« げげげっ、 そうだったんだ。 その5 | トップページ | へえ~~、 そうなんだ。 その1です »

2010年10月26日 (火)

げげげっ、 そうだったんだ。 その6

引き続き 「手にとるように宗教がわかる本」 からのつまみ食いです。

・・・・・・

さて、7世紀に、ヒンドゥー教の影響を受けた 大乗仏教の密教が登場。
教義や修行を言葉ではなく、師匠から弟子へと伝える「秘密の仏教」。
密教の経典は「大日経」「金剛頂経」「理趣経」など。
これらは、現世の身のまま如来と一体となる「即身成仏」の方法などが書かれているそうです。
・・・・ 修行なければ成仏なしってことでしょうか?

この密教をマスターしたのが空海さんですね。
812年に日本最初の密教の灌頂を行い、最澄とその門下生も弟子となります。
空海の護摩を焚く加持祈祷などのパフォーマンスで 平安貴族は虜となったようです。
・・・・ 雨を降らせたり、病気を治したり、呪い殺したり、やってたそうです。

武士階級が台頭しはじめ、天災、飢饉、内乱などで末法思想が広まって、
従来の仏教も退廃していた頃、念仏の浄土教が最澄の弟子 円仁によって
中国から輸入されました。
(この時は まだ「宗」じゃなくて「教」ですね。)

そして、親鸞さんが「七高僧」の一人に選んだ天台宗の源信さんが985年に「往生要集」を著し、「南無阿弥陀仏」を唱えれば極楽浄土に行けますよと言う「往生ガイド」
を出してベスト・セラーになったらしい。

極楽浄土をイメージした宇治の平等院鳳凰堂が出来たのが1053年でした。

貴族の間に広まった浄土教は、空也証人が全国を回り、民衆を救済しながら布教。
大衆にも広がります。

法然以前の浄土教は、同じ念仏でも「観相」と呼ばれ、仏の存在を
「心で念じて観る」ものでしたから、庶民には難しかったようです。
それを「ただ仏の名を唱えよ」と言ったのが法然さんでした。
文字を読めない庶民にも 極楽往生の道が開かれたわけです。
・・・ 顧客のニーズに的確に応えたってことでしょうか。

この専修念仏が広まると 既存仏教界の反発を受け、法然さんは
讃岐に島流し。

法然さんのもとに通った親鸞さんは、観音菩薩から「もしも修行者である
あなたが女性を求めるなら玉女となって添い遂げ、あなたを浄土へと
導こう。 この考えを人々に説け」とお告げがあったそうで、
妻帯や肉食もOKの道を開きました。
・・・・ これはかなり過激な考え方だったようです。
     つまりは「破戒僧」ですよね。

「信仰心の追求」「悪人正機説」が親鸞さんのセールス・ポイントになります。
「絶対他力」の登場ですね。

この悪人正機説は、見方によっては、ルターやカルヴァンが説いた
「善行は救済に関係がない」とか「人は信仰心によってのみ義とされる」
という宗教改革の精神に通じるものがあって、叉、聖職にありながら
妻帯したルターに先立つこと300年だそうです。

「親鸞は最もキリスト教に近づいた日本人」だと書いてあります。
・・・・ ルターさんたち 親鸞さんと メル友だったんですかね?
あっ、ちょっと時代が違うか・・・

そして、親鸞さんも 越後に流されてしまいました。
その後流罪を許されて関東での布教をし、「教行信証」を著して
浄土真宗の開祖となりました。

・・・ ああ、やっと浄土真宗に届きました。
しかし、インドで生まれたお釈迦様の仏教が、ここまで流れながれて
来ると、やっぱり 相当変化しちゃいますね。
ちなみに、現代のインドでは 仏教は ほどんど絶滅危惧種みたいな
状態らしいですよ。

ちなみに 日本、世界の宗教分布は こちら

インドの仏教は、日本におけるキリスト教のような感じですね。

ちょっと意外な感じですけど・・・

さらに、 日本国内での宗教・宗派の分布は?

おお、流石に 我が長崎県は クリスチャンが 全国一の比率ですね。

さて、「げげげっ、そうだったんだ」シリーズは今回で終了し、次回からは「へえ~~、そうなんだ」シリーズで お経のこと、日本の仏教のことを勉強してみたいと思います。 主に私の家の浄土真宗関連ですけど・・・

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2010/10/post-e632.html

   

|

« げげげっ、 そうだったんだ。 その5 | トップページ | へえ~~、 そうなんだ。 その1です »

コメント

悪人正機をプログ検索中です
善悪の判断の違いの人がいる。その 善悪の因果が 未来になる。心口意。悪いことの結果が恐ろしい。BATIとはあるのだろうか?
宿命 宿業 因果と償いと生死
宗教研究会(名前検討中
悪人とは 仏教の戒律を 守れない人と 聞いたことがります。
現代社会で 仏教の戒律を すべて 守れる人が いるのだろうか?修行~
伝達 知識 浅識 専門 解釈 真実から
ネットの可能性は 悪人正機について書かれているプログ 多いですね

投稿: 村石太ガール&アニメーター | 2012年4月21日 (土) 15時13分


iPADの本棚ですか。
裏本棚、隠し本棚って 作れないんですかね。(笑)

品格ですか?

ここの書き込みを見ている限りで言えば、
私の方がちょっこし品格がありそうに 見えますね。
あははは

品物の価格ってことだったら、
明らかに 私は負けます。
iPADなんて 持っていないですからねえ。

投稿: させ たもつ | 2010年11月 1日 (月) 16時55分

僕は今 iPad を僕の書斎にしようと思っています。当然 iPad の中に本棚を作って本を入れるんですが、ウフフ の本だけだとちょっと書斎としての品格が落ちますので、読まなくても小国さんの好むような本も入れておこうと思っています。 と書いたところで、小国さんは僕より品格があったかな?

投稿: 印南 耕次 | 2010年10月31日 (日) 20時25分


そうですよ~~。
日本語は教えるのが難しいですからねえ。

独断と偏見で 「これは こうだから こうなのだ」
と屁理屈こねて 教えないと いけないんです。

はははは

「屁」が付いた理屈なんです。

  

投稿: させ たもつ | 2010年10月30日 (土) 19時16分

小国さん、だますのがうまいなあ!
その手口で、だましながら、フィリピンの女の子に教えているんでしょう?

投稿: 印南耕次 | 2010年10月30日 (土) 18時34分


印南さん、あいや~~、やっぱり。

まあ、興味をもったついでに、
インターネットのサイトで あらすじだけでも
読んで、本を読んだ気になるってのは いかが?

もしかしたら かわいい女の子が出てくる章が
あるかも・・・ですよ。


投稿: させ たもつ | 2010年10月30日 (土) 18時14分

小国さん、出家とその弟子は青空文庫にありますね。
読んでみるかと開いてみましたが、2ページで挫折しました。理由は、これはかわいい女の子が出てくるような本ではない、とわかったからです。

投稿: 印南耕次 | 2010年10月30日 (土) 12時15分

おお、確かに 石川、福井、富山は 浄土真宗なんですね。
やっぱり 昔の一向宗王国が 反映されているんでしょうね。

ところで、Isshinさんのブログ お休みされるんですって?
お住まいの変更があるわけじゃないですね?

スービックの看護師さんは いらっしゃいましたか?


投稿: させ たもつ | 2010年10月28日 (木) 12時51分

興味深い内容でした…。

特に親鸞聖人の説いた教えと、マルティン・ルター、カルヴァンの宗教改革で示された方向性に、似通った点がある…とか。

石川県は、さすがに浄土真宗が多いですね。
サラマッポォ!

投稿: Isshin | 2010年10月28日 (木) 11時33分

 
はい、こんなに長く書くつもりはなかったんですけどね。
やっぱり 長い歴史のあるものを それなりに繋がりをもって理解しようとすると、長くなってしまうんですね。

そうですか。
親鸞のイメージについては、私はこれと言ったものを持っているわけでもないので、「へえ~~」ということになるかもしれませんね。

倉田百三の「出家とその弟子」が印象に残ってはいるんですが、 中身はもう記憶の彼方ってとこです。

投稿: させ たもつ | 2010年10月27日 (水) 00時10分

なかなか続きますね。

小生今年五木寛之の親鸞を読みました。
抱いていたイメージとは大分違っていました。
でも、とっても人間的で愛着が持てました。

投稿: 悟空 | 2010年10月26日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/49854605

この記事へのトラックバック一覧です: げげげっ、 そうだったんだ。 その6:

« げげげっ、 そうだったんだ。 その5 | トップページ | へえ~~、 そうなんだ。 その1です »