« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »

2010年12月11日 (土)

バギオのクリスマス

9img_2321

飛ぶ鳥を落とす勢いの SMバギオ

9img_2315

日本じゃあ、こんな大きなサンタは無理でしょう・・・・

さすがに クリスチャンの国ならでは と言うべきか。

それも、フィリピンの地方都市にあるデパートが こんなのを置いている。

本当に貧乏な国なの???

目抜き通りの セッション・ロードでは 週末になると雪が降っているそうです・・・

日本のスキー場で 雪不足の時に使われている 降雪機を使っているらしい。

バギオは今から 4月ごろまでが シーズン。

あなたも 避暑地・・・・?

日本からなら 避寒地へ いかがですか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月10日 (金)

彷徨える魂を鎮めるには・・・6

5の中で 儒教について少し書きましたが、こちらのサイトにもっと
詳しい儒教から日本の葬式仏教への影響がありましたので、
要点を リスト・アップしてみます:
http://www.heisei-shin.com/writings_box/religion_page/religion_25_4.html

日本の一般的な葬儀のときの祭壇を見ると、柩を置き、白木の位牌を立て、
故人の写真を添える。それは事実上は故人のための設営である。
・・・ 仏教者として拝すべき最も大切な本尊は、一番奥にあたかも
飾り物のように置かれているだけだ。

参列者の何人が本尊に対して祈りを捧げ、死者を輪廻転生の苦しみから
救ってほしいと願っているのだろうか。

加地氏によれば、日本の仏式葬儀では儒教の「招魂再生」をしているのである。

位牌のルーツも仏教ではなく、儒教である。

古代中国には、人間の魂は死んだあとも不滅で、しかも、その人間の個性
が失われないまま残るという信仰がありました。

(仏教の)輪廻転生も魂は不滅だというのは同じですが、・・・前世の記憶を
なくしてしまうのが普通です。

古代中国の霊魂不滅説は輪廻転生説とは根本的に異なる ものであり、
それを象徴しているのが「位牌」なのである。

墓も同様である。 「空」を唱える仏教の考えでは本来、墓というものは
不要
だが、儒教においては重要である。

儒教・・遺体にせよ遺骨にせよ、何か形となるものを残しておかなければ、
招魂再生のときに困る・・

盆の行事も、やはり儒教の先祖祭祀である。

三回忌の期間も仏教ではなく、儒教から来たものである。

・・・ 以上のように、まあ、これでもかってくらいに、いろいろありました。

それで、ちょっと 浄土真宗での扱いを こちらのサイトで調べてみますと:
http://www2.big.or.jp/~yba/column/sougi.html

まず、葬儀は故人に対する追善供養回向の仏事や単なる告別の式ではなく、
・・・人生無常のことわりを聞法して、仏縁を深める報謝の仏事である。

ご本尊に対するお礼の勤行です。 
遺体に対して読経するのではありません

魔よけの刀などの刃物類は置かない。
着物を左前や逆さ着にはしない。
遺体の前や枕元には「枕かざり」は置かない。

棺の中に、いわゆる旅装束は入れない

正面中央には、ご本尊(阿弥陀如来)の絵像か南無阿弥陀仏のお名号を
必ず奉懸もしくは安置する。

遺体や遺骨・遺影(写真)、白木の位牌は礼拝の対象ではありません

供物はご本尊にお供えするもので、故人に対してお供えするものではありません。

遺影や位牌の前には 一切お供えしないで下さい。

浄土真宗では、いずれの場合でも位牌は使用しません
本来は紙に法名を書いたものを用いるのですが、・・・
過去帳に記載するのが正式です。

また、白木の位牌は単に故人の法名等を記載したものです。
「位牌に故人の霊が宿っているから特に大切にしなさい」などという
言い方は不適切です。

・・・・「正信偈」が葬場勤行のなかにありますね。
そして、浄土真宗で使用しない言葉、使用する言葉があります:

ご霊前ではなく、ご仏前
冥福を祈るではなく、 ご遺徳を偲び哀悼
故人の霊・・・は使わない
ご回向ではなく、読経。

永眠ではなく、往生
草葉の陰ではなく、お浄土
安らかにお眠りではなく、哀悼の意。

塩で清めることは、死・死者を穢れとする神道よりの考え方で、
・・・清め塩を使用しないで下さい。

浄土真宗では阿弥陀仏の救いによって、亡くなった方は、
ただちにお浄土に往生し、仏にならさせていただく宗旨でありますので、
灯りを一日中付けておいたり、・・・する必要はありません。

・・・などなど、自分の家が浄土真宗であるのに、
こんなことは全く、今の今まで 知りませんでした。
あ~~あ、恥ずかしい。

他の宗派はどうだか 調べてみたいような気もしますが・・・、
それなりに 神道や儒教の影響を排除しようという努力はしているんですね。

ーーーーーーーーーーーー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 9日 (木)

メイド・カフェ と AKB48 って こんなんだっけ?

ちょっと 彷徨う魂に こんなんどうでしょう・・・

9img_2236

メイド・カフェ??

9img_2270x

すみませんねえ。 ちょっと暗いところで撮影したもんですから・・・。

9img_2290

AKB48 かな??

9img_2253

これって 何かのコスプレですか?

・・・で、これは なんなのかって いうと・・・・

8img_2163

UP BAGUIO っていうのは、フィリピン大学バギオ校。

日本で言えば 東京大学の地方分校ってことですね。

9img_2114

大学のキャンパスの中は、このとおり。

すっかりクリスマス状態でして。

9img_2141

その大学の講堂で、アニメ同好会 Anime_HQ というグループが、

日本のアニメ・ソングのコンサート と 甘いものの喫茶店をやるっていうので・・・

9img_2147

ついに バギオの山奥まで 最先端日本文化が押し寄せてきたかってんで、

見に行くことにしたわけです。

8img_2165

「いらっしゃまへ~~」

って感じで、中に入ったわけでして・・・

9img_2125

まあ、こんな日本のアニメを プロジェクターで映したり、

9img_2158

こんなバンド・・・ ドラムの担当が来ないってんで、パソコンで音を出してましたけど・・・・・

9img_2135

なんてったって、その喫茶店の一品が 30円ですからね。

まあ、死ぬほど喰っても大丈夫だってんで、

9img_2213

日本語の生徒達に 「喰い放題」をやらせたんですけどね・・・

「甘すぎて そんなに食べられません。センセイ」 だとさ。

9img_2229

しかし、フィリピンでは普通だとは言え、

このフィリピン大学でさえ、 日程が 元々11月末だったのに、それが

12月9日に変更になり・・・・

土壇場で 12月8日になってしまい・・・

「君達!! ええかげんにせ~~よ!!」

と言いたくはなるんです、当然ね。

9img_2297

・・・でも、こんなん見るとね。。。

「まっ、いいか」

ってなるもんです。 はい。

 

 

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年12月 6日 (月)

八十九歳 お婆ちゃん 子供8人 アメリカ4人

我が下宿の大家のお婆ちゃん。

八十九歳。

9img_1986

毎日、じっとしてはいられない お婆ちゃん。

大きな家の周りの花壇の世話に忙しい。

9img_1956

ん??  もう クリスマス??

教会関係者が お婆ちゃんの誕生日に 歌声を届けにやって来た。

9img_1966

子供たち8人。 男6人、女2人。

そして、その内の4人は もう長年 アメリカ在住。

そのうちの 3人が カリフォルニアからやってきた。

9img_1981

そして、庭では、山岳民族式のお祝いが始まった。

豚をつぶして、大釜で煮る。

9img_2001

そして 山岳民族のお祝いの踊りも始まった。

私は もう5年も ここの下宿人だが、この山岳民族式のお祝いは初めてだ。

カリフォルニアから来た子供たちのプレゼントか・・・

9img_2003

・・・・そして、宴会は 深夜まで続く・・・

久々の家族大集合。

深夜の話は、誰がどこの国で働いているかという話になった。

「最近は、どこの国が ブームなんですか?」

「スペイン、イタリア、・・・」

「甥っ子さんは、今 どこで働いているんですか?」

「シンガポールで、ビジネス・コンサルタントをやってるよ。」

「アメリカはどうですか?」

「今は駄目だね。 失業率が10%以上だからね。」

「どこが 住みやすいんだろう?」

「カナダは いいね。」

親戚の若い男が輪の中にいた。

「シンガポールはいいよ。 ビザもいらないし。」

「こんなところで 酒ばっかり飲んでいてもしょうがない。」

「ところで、カリフォルニアで どんな仕事をしているんですか?」

「通信会社の電気工だよ。 電柱から各家庭に配線する仕事。」

「将来 引退したら どうするんですか?」

「やっぱり フィリピンに帰ってくるさ。」

・・・・・

もう 深夜の2時を 廻っていた。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

彷徨える魂を鎮めるには・・・5

仏式とは言いながら、日本の場合は、かなり神道の考え方や
その慣習、儀礼が入り込んでいるという話なので、
ちょっと 神道に寄り道してみました。

「手にとるように 宗教がわかる本」でつまみ食いをしてみましたところ:

日本の神話では、造物主が人々に直接、指示したり契約を交わす
こともなく、すべては自然にできたものだという暗黙の割り切り
があります。 少なくとも現在の日本人は
「我々はどこから来たかについて厳密にそれを問い詰めることは
なかった」民族であって、一神教による「我々は神によってつくられた」ということを明確にした欧米の精神文化と大きく異なるのです。

叉、神道のいわゆる「穢れ」については、

夫婦であった神、愛する妻イザナミが死んで、嘆き悲しむ夫の
イザナギが、妻のいる「黄泉の国」へ死んだ妻に会いに行く
のですが、そこで 腐ってウジまで湧いた妻の姿をみてしまいます。

そして、夫イザナギは穢れた国に行ってしまったことを悔い、
川に入ります。 死者と接した「穢れ」を浄めるためです。
身につけていたものを脱ぎ捨てるとそれもまた神になり、
すすいでいくそばらから神が生まれます。
穢れたものからも日本の神は誕生するのです。

・・・とあって、「穢れ」もなかなか複雑で、善と悪をはっきり
区別しない あいまいな文化があるんだとか・・・

さらに、

死者を弔う葬式の際、喪中といって他との接触を断つ、
つまり他者を穢さないように努める習慣や、仏教の信者で
あっても、仏教とはまったく関係のないお浄めの塩にこだわる
などの穢れと禊の行為は、日本人が「死」に接する場面に
頻繁に見られます。

・・・・とも書いてあります。

そして、儒教との関連については:

仏教は江戸時代に至るまでは民間の法事や葬式には無関係
でした。 檀家制度ができたことでお墓を境内に造営、
日本人に祖先を大事にする心があったところから、先祖崇拝
を行う儒教からノウハウを取り入れ、戒名を授け、位牌を
崇拝させ、初七日、四十九日の法要を営むことでお布施収入を
生むしくみができます。

・・・で、大乗仏教がかなり変化した日本の仏教で、
それまでは 破戒僧とみられた親鸞さんの浄土真宗以外は
僧侶の「肉食妻帯」は認められていなかったのに、

明治政府は幕府の政策を転換し、仏教界に対し、「肉食妻帯勝手なるべし」と指導しました。
これにより浄土真宗以外の僧侶も妻帯し、寺院では住職の世襲化が可能となります。

・・・・叉、戒名については、

仏式の葬式では故人は通夜の前に戒名を菩提寺につけて
もらいます。 戒名とは本来、出家して受戒した後
むらう僧としての名前です。 建前としては、日本人は
死ぬと出家することになるのです。

・・・などなど、日本仏教には、かなりの変遷があったようです。

こんだけ変化してしまうと、小乗仏教(元祖仏教)の国の人から
「日本の仏教は仏教じゃないよ。」と言われても やっぱ
そうかなって思っちゃいますよね。

ーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一回 アジア太平洋国際平和慰霊祭 in キャンプ・ジョン・ヘイ、Baguio city

2010年12月8日に バギオ市にて 下記のようなイベントが開催されます:

テーマ・ソング: OPEN HAND 

(クリックすれば、右側に日本語訳が出ます。)Open_hand_2

第一回アジア太平洋国際平和慰霊祭開催のご案内

ルソン東北部山岳地帯の山々は黄色いひまわりの花が一面に咲く穏やかな季節になりました。世界中の皆様はいかがお過ごしでしょうか。
来る2010年12月8日に、フィリピン・ベンゲット州バギオ市のキャンプ・ジョンヘイにて、第一回アジア太平洋国際平和慰霊祭を開催することになりました。

1941年12月8日は、旧日本軍がバギオのキャンプジョンヘイを空爆した日です。この日からアジア太平洋戦争が始められました。またバギオ市はフィリピンの先住少数民族イゴロットの諸部族の中心地です。戦争中イゴロットも国の防衛に参加し多くの命が失われました。本会にはバギオ市政府およびNGO各位をはじめ、日本人、フィリピン人、アメリカ人、中国人、韓国人ほか、あらゆる国の方々が参加するとともに、フィリピン北ルソンアメリカ軍・第66歩兵部隊(US Arm Fources In the Pilippines North Luzon, 66Infantry)の退役軍人とその遺族も参加いたします。どうか多くの日本の皆様にもご参加いただきたく、ここにご案内させていただきました。

このたびのアジア太平洋国際平和慰霊祭は第一回目です。将来第2回3回と継続し、至らない点を改善しながら、平和祭ウィークへ発展させてゆきたいと考えております。アジア太平洋地域の国々から多くの皆様に参加していただくことを願ってやみません。将来このバギオ国際平和慰霊祭から、アジア太平洋地域の和解、平和と融和を広めて行きたいと考えております。どうかご支援ご協力をいただけますよう、心よりお頼み申し上げます。

開催日時 2010年12月8日水曜日 午前8時開会
場所   ベル・アンピシアター(屋外)キャンプジョンヘイ公園内
フィリピン・ベンゲット州バギオ市
参加費  無料 当日もしくは送金にて献金をお頼みしています。

献金目的 

将来の慰霊碑建立費、企画運営費、平和映画祭開催企画運営費、平和メッセージ集および年報製本費、関連文化イベント費、委員会事務所運営費、会計監査費

詳細・内容などをホームページにてご確認いただけましたら幸いです。
    アドレス http://www.iappmemorial.110mb.com

2010年 11月25日
第一回アジア太平洋国際平和慰霊祭実行委員会
事務局 Research Mate Inc.
1B-39、Abating Bldg. Km5, Betag,
LaTrinidad, Benguet 2601, Philippines

委員長 ベティー・リスティノ
実行委員  今泉 光司

以下は バギオ・ミッドランド新聞の記事です。(クリックして下さい)

09img_2018

お問い合わせ(今泉)メイル; imakoji2@aol.com, 電話63-930-312-4185
この度は諸般の事情により、ご連絡が遅くなったことを心よりお詫びいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »