« いいじゃん、 仲がよくたって・・・ | トップページ | ストロベリー・フェスティバル 田舎のミスコンは大興奮 !! »

2009年3月21日 (土)

Dominican and Mirador Hill  幽霊に会えた ?

10年ぶりに 幽霊の名所のひとつ ドミニカン・ヒル と ミラドル・ヒルの ローデス・グロットに行ってきました。

Aimg_2780

ドミニカン・ヒルとミラドル・ヒルは 同じバランガイ(地区)にあったんですね。

Aimg_2756

10年前は、ここは荒れ放題になっていて、ガードマンから「入らないでください。」と言われたものです。

Aimg_2741

元々ここは、修道院のサナトリウム(療養所)があったとか。 その後、ディプロマット・ホテルになり、1990年のバギオ大地震で破壊されたと聞いています。 この古い門柱の傾きは、その大地震の名残を留めたものでしょうか。 しっかりとセメントで固めてありました。

(ささきさんのコメントにより、英文サイトを検索してみましたところ、下のようなサイトにその歴史が書いてありました。 下記をご覧下さい。)

Aimg_2747

建物の裏に廻ると、フィリピンには珍しい大振りのひまわりが咲いていました。

Aimg_2702

屋上には、大きな十字架。 バギオ市の展望が開けたこの場所は、しばらくぼんやりと過ごすのにも いいかもしれません。

Aimg_2685

朽ち果てた この建物は 今は バギオ市の所有となっているそうです。 歴史的遺産として保存し、観光資源としての開発計画もある・・・ と、たまたま ここに来て 見物客にインタビューをしていた フィリピン大学バギオ校の放送研究部の女子大生3人に教えてもらいました。

そして、この静寂を破ったのが・・・・

Aimg_2718

 

この人たち。  サバイバル・ゲームで 機関銃のバリバリバリバリ・・・という音をたてて 遊んでいました。 この朽ち果てた建物の雰囲気がいかにも戦場という雰囲気で・・  

いいねえ、市が管理する観光施設で、ガードマンもいるのに、こんな遊びが出来るなんて・・・ 流石にフィリピン !!

Aimg_2729b

この機関銃の音に おののいた為か、幽霊には会えませんでした・・・ が、こんな可愛い女の子に会いました。 ホワイト・レディーならぬ、ピンク・レディー??

Aimg_2763

そして、ドミニカン・ヒルを後にして、だらだらと坂道を下り、しばらく行くと、この ミラドル・ヒルにある ロードス・グロットに辿り着きます。 マリア洞窟ですね。

Aimg_2772

ここは、フィリピンの人たち、カトリックの人たちの礼拝の場。 聖域です。

Aimg_2762

お参りに来た人たちは、ちゃんと 参道の一番下から この階段を一所懸命登ってくるわけです。

信仰心が欠落している エセ仏教徒の私は、一番高いところにある ドミニカン・ヒルから だらだらと坂道を下り、 ロードス・グロットの一番高いところまで タクシーで登り、また だらだらと参道の一番下まで 歩いて降りてくるという・・・ まったく!

正しいお参りの仕方は 私の逆のコースでお回り下さい。

======

<<ドミニカン・ヒル と ディプロマット・ホテルの歴史>>

http://www.photospill.com/philippines-2/diplomat-hotel-baguio/

このサイトによれば:

1915年5月23日 = 末期患者用の療養所が開かれた

1941年 = 第二次世界大戦が始まると、避難民がここに入った。

日本軍による爆撃があり、叉、多くの修道女や聖職者が首を切られ、殺害された。

1947-1948年 = 戦後、再建された。

1973年 = ディプロマット・ホテルにより買収され、ホテルとして改装された。

ホテル開業の時から、多くの客が長い滞在をしなかった。

その理由とは、部屋の中で亡霊を見た、悲鳴や唸り声が廊下から聞こえて来た、などというものだった。

今でも、ドミニカン・ヒルの住人の中には、ホテルから悲鳴や唸り声が聞こえてくると証言している。

叉、こちらのサイトでは:

http://profilingtheunexplained.com/forums/index.php?showtopic=3050

頭のない亡霊が ホテルの敷地内に出没した。

ホテルの所有者が 1987年に死去すると、ホテルは営業を止め、閉鎖された。

その後も、夜になると、ドアや窓をバターンと閉める音や、皿をカタカタ鳴らす音、悲鳴などが聞こえてくると、ホテルの近所の人たちが話す。

つまり、 1990年のバギオ大地震の前から ホテルは営業を止めていたところ、地震で崩壊し、今のような廃墟になったと考えてよさそうです。

=====

しかし、この亡霊騒ぎが、第二次世界大戦時の 日本軍による蛮行の結果であると推測させるような話があることに 驚きました。

事実かどうかは分かりませんが、バギオの5大幽霊の名所を調べる内に、このような歴史に出会うとは 思ってもいないことでした・・・

バギオ100年祭の前に 日本人として もっと知っておくべき事がありそうです。

ちなみに、 この敷地内で飲み物などを売っていた若い人たちや、門の外にあった サリサリ・ストアーの人にも 幽霊の話を知っているかと聞いてみましたが、誰も「知らない」とのことでした。

英文インターネットの空間では、このミステリー話のサイトがいくつかあるようです。

==== 後日談 ======

このドミニカン・ヒルでの戦時中の日本軍の蛮行の話を、戦前からのバギオをご存知の方に訊いてみましたところ、以下のようなお話でした:

ー 日本軍のバギオへの爆撃は ジャン・ヘイに限定されていた。 それも開戦当時のみ。 その後の爆撃は 米軍の絨毯爆撃などで知られているように、ほとんどが米軍によるものだった。 その中で一番悲惨だったのは、バギオ大聖堂の前に作られていたフィリピン人の避難所への直撃だった。

ー 日本軍が首切りを行ったという話は、今のバギオ・センター・モールの場所辺りであった。 フィリピン人ゲリラへの見せしめの為に行われた。 ドミニカン・ヒルで多くの修道女や聖職者を虐殺したという話は聞いたことが無い。

歴史というのはやっかいなものですね。

 

 

|

« いいじゃん、 仲がよくたって・・・ | トップページ | ストロベリー・フェスティバル 田舎のミスコンは大興奮 !! »

コメント

そうですか、
自分だけが生き残ったというのも辛いでしょうね。

大火事の話は初めて聞きました。
あってもおかしくはないですが・・・

ほお、記憶がいい加減ですみません。
素晴らしい活躍だったんですね。

投稿: させ たもつ | 2009年3月27日 (金) 18時30分

>PEZA経済特別区に関して思い出しました。

地震による工場倒壊だけでなく大火事になりまして、かなりの工場が火災による二次被害を受けましたことニュースで見ました。

現地の方の悲劇では娘さんの結婚式があり、仕事の都合で父親だけが当日駆けつけようとしたがバギオへはたどりつけず悔やんだが、自分だけが生き残ってしまった。
という悲しい話しを聞いたことも思い出しました。もう19年も経ってしまったんですね。あの時マリヤ様に祈っていた子ども達も立派に成人したと思いたいですね。

神戸も15年、東京もいつ来てもおかしくないのですがついつい備えを忘れてしまいます。

追記

日本人学生ですが、机にもぐりこんだのではなく、
なすすべなくあわてる先生方を励まし学生の避難誘導を機敏に行い学生達を安全なキャンパスへ誘導させたと校長先生から感謝されたそうです。

投稿: bayaw | 2009年3月27日 (金) 18時01分

bayawさん、そうでしたか。
その当時はさぞかしご心配されたんでしょうね。

地震大国の日本から来た学生が、慌てず騒がず、教室の机の下にもぐりこむ様子が 目に浮かぶようです。

私は、TIの人から 何トンもある重い製造装置が
跳ね上がったという話を聞きました。
PEZA経済特別区でも 工場がつぶれて多くの工員が
なくなった話も聞きました。

投稿: させ たもつ | 2009年3月27日 (金) 12時09分

させ様

当時 私の息子がそちらにいましたので安否が分からず
やきもきしておりました。

日本でのテレビ、新聞等で情報を得ようとしましたが、ご存知の通りバギオへの道、3道路とも寸断されしかも
ロアカン空港も滑走路に亀裂が入りアイソレート(孤島)となったバギオでしたから大変でしたね。

その後例えばハイヤットに宿泊していた日本人が九死に一生を得た秘策の話。

私の友人がハイヤットに宿泊予定でマニラからバギオへ向かう途中カルメン橋が落ちて足止めされたおかげで助かった。

地震後大分経ってからハイヤットの瓦礫の中から生存者が出たこと。エレベータ機械室が頑丈に出来ていて潰されなかった

その他 ある学校で日本人学生の的確な判断で校舎はつぶれたがひとりもけが人が出ずに避難できた話

等々日本人関係ですが、他にも沢山の奇跡としか思えないという話はありましたね。

投稿: bayaw | 2009年3月27日 (金) 11時07分

bayawさん、
はい、戦争ですべてが消されてしまったとはいえ、戦前には色々な日比交流の平和な時代の、開拓の話もあるわけですから、歴史と結びついた遺跡発掘も面白そうです。

ところで、「地震災害後のバギオでのトピックス」は、他にはどんな話があったのでしょうか。

投稿: させ たもつ | 2009年3月25日 (水) 10時38分

させ バギオ観光省支部長 殿

さすが、観光戦略でしたか。そうであれば今回の私のコメントお役に立てそうですね。

私の場合「地震災害後のバギオでのトピックス」を探し回り印象に残った一つがローデス・グロトのマリア様に祈る子ども達の特集でした。

単に気候が良いからいくのではなく歴史や文化を学ぶ為にバギオを訪れる日本人が増えるといいですね。

頑張ってください。

投稿: bayaw | 2009年3月25日 (水) 10時20分

ささきさん、
おお、なんと そんなところに
バイオメモリーを内蔵してたんですか。ずるいなあ。(笑)

投稿: させ たもつ | 2009年3月23日 (月) 21時20分

Bayawさん、
マリア像をここにアップしていないのは戦略です。
バギオ観光局としては 皆さんに来てもらわないといけません。
ご本尊は 写真でお安く見せる訳には参りません。
あはは。

ひまわりは そんなにたくさんあったんですか?
今回は 咲いていたのは一つだけでした。
時期が遅かったんですね。

投稿: させ たもつ | 2009年3月23日 (月) 21時17分

させ 様
素晴らしい写真です。門柱はもとのままですね????

というか、力を入れた振りして門によじ登り遊んでみました。

ところでひまわりは情けないですね 私が見ましたときは建物の端から端までびっしりと咲いていたんですよ。

ローデス・グロトのマリヤ像が写ってないのが残念ですね「地震の後に親を失った子ども達が祈りに来た時マリヤ様が血の涙を流された」という話がありまして感動を覚えました。

いつも素晴らしい写真入りのご案内 有難うございます。

投稿: bayaw | 2009年3月23日 (月) 16時26分

はい 生き字引・・・おなかの脂肪をつまむとちょうど辞書ぐらいの厚さになるかな(涙)

投稿: ささき | 2009年3月23日 (月) 15時50分

佐々木さん、「生き字引!!」、やっとお出ましですか。(笑)
その突っ込みを待っておりました。

やっぱり、歴史は裏をとらんといけませんね。
調べてみます。

投稿: させ たもつ | 2009年3月23日 (月) 12時25分

ディプロマット ホテルは地震の前にはすでに荒れ果てて立ち入り禁止でしたよ

また開発計画は市役所のロビーにミニチュアが飾ってありますよ

投稿: ささき | 2009年3月23日 (月) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/44418092

この記事へのトラックバック一覧です: Dominican and Mirador Hill  幽霊に会えた ?:

« いいじゃん、 仲がよくたって・・・ | トップページ | ストロベリー・フェスティバル 田舎のミスコンは大興奮 !! »