« 国のメンツがかかると こうなる?  バギオ・マウンテン州博物館 | トップページ | じゃぱゆき、カントン、ブライダル・フォール、温泉、キャンプ3 »

2009年4月19日 (日)

バギオ マウンテン州博物館で 日本の展示 

 

すったもんだがありまして、結局 こんな凄いことに・・・

11img_3681

日本庭園と回廊が 博物館に出現です !!

11img_3685

そして その庭園に、北ルソン日本人会のメンバーが用意したアイテムが うまくコーディネートされていました。

流石に 物量作戦とプロが組むと、凄いことになります。

11img_3720

そして迎えた4月18日 展示開幕の日。

「バギオ - メルティング・ポット」、バギオは人種のるつぼ だよってんだから、外国人コミュニティーの人たちが集まらないと 話にならない。

日本人、日系人はもちろんですが・・・

11img_3721ドイツ人、スイス人、フランス人などのヨーロッパ人と、中国系はもとより インド人、イスラム系、そして 地元の山岳民族などの民族衣装などが集まりました。

なにせ、 100年の歴史ですから、 集まっている人たちも 博物館級? です。

11img_3769  

こういうお祝いの場には欠かせないのが このイゴロット・ダンスです。

左に座っている人の中に バウティスタ バギオ市長がいまして、 その向こうで テレビ局のインタビューを受けているのが ドモガン下院議員です。

11img_3841

そして、こういうお祝い事に欠かせないもう一つは 食べ物。

これは ヨーロッパ・グループが持ち込んだ 手作りものです。

日本の常識じゃあ 考えられないのですが、、、 博物館の行事なのに、持ち寄りパーティーなんです。 ボランティア !

11img_3843

日本は 当然のように お寿司ですよね。 これは 日系人グループにおんぶに抱っこしていただいて・・・

11img_3845  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人グループは 日本酒とつまみのおせんべいなんかで ごまかし・・スンマヘン。 

11img_3857

その料理コーナーの横では、ヨーロッパ人グループが アコーディオンを囲んで

「エーデルワイス」などの ポピュラーな曲で 盛り上がっております。

11img_3849

その叉 横では、 歴史写真展・・・ なのですが、 日本だったら 博物館のこんな展示場所で 食べ物をテンコ盛りにした皿を持って歩くなんて 金輪際できないですよねえ?

それもある・・・のがフィリピン。

11img_3884

まさか 3階の

日本の展示室まで

テンコ盛り部隊が

進出してないよね~~

 

なんて、

やっぱり心配に

なるじゃないですか。

 

でしょう?

こんなものを

展示してるんですから・・

 

 11img_3892

まあ、博物館側も

あちこちから

会議の席で

言われちゃって、

ガードマンを

雇ってくれてるんですけどね。

6月が終わるまで、

心配で

心配で・・・

眠れない・・・?(笑)

 

  

 

 

|

« 国のメンツがかかると こうなる?  バギオ・マウンテン州博物館 | トップページ | じゃぱゆき、カントン、ブライダル・フォール、温泉、キャンプ3 »

コメント

内緒さん、 博物館 チェックしてきました。
そのフレーズは ハズレ です。(笑)

Benjamin Salvosa は自分で大学を創設していながら、
その資産を持つことや経営を牛耳ることに汲々とは
しなかった。 偉い! ってなことを書いてある
・・・と思う。(すみません。いい加減に読みました。)

その発想や方針が素晴らしいということですね。

公の仕事をする人は こうあらねば・・・ってことかな。

投稿: させ たもつ | 2009年5月12日 (火) 22時26分

内緒さん。
古い歌ならおまかせ下さい。
マニラのカラオケ、どっかいい所探しといて(笑)

投稿: させ たもつ | 2009年5月11日 (月) 21時15分

いや、大学内では創始者の彼をそういう風に言うのです;
だからUCの生徒なら全員知ってるかも(笑)


えぇ、させさんのレパートリーにそんな歌まで入ってるんですか? やるねー!

投稿: mino_naisyo | 2009年5月11日 (月) 18時57分

なんでまた、そんなことまで想像がつくの?

最後のフレーズは 私がカラオケをやるときの
替え歌じゃないっすかあ。

投稿: させ たもつ | 2009年5月 2日 (土) 23時52分

なんて書いてあったか教えてくださいね!

私が想像するに、
「Father of the higher education in Baguio and his wife.」
と書かれていると思います。

私の場合は
I came to love Baguio. 又は
I left my heart in Baguio. ですね~

投稿: mino_naisyo | 2009年5月 2日 (土) 22時40分

ほお、UCの創始者ご夫妻ですか。
今度行ったら なんて書いてあるか読んでおきましょう。
バギオ?  そりゃあいいに決まってるじゃないですか。
私の人生を狂わせた町だもの・・・あはは

I love Baguio じゃなく I fell in love with Baguio. ですからねえ。

投稿: させ たもつ | 2009年5月 1日 (金) 00時15分

10枚目の写真に、University of the Cordillerasの創始者夫婦、ベンジャミン・サルボサとエバンゲリスタ・サルボサの写真が載っているのが非常に気になります。

懐かしいものがこみ上げてきました。
いいねぇ~、バギオ!

投稿: mino_nauisyo | 2009年4月30日 (木) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/44715311

この記事へのトラックバック一覧です: バギオ マウンテン州博物館で 日本の展示 :

« 国のメンツがかかると こうなる?  バギオ・マウンテン州博物館 | トップページ | じゃぱゆき、カントン、ブライダル・フォール、温泉、キャンプ3 »