« 彷徨える魂を鎮めるには・・・7 | トップページ | バギオーカヤパーアリタオ道路を通って バナウエ、ハパオ、フンドアンへ »

2010年12月16日 (木)

ちょっと イフガオ州の バナウエとハパオに行ってきます。

12月17日から19日まで、フィリピンの世界遺産で有名な ライス・テラスがある バナウエと、それからさらに山奥の ハパオ村に行ってきます。

バギオからだと片道10時間くらいでしょうか。

その山奥っていうのは、戦争が終わる頃に、日本軍や在留邦人が追い詰められて、飢餓状態になり、山下大将が最後に立てこもった場所に近いところなんです。

ですから、当然、当地の山岳民族であるイフガオ族との間でも戦闘はあったわけで、その敵味方双方の犠牲者のために慰霊の意味を込めて、日本から来た10名ほどのアーティストたちが 様々なパフォーマンスをやることになったんです。

それを 私は見に行くだけ、なんですけどね。

バギオからバナウエまでは、まあ、なんとか行けそうなんですけど、その先がどうなるか分からない。

バナウエからハパオまでは、普通の自動車はあまり走っていないらしく、定期便のジープニーで かなり険しい山道を行くか、オートのトライシクルを借り切って行くしかないらしいんです。 一応 タクシーを借り切ってはいるんですが・・・。 その山道を走ることができるかどうか・・・・。

あげく、宿舎は そのジープニーが通る山道から、棚田の中を20~30分歩かないと行けないそうで・・・

雨が降らないことを祈るのみ。

詳しくは こちらで どうぞ。

・・・・・

「阿弥陀経」のお勉強は その後にやります。

本当なら、今回のイベントに間に合えば、阿弥陀経をあげることも出来たんですけどね。

遅かった・・・・

|

« 彷徨える魂を鎮めるには・・・7 | トップページ | バギオーカヤパーアリタオ道路を通って バナウエ、ハパオ、フンドアンへ »

コメント

印南さん、随分都会人ですねえ。
しかし、海の中で・・・とは これまた大胆というか、凄い発想ですね。
映像が眼に浮かぶようです。 あはは

今回のハパオのトイレは、日本式に似ていて、綺麗に掃除してありました。
かえって都会のトイレの方が汚いですね。

人が多くなるほど、だれも責任を持たなくなるということじゃないでしょうか。

あんな山奥で あんなに素晴らしい棚田を維持している人たちは それだけで文化人だと思います。
実に感動ものです。

投稿: させ たもつ | 2010年12月20日 (月) 09時04分

小国さんが言うのだから、まあ大変なところだったのでしょうね。我々文化人と言われている人はトイレがダメでしょうね。 海でトイレに行きたくなって海の中で用をたしましたが、なかなか出ないもんですね。 外房だったから波が荒くて、ウンチと一緒に波にもまれたことがありました。 僕が住んでいたマンションはベランダが広くて 15畳ほどあったんです。 そこにテントをはって寝たことがあるんですが、風の音で寝ることができませんでしたね。

投稿: 印南 耕次 | 2010年12月20日 (月) 00時47分

只今 無事に戻って参りました。

いや~~、大変なところでした。
戦時中とは言え、よくもこんな山奥まで来たもんだと 信じられない思いがしました。

その内容は おいおいこのブログで 書いてみます。

天気はきわどくセーフ。 
雨が降っていたら無事には済まなかっただろうと、考えただけでもゾッとします。

投稿: させ たもつ | 2010年12月19日 (日) 22時15分

「日本から来た10名ほどのアーティストたちが 様々なパフォーマンスをやる」といってもアーティスト達は行くのも大変なんですね。 食うものもなくて、そんなところに追いつめられると、なんか想像もできないですね。平和な日本に生まれてよかったと思います。日本のアーティストにはいい人がいるんですね!

投稿: 印南 耕次 | 2010年12月19日 (日) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/50320220

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと イフガオ州の バナウエとハパオに行ってきます。:

« 彷徨える魂を鎮めるには・・・7 | トップページ | バギオーカヤパーアリタオ道路を通って バナウエ、ハパオ、フンドアンへ »