« 恐怖の棚田・・・ 失われた能力? | トップページ | はやく みすぎた 初夢 ? »

2010年12月26日 (日)

土と 火と 水と 空に 祈る - アート・プロジェクト in Hapao/Baang

12月18日の夜、「棚田慰霊パフォーマンス」が バアン村の小学校と棚田の中で開かれた。

(イベントの概要は こちらで どうぞ。)

7img_2524

バアンの小学校の校庭から 舞台となった棚田を見下ろす。

田んぼの中には 千個のキャンドル。 そして、白いノボリ、かがり火とオブジェが 浮かび上がった。

8img_2527

尺八など日本からやってきたミュージシャン達とフィリピンのミュージシャン達が共演、幻想的な音楽がながれ、田んぼの中でのパフォーマンスが繰り広げられた。

7img_2554

純アマントさんの 迫真の演技。

・・・しかし、地元の田舎の人たちにとってみりゃあ、相当「ぶっ飛んで」いたと思います。

私の後ろにいた男が、「あの動きは どういう意味だっぺ?」。

そりゃあ 少しは慣れている日本人だって びっくりするぐらいだからねえ。

7img_2571

このバアン・ハパオ村から南に20キロくらいの山の中に、戦争中「大和基地」と呼ばれた 日本軍最後の砦があったわけです。

陸軍大将の山下奉文は、そこからキャンガン村に下りて、その翌日にバギオ市のキャンプ・ジョン・ヘイで 降伏文書に署名をしているんです。 1945年9月3日。

最後の最後、日本軍や日本邦人が この辺りに逃げ込み、飢餓状態の中で、終戦を迎えたわけです。

ですから、今でも 戦争遺児とされる方々や、旧日本兵の次の世代の方々が慰霊の旅をされる場所でもあるということです。

もちろん、この棚田は、この地元の人たちと 侵入者である日本人との間の争い、殺し合いを見た 何も語らぬ証人でもあるのでしょう。

7img_2576

すべての霊に・・・

そして、 日本流のすべての神々に、

土の神に、火の神に、水の神に、空の神に、・・・

祈る。 

そんな パフォーマンスだったと思います。

・・・・

多分、すべての戦没者の霊も 神々も 驚いたと思いますよ。

朝からずっと雨が降りそうな雲行きだったのに、かろうじて眼を開いていたような おぼろ月の夜空でした。

  7img_2596

7img_2602

7img_2606

パフォーマンスの後、 ほっとしたひととき。

御疲れ様でした。

・・・・

で、私達は、ここから 例の棚田の細道を20分あるいて、車道に上がり、フンドアン郡ポブラシオン地区の宿舎に移動したってことでございます。

・・・だから、ここでも ビールなんか飲めない。 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 恐怖の棚田・・・ 失われた能力? | トップページ | はやく みすぎた 初夢 ? »

コメント

その辞書は かなり問題な辞書みたいですねえ。
少なくとも 私の日本語の生徒向けには 採用不可ですね。

私が使っている辞書には こうあります:
本邸 = 本人が一番恐れる山の神が住む邸宅
別邸 = 本人が別人になりたいという願望を満たす邸宅

ところで、我が家でも何故か、子と孫は女ばかり。
我が兄弟姉妹のところでも、子と孫は女ばかり。
神様はどういうふうに割り振ってるんでしょうねえ。


投稿: させ たもつ | 2011年1月 1日 (土) 14時32分

耕次苑によると、別邸は「女性を住まわせるところ」とありますね。ちなみに我が家は 奥様が ♀、娘が ♀、 ワンちゃんが ♀、 猫の長女が ♀、 次女も ♀、 三女も ♀ です。

投稿: 印南 | 2011年1月 1日 (土) 10時47分

なんですか、その「フィリピン以外は」ってのは??

大晦日のどさくさまぎれに 人聞きの悪いことを・・・

うちの別邸には 猫二匹と犬四匹がいるだけです。
大家さんの犬猫ですけど。

こっちは、大晦日の花火が あちこちで上がり始めました。

では、では、美味しい年越し蕎麦でもお楽しみ下さい。


投稿: させ たもつ | 2010年12月31日 (金) 21時50分

はい、 NHKのBSを ケーブル・テレビで流しているんです。
日本語のチャンネルはひとつだけですけどね。

投稿: させ たもつ | 2010年12月31日 (金) 21時46分

勝浦別邸といい、フィリピン別邸といい、僕の友人にはなんで「別邸」を持っている人が多いんだろう? 御宿に別邸を持っている人もいますね。 不思議にその別邸には女性がいないようですね、フィリピン以外は。

投稿: 印南 | 2010年12月31日 (金) 18時57分

あれ! フィリピンで紅白見られるの?

投稿: 印南 | 2010年12月31日 (金) 18時47分

印南さん、
そうですか。 勝浦で真実に目覚めましたか。(笑)
はい、鍛えなおしてお出まし下さい。

今年は 私が充実していたと言うよりも、私の周りの人たちの充実ぶりに ちょっと便乗させていただいたっちゅう感じですかね。

来年は自分が充実できるようにしたいものです。

27日から風邪を引いてしまい、体中の節々が痛くて、頭もすっきりせず、ビールも飲まず、散々の年末です。
ごろごろしながら 紅白を見ることにしています。


来年もよろしくお願い致します。

投稿: させ たもつ | 2010年12月31日 (金) 18時40分

小国さん、もうすぐ今年も終わりますが、 小国さんは充実した一年だったようですね。
昨日友人の U さんの勝浦別邸にいってきました。ブラックバスが釣れる池が近くにあるということで、道なき道を少し歩いたんですが、足が上がらないし、バランスは崩すしで、体が頭についていってないことを実感しました。そう言えば、先日、女子高校生に電車で席を譲られましたね。 見かけも頭で思っているより年をとっているんですね。 棚田を散歩するのはちょっと体を鍛え直してからですね!

投稿: 印南 | 2010年12月31日 (金) 17時59分

Isshin さん、
本当にそう思います。 
CGN代表の反町さんが 日本、フィリピン双方の関係者に声を掛けて 多くの制約の中で、それも山奥という最悪の条件の中で 実行してしまうんですから。
本当に凄いというしかありません。

私は 見に行って、「ちょう怖い~~~」と言いながら 酒を飲んでいるだけの おっさん してます。

投稿: させ たもつ | 2010年12月26日 (日) 22時00分

「棚田保全と平和構築のためのアート・プロジェクト in Hapao/Baan」…すごいですね!

知れば知るほど意義深く、貴重なものだと感じます。
企画から実行に移すまでのご準備、大変なご苦労があったことと思いますが…。
よくぞ、ここまで…、といった感銘を受けました。

慰霊のパーフォーマンス、神秘的、幻想的で、写真からも、その迫力や現場の熱気が伝わってくるようでした。

世界遺産の中での、大きな足跡ですね。
それにしても、すごい場所だ…。
お疲れ様でした!

投稿: Isshin | 2010年12月26日 (日) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/50404460

この記事へのトラックバック一覧です: 土と 火と 水と 空に 祈る - アート・プロジェクト in Hapao/Baang:

« 恐怖の棚田・・・ 失われた能力? | トップページ | はやく みすぎた 初夢 ? »