« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »

2008年11月15日 (土)

バギオで死んだら・・・・いくらかかる? 葬儀の費用

 

タイトルがタイトルですからねえ。

実はつい先日、バギオの知人の日本人の方が、ご高齢で亡くなりました。

それで、今日 バギオ・シティー・マーケットで花を買って、葬祭場へ行ったのですが・・・

なんと、「今日の午前中に もう終わりました。」 だと。

「火葬場ですか? 墓地ですか?」

バギオ・メモリアル・パークの墓地ですよ。」

Aaimg_8926・・・で、

行ったところは

ここです。

ナギリアン道路の

バギオ市営墓地の

お隣です。

 

Aaimg_8921

それで、ナギリアン道路から急な坂道を下ったところが、このバギオ・メモリアル・パークでした。 正面の山の中腹のところをナギリアン道路が通っていまして、右隣にバギオ市営墓地があります。

この辺りは、第二次世界大戦中、バギオ市にいた日本軍が陥落する前の 最後の攻防戦の場でもあったようです。 左側から米軍の戦車が進み、この谷を挟んで右側の市営墓地の方から日本軍が応戦したとか・・・

Aaimg_8916

墓守の家族らしき人に 一番新しいお墓はどこだと聞きますと、こちらに案内してくれました。 葬祭場に飾られていた花が置いてある新しいセメントの棺。 

遺族に電話してみたところ、「未だ墓碑名も屋根もない。」とのことでした。 いずれ、左のような屋根が作られるのでしょう。

上の方に作られている蜂の巣のような所にも、棺が収められるようです。

芝生のところにある墓を指差して、ここはいくらするのかを墓守の亭主に聞きますと、

「63,000ペソだよ。」とのことでした。

Aaimg_8922

 

知人の、まだ乾ききらないセメントの墓に 「お金の事ばかり考えていて すみません。」とお詫びをして・・・・

葬祭場で支配人みたいな人に 葬儀の費用を聞いてみましたところ:

(概算です。)

棺おけを含む葬祭場でのパック料金 :  3万 - 8万ペソくらい

(棺おけの質と チャペルの広さ・付帯設備で料金が異なる。 最長5日間の会場利用料金です。)

火葬の料金 :  2万ペソくらい

(バギオの郊外のイリサンに火葬場があると聞きました。)

そして、仮に 会葬の人たちに食事などを振舞うとすると、

300ペソ/人 x 50人として = 15,000ペソ ?

それに、墓地の一区画の費用 :  約7万ペソ

大雑把に合計すると・・・・・ 20万ペソ、 ですかね?

今は 円高だし・・・ いいんじゃないですか?

ただし、日本からの往復旅費、宿泊費などは含んでおりません・・・

悪しからず。

過去の一時期、「結婚式は海外で」というのが流行りましたが、

今からは 後期高齢者時代ですから 「葬式は海外で」 ってのが 流行ったりして・・・ ?

「安心・海外葬式・お骨里帰りデリバリー - 千の風パック」 ってのにしますか? (笑)

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

UPバギオって どんなとこ? フィリピン大学 バギオ校

 

フィリピン大学と言えば、日本で言えば東京大学。

そのバギオ校ってのがあるんですね。 前々からちょっと覗いて見たかったんです。

Aimg_8709  

 

 

へえ~~~、

1908年から2008年。

100周年なの?

 

詳しいことは こちらで

どうぞ

http://www.upb.edu.ph/

 

Aimg_8712

これが University of the Philippines バギオ校のシンボルの像ですか。

なかなかいいんじゃないっすか?

Aimg_8713 

こじんまりした カワイイ校舎ですよね。

Aimg_8723

ほお~~。 講堂じゃあ こんなことやってまっせ。

この女の子たち、まさか 大学生じゃあ・・・・ ないよね。

Aimg_8737

イッタイゼンタイ 何しに行ったんかって?

Aimg_8759

 

 

 

 

 

 

 

 

はあ、お友達のお嬢さんと息子さんが ピアノのリサイタルってんで、応援です。

「へえ~、ピアノ弾けるんだ。 カッコいいじゃん。」

「カッコ良くないよ~~。」

なんてことを語りあったりね・・・。

Aimg_8785

・・・・で、キャンパスに入るチャンスも そうそう無いんで、ちょっと探検に・・・

アロヨ大統領から 日本で言う文化勲章みたいなものをもらったという某女史から、バギオの歴史なんぞを勉強したいのなら UPバギオの図書館がいいよ、なんて、私なんぞが聞いてもしょうもないことを聞いちゃったもんだから・・・少しは気になってて・・・

Aimg_8782

あはは、

運よく?

閉館でやんの。

やっぱ

格好つけないと

いけないんで、 

開館の時間なんぞ 

チェックしたりなんかして・・・

バギオ事情に詳しい方によれば、 北ルソンの民俗学的、社会学的な貴重な研究資料なんかは 多くがこの図書館で閲覧出来るのだそうですよ。

Aimg_8777

キャンパスの雰囲気は こんな感じ。

どこにあるんだって??

バギオのコンベンション・センターのまん前です。

UPは、聞くところによれば 反体制派の養成所みたいなとこらしくて、 バギオのセッション通りでシュプレヒコールを挙げているパレードは だいたいUPの学生らしいですよ。

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008年11月 9日 (日)

あなた・・・ 墓はどうすんの?

ちょっと 出遅れましたが・・・・

「カトリックの教会暦では, 11月1日を諸聖人を記念する万聖節, 翌日の2日を死者を記念する万霊節とそれぞれ定められている・・・」なのだそうです。

All Saints' Day  と All Souls' Day なわけですね。

Aimg_8563

私が11月2日にこの霊園に行ってみたところ、お参りの人影はほとんどなし。

昨日の11月1日の万聖節には 大勢の人たちがピクニックのように 色とりどりのパラソルを広げていたそうです。 

Aimg_8572

まあ、名前から判断すれば、 自分の身内の霊に会う「万霊節」の日の方にお参りするのが多くてもいいんじゃないかって思うんですけど、 他人である聖人たちの「万聖節」の方が混んでるってのは納得いかないなあ~~。

この霊園 いいでしょう。 向いの山は サント・トーマス。 その手前の谷は ベンゲット道(今の名前はケノン・ロード)の「いろは坂」がくねくねと走っている絶景のロケーション。

Aimg_8578  

なに、

町が見えないと

寂しい?

はい、はい、

ちゃんとこっちに

バギオの町も

見えてますよ。

 

霊になったら

どこでも自在に

飛んでいけるんだから、そんな心配までしなくても・・・

 

Aimg_8584

これが、その霊園の入り口ゲート。

HEAVEN’s GARDEN 天国のお庭 ってんですから・・・

まあ、庶民の墓地じゃあないっすね。 いわば 高級住宅街!

芝生に囲まれた 余裕の一戸建て っちゅうとこですかね。

Aimg_8588

どこにあるのかって??

これが 今現在は定期便が飛ばなくなってしまった バギオのロアカン空港のゲートなんですよ。 空港を出て右方向に曲がれば、ジョン・ヘイ、カントリー・クラブ、経済特別地区の世界的半導体メーカーTI、そしてフィリピンの士官学校なんてのがあるわけですな。

まあ、飛行機で空に飛ぶ、その近くに 天国のお庭もあるってことで・・・

Aimg_8569

・・・それで、なんで私が この天国に来たかっていいますと・・・

大家さんの立派なお墓がここにありまして。 そこのお参りと・・・

この文字が読みにくくなったお墓にお参りする為なんです。

2000年に亡くなった日本人の方のお墓なんですけどね。

他のお墓にはたくさんお花が飾ってあったのに・・・ ここにはひとつもお参りの形跡が残っていませんでした。

私の安いお花で辛抱してください・・・・

南無

・・えっ、なんですか?

そこは 一区画 いくらかって?

知りませんよ そんなもん!

おっとっと・・・ いけない、いけない、 今 血圧がちょっとはね上がりましたね・・ HEAVENに近づいたな・・

パンフレットは貰ってきましたけどね・・・まだ読んでません、悪しからず(笑)

=====

上記を書いて、しばらくすると・・・・

やはりブロガーとしての悲しい佐賀、嵯峨、性・・・

情報をもっていながらお伝えしないのは ぶろがー魂に反するってことで・・・

Aimg_8796

一番安いのが3万ぺそ。 一番豪華なのは11万ペソです。

以上、

 

 

 

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月16日 - 2008年11月22日 »