« 台風17号 Pepeng やっと 南シナ海へ抜けましたが・・・ | トップページ | 主食、生鮮食料品は カラッポ - 陸の孤島バギオは今・・・ »

2009年10月11日 (日)

台風17号の被害  ケノン・ロード 一部開通 

台風17号 PEPENG による被害の状況

バギオ周辺の道路情報

10月11日(日)午後現在の情報によれば、以下のように

なっています

1.       ケノン・ロード 

- 10月11日午後現在、普通車などは通過可能となって

   います。

   - 大型車は 止められています

2. マルコス・ハイウエイ 及び ナギリアン・ロード

   ― 11日現在、ふたつ共に 閉鎖されています。

― 情報がはっきりしませんが、運転手や地元の人たちの話では、

  復旧に1週間から最悪1ヶ月掛かるのではないかと言われ

  ています。

― マルコス・ハイウエイでは、先週木曜日にバギオへ登って来た

日本人によれば、およそ16ヶ所で大小のがけ崩れがあった

とのことです。

叉、別の情報では、25メートルに渡る崖崩れの場所がある

そうです。

(上記の情報は 伝聞に基づくものですので、ご利用の際は 

ご確認下さい。)

バギオ・ミッドランド紙 10月11日付け新聞より 転載、翻訳

9img_6873

高地での水害 - 標高5,000フィートの高地にありながら、

先週の台風Pepengによる豪雨によって、バギオ市のシティー・

キャンプでは屋根の高さまでの水害となった。

これは、未回収の何トンものゴミが、従来は沼であった場所での自然の排水路をふさぐ形で事態を悪化させたものだ。

(注: このシティー・キャンプは バギオ市役所とレガルダ・ロードを結ぶ線の東側一帯の地区です。)

09img_6874

不安定な地盤の上で - バギオ市の ピンサオ、グイサド そして フェアビュー地区のいくつかの家屋、多くは複数階、 は 最近の相次ぐ台風による集中豪雨によって、地盤沈下を起こし、基礎が流され、崩壊の瀬戸際となっている。

長雨で軟化し不安定な山腹は バギオ市及び近郊の多くの場所で脅威となっており、当局は注意と警戒を呼びかけている。

09img_6879

 

(以上、 バギオ・ミッドランド紙 より)

 

|

« 台風17号 Pepeng やっと 南シナ海へ抜けましたが・・・ | トップページ | 主食、生鮮食料品は カラッポ - 陸の孤島バギオは今・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/46459525

この記事へのトラックバック一覧です: 台風17号の被害  ケノン・ロード 一部開通 :

« 台風17号 Pepeng やっと 南シナ海へ抜けましたが・・・ | トップページ | 主食、生鮮食料品は カラッポ - 陸の孤島バギオは今・・・ »