« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »

2008年2月18日 (月)

日本人針灸師 大学の教壇に。

バギオで針灸師として活躍中の Dr.I.  Cordillera大学の看護学部の教壇で 針治療の講演と実演 をされました。 私は たまたま引っ張りだされた通訳係として 写真撮影を許されました。

自然治癒力を引き出す 針灸治療。 ツボに刺激を与えることで、脳から分泌されるホルモンによって 身体のバランスを整えるとされる東洋医学。

Img_4394

触診のデモンストレーションをする Dr.I.   ジーパンを脱げと言われ 焦った学生も まな板の鯉 となって・・・・。

Img_4395s

触診の時は 遠巻きに見ていた学生、 針を刺す実演になると この通り。 息をのみながら、興味津々の観察です。 

Img_4398

七つの基本のツボに 針を刺していきます。

Img_4401s

そして、 「心臓に異常がある時は 背中のここのツボですよ。」 特定の部位の病気には 特定のツボに針を刺す実演。  

Img_4403

「何か 質問は ありますか?」

「二日酔いの時は どこのツボで 治りますか?」

「男友達のXXが 役に立たない時は どこなんでしょう?」

・・・・・ あくまでも明るい、笑いの絶えない フィリピンでした。

ちなみに、Dr. I の 真面目な講演の主旨は 以下のようなものでした。

針灸の歴史は古く、およそ三千年前に中国で体系がつくられ、(一説では 1万年前に原型があった)、およそ千年前に韓国を経て 日本へ伝えられ、発展を遂げた経験医学である。

何故、どのように針灸治療が様々な病気に効果があるかについては、未だに科学的立証はされていないが、最近の有力な説としては、ツボに刺激を与えることにより 脳からエンドルフィンなどのホルモンが分泌されることにより 体内のバランスを整えるのではないかと言われている。

効果があるとされる分野は様々であるが、自律神経失調症に絶大な効果があり、痛みの緩和に関しては特筆すべきものがある。

適用される分野は、循環器、呼吸器、運動器、消化器、泌尿器、婦人科、耳鼻科、皮膚科、神経科、歯科、眼科、小児科など幅広い。

針灸の いわゆるツボは おおよそ360位もあり、これらが 14の経穴と呼ばれるルート上に並ぶ形になっている。

基本的なポイントは七つあり、すべての治療に於いて、まずこの七つのツボに針を刺す。

診療の手順は、望・聞・問・切があり、切は 脈、腹、背部、腰部の四つがある。

望(ぼう)は 患者の身体の様子を観察。

聞(ぶん)は 患者の症状の聴き取り。

問(もん)は いわゆる問診で、様々な質問を行う。

切(せつ)は 上の診断に基づいて、触診を行い、刺鍼を施す。

切は 脈、腹、背部、腰部の順に行う。

針灸治療は、西洋医学とは異なり、外部からの医薬品などに頼ることなく、あくまでも ツボを刺激することにより、その患者が持っている自然治癒力を引き出し、体内の様々なバランスを本来の姿に戻す効果をもたらすものである。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月17日 (日)

バギオの雲にのる・・・ サント・トーマス 標高2千m

 

Img_4258

サント・トーマス山から ケノン道路方面を望む。 測候所手前付近より。

Img_4280

サント・トーマス山測候所より リンガエン湾の海岸線を望む。

Img_4289

測候所より ラ・ウニオン州、イロコス州方面を望む。

Img_4274

測候所より バギオ市方面を望む。 

Img_4307

そのバギオ市は、雲の下に・・・

Img_4325

サント・トーマスから見下ろした ロアカン・バギオ空港。 左側に見える大きな建物は 世界的半導体メーカー Texas Instruments の工場。

Img_4327  

そして、ふたたび、 ケノン道路が走る山々の重なり。

サント・トーマス山から 360度の展望と、雲の流れをお届けしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神道って なんじゃろ~~?

SMバギオで Japanese Culture Day のイベントをやっていた時、ある神学校の大学院生だという女性が 「日本人を探していたんです。 会えて本当に嬉しい。」と声をかけてくださった。

そのフィリピン洗礼派神学校では、外国人学生も多く、彼女の学部では アジアの様々な宗教を研究対象としていて、彼女自身は教授の下で「神道」を研究しているそうな。 キャンパスの中には 鳥居なんかもあるんですよ・・・・。 えっ、鳥居? なんでキリスト教の神学校にそんなものがあるの?

私の「神道の作法」についての研究発表をやるので 日本人の方たちに参加をお願いしたい・・・というお誘いに、興味半分で出かけてみると・・・

Img_4330

こんな素敵なキャンパスの中に・・・

Img_4337

神社?の社みたいな舞台があって、お供え物みたいなものも飾ってあり・・

Img_4340

これが・・・・あの~、「鳥居」だっけ?

Img_4336

まあ、でも・・・ これだけ研究発表に参加してくれている人がいるんだから、なんとかやらなくっちゃね。

と言う事で、英語が堪能な日本人女性が「手や口を清める作法」「二礼・二拍手・一礼の作法」の解説をし、実演してみせて、上の写真のような実技演習となった次第でした。

Img_4341

ジョイスさん。

とりあえず ある物で 想像力豊かにやってしまう あなたの心意気。

気に入りました。 日本研究 がんばってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月10日 - 2008年2月16日 | トップページ | 2008年2月24日 - 2008年3月1日 »