったと言う。 それまでケノン・ロードを攻める構えだった米軍が急にナギリアン・ロードへ重点を移した。 4月11日に始まったナギリアンへの米軍猛攻撃後 戦闘でジリジリと約三分の一が戦死したが、その多くはバナンガンから退却した盟兵団司令部が4月15日に入ったイリサンでの戦闘であったという。 バギオまであと5キロの至近距離である。軽戦車は米軍の戦車にまったく歯が立たず、山に穴を掘って米軍の戦車を迎え撃ったという。 

Aaimg_7401

そのイリサンの山肌は、雨に霞んでいた。 

イリサンの戦闘で負傷した将兵は、バギオの東方アンボクラオの集落からさらに東へ5キロほどのアグノ川の畔にあったインチカク(あるいはインタイカク)の野戦病院に収容されたが、その負傷兵の多くは空爆で命を落としていった。

捜索第16連隊は山下奉文大将司令部直轄の連隊で、鈴木さん自身は昭和20年1月3日から3月10日まではバギオからアシン・ロードを下ったアシン温泉にアメリカが建設した水力発電所の水源地の守備の任務であったという。 勝算のあった米軍はバギオへ電力を供給するその発電所を空爆することはなかった。 その当時、バギオを攻める道はケノン・ロードとナギリアン・ロードの二つで、その中間を走る今のマルコス・ハイウエイはアゴオからプゴを通ってバギオへ山越えする間道にすぎなかった。 米軍はそこに道を作りながら侵攻して来たとのことである。 (そのバギオ攻めの軍事用の道が、今のマルコス・ハイウエイの基となったようで、戦後完成している。 尚、米軍が進んできた間道は、アシン・ロードだという資料もある、。)

Aaimg_7408

あいにくの雨の中、線香に火をともす。

Aaimg_7417

慰霊碑も無い道路脇での合掌。

 

北サンフェルナンド(ラ・ウニオン州のサン・フェルナンド市)のポロ・ポイントと呼ばれる岸壁は、日本からの兵員・物資が命からがら揚陸された港にある。

Aaimg_7423

そして、バギオへ運ばれるはずであったが、多くの物資がその前に米軍の攻撃にさらされることとなった。

Aaimg_7426

今は静かな波音だけが聞こえるサン・フェルナンドの港。

米軍の潜水艦に撃沈され、日本からこの港に無事に辿り着けなかった船舶・将兵も多い。

Aaimg_7424

海水浴で有名なサウザンド・アイランドのあるリンガエン湾からこのあたりにかけて、500隻とも600隻以上とも言われる米軍艦船が海を埋め尽くしたという。

そして、艦砲射撃が一週間も続いたのだ。

サン・フェルナンドから南へ30分ほどのところにあるアゴオ(Agoo)の町。 

Aaimg_7472

その激しい艦砲射撃の中にあったであろう町役場の前庭には町役場の好意で、立派な「日比友好平和之塔」がある。

Aaimg_7477 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その記念碑の裏には このような銘文がある。

「独立混成第五十八旅団(盟兵団)隷下各部隊戦没将兵11,445柱の英霊此処に眠る。・・・1993年3月30日」

           

同じ捜索第16連隊の川崎さんは、昭和20年3月11日からバギオの東方、アンボクラオ道を下ったベンゲット州イトゴン、アシン、ダリグリップ周辺で米軍との戦闘をしていた。

3月21日に右手を負傷。 ダリグリップの小さな教会で軍医の治療を受け一泊した。しかし、その後この教会は米軍に爆撃されたという。

3月25日、バギオの旧パインズ・ホテル(今のSMバギオがある場所)の陸軍病院に収容されたが、治療できる薬などはまったくなかった。

おまけに、食糧などを入れていたザックを枕にして寝ていたが、一晩でザックごと盗まれ、食べるものも支給されず、自分で芋ほりなどをして食糧を探すことになる。病院自体も空爆にさらされ、近くの松林の中で負傷兵が身体を横たえていた。

  

4月16日、いよいよバギオも危なくなり、バギオの北方ラ・トリニダッドへ逃げる。バギオからラ・トリニダッドの道は屍が累々と重なっていた。 (山下司令官もこの夜バギオを抜け出し、バンバンへ向った。 尚、当時のバギオの日本人会がバギオ脱出を決めたのは4月18日であった。) それからは、9月13日に投降するまで、山々の中をテントひとつ抱えて逃げ回っていたという。

   

山下奉文方面軍司令官がバギオのジョン・ヘイで正式に降伏文書に署名したのは 昭和20年9月3日のことであった。

そして、8月15日の無条件降伏の日から、9月13日の投降までの間に、バギオからさらに山奥で飢餓状態で死んだ日本の将兵は数え切れない・・・

 

(2008年8月3日に聞き取り) 

 

 

 

尚、マルコス・ハイウエイについては こちらのサイトで次のような情報があります。

「マルコス・ハイウエイは実際のところ、特にバギオとの間で商品を持って上がったり・下ったりする人たちの為に、1991年7月16日の地震でケノン・ロードが壊滅した後にもその活動を続けられるように 代替道路として建設されたものでした。」

とあります。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »