« 計画性がない? フレキシビリティがある? どっちなんだ! | トップページ | バギオの心霊治療  信じる? »

2009年1月31日 (土)

ABS・CBNは 日本文化をどう放送したか・・・

続報ですよ~~。

放送から3日目、ON AIRになった番組全体をテレビ局からDVDにコピーしてもらいました。

流れとしては、

美女による「お早う御座います」のご挨拶ー盆踊りー盆栽の紹介ー生け花ー折り紙ーコーディリエラ(山岳)地方の織物を使った北ルソン日本人会製作の着物の紹介ー着物(浴衣)の着方の説明ー盆踊り

の順でした。

0img_0789

そもそも、このABS・CBNバギオの放送はどこまで届いていたのか。 局の人に聞いてみたところ、北ルソン一帯(南はパンガシナン州のダグーパン、ターラック州の一部から、コーディリエラ(CAR)の全ての州、イロコス州辺りまで) をカバーしているとのこと。 つまりマニラ首都圏には放送されていないってことです。

0img_0803

まずは 日本語で「おはよう ございます」のご挨拶。 これで見ると 6時41分に始まってますね。 おかしいなあ。

そもそも、この番組で日本を紹介することになったのは、先週が中国の正月企画だったので、今週は日本になったとか。

0img_0807

東京は新宿などのドンキホーテで買ったピカチュウと大阪から来たドラエモンが こんなところで役に立つとは・・・

0img_0829

めちゃくちゃいい加減な振り付けでの「河内節」。 マニラに放映されなくて助かった(汗)。

0img_0982

盆栽の話が出てくる前に出てきたのが この映像。 第二次世界大戦の映像です。 戦前には バギオには大きな日本人コミュニティーがあった、それはベンゲット道の建設から始まったと説き起こして、この映像につながり・・・

0img_0915_2

で、分かりにくいですが、日本兵の映像です。 やはり、歴史を遡る時に避けては通れない 記憶に残さなければならないことなのですね。

0img_0985

そして、バギオのジャンヘイにある 現在のアメリカ大使公邸が 戦時中は日本軍の司令部としても使われ、叉、終戦時には 山下奉文大将がそこで降伏文書に署名したことも話されていました。

0img_0898

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かの賞を取った 盆栽をやっている地元の人が出ていました。 バギオは結構盆栽が知られていますが、日本人の素人目でみても、イマイチですかね。

0img_0544

予定では、私は生け花の通訳などやるはずじゃなかったんです。 前もって生けた花を前にしてちょっと話す程度のことだと、それも女性だけが前に出るってことしか考えてなくて・・・ 予定の話とは違うってんで、責任を取らされたってことですね。

0img_0568

生け花の後は、折り紙。 この内容はすべてテレビ局が用意したものでした。

0img_0931

最近は、折り紙も マイクロ・マシーンなどの最先端技術に応用されているらしいですが、 伝統の遊びや工芸が、ハイテクにも生きていることを言って欲しかったなあ。

0img_0575

個人的には、今回の目玉は この 「コーディリエラ着物」 。  バギオの有名な イースター・ウィービングの織物で作った着物です。 浴衣をサンプルにして縫ってもらったもの。

型紙を使っていないのと、織物が分厚いので、衿周り、胸元がフィットしないんですが・・・。 次回実験製作の折には、型紙を元にしようと思ってます。

0img_0589

これは なかなかこの女性の体型と着付けが良かったみたいで、結構フィットしてました。 インタビューの録画があったので、これはライブじゃないんですが、それにしても事前打ち合わせは全くなし。 テキトーなことしゃべってしまいました。 

「フィリピン山岳地方の伝統工芸が 日本に輸出される可能性を探っているんだ」なんてね。

そして、テレビ局の男性キャスターに浴衣を着せることもライブでやりましたが、 その折に 以前から気になっていた 「日本人は枕を背中にせおっている」というフィリピン人の中に出回っている「常識」を、「その認識は全くの間違いですよ。 あれは帯の一部をリボンにしているんです。」と しっかり強調しました。 こんなチャンスは叉とないですからね。

局側が用意していた 着物の歴史資料は、中国の衣服の映像が多く使われていまして、それが日本に伝わって、今の日本の着物になったことを解説していました。

0img_0705

そして、終わりに近づいたところで、 抜け目無く・・・・ 「日本茶店・雛祭り大会」 とか

0img_0713

「バギオ子供クモ相撲大会」なんかの宣伝を ばっちりやらせてもらいました。

0img_0766

最後は ピカチューとドラエモンを交えて 河内節で締めくくり、 こんな感じで、 参加者全員を カメラが追ってましたね。

キャスター同士の話の中で、日本の人口問題が取り上げられていました。 日本は少子化でどんどん人口が減っているから、将来フィリピン人が日本で働くことになるだろう・・・

ちなみに、私は全く 放送に使われていたタガログ語は理解できませんので、あしからず。 一部不正確なところがあるかと思います。(汗)

DVDは テレビ局からの厳しい警告があり、コピーが出来ません。 これも悪しからず。

 

|

« 計画性がない? フレキシビリティがある? どっちなんだ! | トップページ | バギオの心霊治療  信じる? »

コメント

えっ? どのカズっちさんでしたっけ? (笑)

どうもご無沙汰です。 その後仕事は順調ですか?

はい、MIXI探してみます。

叉 お立ち寄り下さい。

投稿: させ たもつ | 2009年2月 7日 (土) 14時30分

もとルームメイトのカズっちです。これで私がどこの誰だか多分、お分かりになると思います。ちなみに、mixiにも「カズっち」で載ってますので、もしよろしければ覗いてみてください。じつはたまにこのブログを拝見してました!結構、ブログでのさせたもつ節に笑わせてもらってます。

投稿: カズっち | 2009年2月 7日 (土) 13時01分

志乃さん、はい、やっとその日が訪れましたよ。

でも、なぜそれを思い出したかって言うと・・・
放送の前の日に コーディリエラ着物の取材があった時に、 
なんと、キャスターの男の人が、「枕をしてる」と
口走ったんです。
テレビ局のキャスターでも こういう常識か!
と唖然として、これは絶対言わなければと
翌日の朝から ライブでは臨戦態勢だったんです。 (笑)

次回は、「雛祭り」で小規模ながら、叉 宣伝します。

投稿: させ たもつ | 2009年2月 1日 (日) 11時09分

「背中に枕は背負っていない!」
これをTVで流せただけでも、させさんが頑張って通訳したかいがあります!
あれは辛く長い日々だった…(笑)
何はともあれ、お疲れ様でした。

投稿: 志乃 | 2009年2月 1日 (日) 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/43908717

この記事へのトラックバック一覧です: ABS・CBNは 日本文化をどう放送したか・・・:

« 計画性がない? フレキシビリティがある? どっちなんだ! | トップページ | バギオの心霊治療  信じる? »