« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »

2010年8月19日 (木)

この文化に どう反応したものやら・・・

「だれでも あなたを 微笑ませることはできる。 だが、全ての人が あなたを 幸せに出来るわけではない。 だから、微笑みを企てることは簡単に出来ても、幸せを見ることは少ない。 私は・・・一度っきりかもしれないけど、あなたを幸せにしたよね?」

「あなたの夜が素晴らしい祝福に満たされた花園でありますように。 そして、あなたの人生があなたの心に寄り添ってひとつひとつの夢を花開かせますように。 あなたがする事の全てに神様がいらっしゃいますように。」

「今日の結論。 悲しい気持ちのまま床に就くと、悪夢と邪悪の闇が口を広げて待っている。」

 

若い女性たちから 年配の人たちまで、敬虔なクリスチャンであるフィリピン人の知人、友人、生徒などに このようなメッセージを 携帯メールでいただくことが多い。

しかし、私は どうも この手のメッセージが 苦手である。

何故か?

どういう言葉を、気の利いた言葉を 返せばいいのか

さっぱり見当がつかないからだ。

元々 性格が 天邪鬼な身であれば、茶化す言葉なら 出てくるのだが・・・

しかし、次の言葉は ちょっとお気に入りの文句であった。

「アリさんより: どんなに仕事が忙しくても、私たちって 友達に会うと 立ち止まって 挨拶するくらいは なんとかできるのよ。 おやすみなさい。」

まあ、これなら ちょっと 「おやすみなさい」くらいは 返すことが出来るんですけどね。

どなたか、お洒落な返信を 教えてくだされ・・・・

南無阿弥陀仏・・ (やっぱ 天邪鬼だ)

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

楽しうて、やがて・・・・

日本の某団体からの委託で教えている日本語教室。

毎年750時間、およそ10ヶ月間の長丁場で教える契約。

06img_0456

しかし、その750時間を最後まで全員がやり続けられるわけではない。

最初の180時間のコースが終わった8月13日。

その修了試験。 つまりは選抜試験。

06img_0556

・・・でも、まあ、とりあえず目出度く修了したわけだからさ、お祝いです。

カラオケ画面に韓流スターの映像が出るや 「きゃ~~、きゃ~~」ってな大騒ぎ。

フィリピンでも韓国文化の浸透は凄まじい。 あっぱれ。

06img_0541

世の常とはいいながら、この中の2~3人しか選抜されないという現実。

カラオケの100点満点の大騒動とはうらはらに、ビールを飲んでも何故か酔えないのでありました。

・・・ところで、写真の一番右は日本人の方ですよ。

日本語教師の仕事をされている方が、授業を聴講して、直接教授法での教え方を研究中なんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月25日 - 2010年7月31日 | トップページ | 2010年8月29日 - 2010年9月4日 »