« へえ~~、 そうなんだ。  その4 | トップページ | へえ~~、 そうなんだ。  その5 »

2010年11月13日 (土)

わざと たんけん ??

今週前半に 10年ぶり? に仕事で出張しまして、「教行信証」が お留守になりました。

そうこうしている間に、日本語教室の方で 作文指導ってものをやったんですが、これが なかなか 曲者でして、いつも悩みます。

さてお立合い、皆様。

「あいつが わざと  俺の頭に お茶を こぼしやがったんだよ!」

こんな文があったとして、 この「わざと」を 漢字で書いたこと ありますか?

なんと まだ日本語能力試験3級をパスしたばかりの生徒がですよ、この「わざと」を 漢字で書いて 作文を提出して来たんです。

わたしゃ、読めませんでした・・・ くっくっく・・・

「おめえ、わざと 困らせようとして 書いてきたんじゃね~~の~~」

「態と」って書くそうなんです。

読めませんでした。 うっうっうっ・・・

そりゃあ 辞書に御世話になりますよ。

日本語での特別な意味
①わざと。 ことさらに。

と解説がありました。

この「日本語での特別な意味」 ってのは 「国訓」と呼ばれているそうでして、 これは 「漢字のもとからの意味ではなく、日本語としてのみ行われる意味の読み方である。」ということだそうです。

国字と言うのは知っていましたが、この国訓は知りませんでした。

国字は 「本来の漢字のほかに、わが国で作ったもの。 和製漢字のこと。」 とあります。

いずれにせよ、この「わざと」を 「態と」と 書くのだということを 日本語の生徒から 教えてもらいました。

・・・この60年間、何をやっていたんだろう。。。。

で、もうひとつ。

「たんけんする」、「たんけんか」を 漢字でどう書きますか? みなさん。

私は 「探する」「探険家」だとばっかり 思っていたんです。

それを 私の生徒といったら 「探する」「探検家」と書いてくるじゃないですか。

「なぬ・・??」

と思ったわけですよ。

「そりゃ 違うだろう!」 ってね。

「辞書で 調べなさい!」 って  当然 言うわけです。

・・・で、生徒達が 電子辞書で 調べる。

そして その結果を見せてくれる。

「探検する」「探検家」って 表示されているじゃないですか。

・・・ まずい!

って 思いますよ。 なんか おかしいなあ、と思いながらも。

「ああ、正しいね。」 と 言うしかないわけです。

悔しいじゃないですか。 そりゃあ 家に帰って調べました。

で、 なんと ふたつとも正しい!!

「なんで~~~~」

私のイメージとしては 「険しいところを探りながら行く」んだから 「探険」でしょ、って漢字?

「検」だったら どうしても 「検査する」とか「調べる」とか言う意味でしょうに・・・

でも、インターネットで調べてみると 最近は ふたつとも使えるが、国語審議会やら新聞記者なんかのハンドブックでは 「探検」を推奨しているらしい。

どういう事情なんですかね・・・

人は世につれ、世は人につれ・・・

漢字も同じってか?

ちなみに 「冒険」は あっても、「冒検」は ありません。

首尾一貫していね~~んじゃないの? って思いませんか。

それで、じっくり 辞書を読んでみると、

「探検 = 危険をおかして未知の地域に入り、その土地や事物を調査すること。 

探険とも書く。」

とありました。

要するに、この解説文の前半をとるか、後半をとるかの違いですかね?

「危険な、険しい未知の地域を探る」なら 「探」。

「未知の地域を探って検査する、調べる」なら 「探」。

・・・・ と言う事に ・・・・・ しておこう。

お暇でしたら、こちらへも お立ち寄り下さい。

 

 

 

|

« へえ~~、 そうなんだ。  その4 | トップページ | へえ~~、 そうなんだ。  その5 »

コメント


印南さん、探していただき 有難う御座います。

冒険については、ちょっとネガティブな意味があるようですね。
{動詞}おかす(をかす)。むりをしてじゃまな物事を乗り切る。「冒険」。

「冒す」 やりにくいこと、むずかしいことを、おしきってする。
害をあたえる。 汚し傷つける。 「犯す」とも書く。

「道元と禅」」ですか。メジャーですねえ。 
私は じみ~~に やってます。 あはは

投稿: させ たもつ | 2010年11月15日 (月) 17時51分

小国さん、次のホームページに探険と探検の違いについてよくわかる解説が書いてありました。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1342382268

ところで、iPad で読む「道元と禅」を買いましたよ。大枚115円を払ったんだから、せめて4ページは読まないとね。

投稿: 印南 耕次 | 2010年11月15日 (月) 14時06分

ところで、昔から なんとなく気になっていたんですがね。

なんで 熊 と 態 は似ている漢字を使っているのか。

たまたま辞書にありました、
「能」は獣の名。 最も賢いとされているもので、
借りて才能があること。
この「能」と「心」を合わせて、こころばせ、おもむきの義。

しかし、ここで「熊」じゃなくて「能」ってのが気がかりですね。

辞書によれば、
「熊」= くまのこと。
もと「能の下に火」とかく。
「能」は獣の名で、その一種であることから能をかく。

「能」を調べると、
熊の一種。 よくする。 よくできる。
熊の一種で、特に足をかくのは、他獣に比して足の活動が勝れるためか。

などと、書いてありました。

元々は 動物の熊ちゃんから 来ているんですね。

投稿: させ たもつ | 2010年11月14日 (日) 22時28分

悟空さん、
そうですね 「態と」は特に珍しくはないようですね。、
しかし、何処の誰が こんな国訓を発明して認知するんですかねえ。

「わざと」は「業」と格助詞「と」がくっついたもんだという説明が辞書にもあるのに、なんで 「態と」が加えられているのかが分からん。

「態々」は「わざわざ」だそうです。

「業と」があるのに なんで態々「態と」を作るのか・・・

たしかに、虚しく、空しくなるのも分かります。

投稿: させ たもつ | 2010年11月14日 (日) 22時07分

「態と」ねえ?
MS/IMEで出て来る位だからそんなに大変なものではないのではないか。
因みに、悟空はどちらも知らなかったが。
「たんけん」も調べてみたが、確かに「探検」が主で「探険」でも良いとしか取れない解説だ。
悟空も最近漢字の学習に虚しさを感じ始めているところです。

投稿: 悟空 | 2010年11月14日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/50015762

この記事へのトラックバック一覧です: わざと たんけん ??:

« へえ~~、 そうなんだ。  その4 | トップページ | へえ~~、 そうなんだ。  その5 »