« 外国人の日本語 と アスペルガー症候群 その3 | トップページ | 「3M」の恐怖!! »

2011年1月11日 (火)

外国人の日本語 と アスペルガー症候群 その4

ひきつづき、
「アメリカ人の日本人観」(宮本美智子・水沢まこと著)
1982年 草思社 発行
からの抜書きです。

AJ)ぼくなんかは学生時代、よく友だちと日本人のことを
  ”われわれ根性”って呼んでた。 日本人がアメリカ人にシリアスな
  意見を言う時には”われわれ日本人は・・こうする、ああする・・”
  ってなるでしょ。
  ・・・
  言葉の違いは文化の違い、日本人のどこがアメリカ人と違うかと
  言ったら、究極、言葉が違うと言ってもいいと思う。

AJ)日本語を話しているときと英語を話しているときと、パーソナリティ
  (人格)が変わるわけ。 だからアメリカ人が日本語をじょうずに
  話せるようになるには、自分の中に”日本語バーソナリティ”を
  見つけ出さなくちゃいけないわけ。

A) ”言葉”の問題なのね。 言葉といっても単に学校で教えてもらう
  言葉じゃなくて、あの人に対してはこういうつき合い方をしたいから、
  こういう風なことを言ったほうがいいとかいう判断ね。

AG)日本人って言葉には出さないけれど、別に表現しないというわけ
  じゃないでしょう? 言うことよりも言わないことのほうに意味が
  ある場合が多いのね。 それが大事なことだったりする。
  その大事なことを分かるのがむつかしい。 相手の気持ちを
  読むことが・・・。
  しかも、自分の気持ちを日本人のような方法で表すのは、
  もっとむつかしい。

A)二人の会話の中で、自分の立場は何か、そして相手の立場は何か
  ってことが、いつもはっきりとしているわけ。 ところが、
  アメリカ人の間では、なんでも決まっていることが少ないから、
  その分自由だけど、かえって自分の立場が曖昧だと思う。
  その結果、アメリカ人同士の会話には、不快感とかぎこちなさとか
  が生まれやすい。

AF)ある意味では、日本の女の人が日本の男を”おい”とか”おまえ”
  と呼べるようになるまでは、日本の男女関係がアメリカの男女関係
  のように、平等にはならないでしょうね。
  ・・・・
  言葉が文化を決めていくわけ。 ”あなた”と”おまえ”は
  同じ”YOU”だと言っても、実際には全然違うものね。

AJ)なぜ日本人が国際的にならないかというと、日本人に外国のことが
  分からないのではなくて、日本人は自分の国のことや文化や言葉
  を外国人に分かってほしくないと・・深いところでは思っている
  からだと思うなあ。

AF)アメリカでは伝統的に文章にはたいした関心を払わないんです。
  会話、つまり語られた言葉の方が書かれた言葉よりも重要なのです。
  ところが日本は反対でしょ? (書き言葉・話言葉)

D)英語ですと、時制、間接話法、直接話法という規則があって、
  自分の考えを表現するには、このルールにのっとるでしょ。
  それが日本語だと人の考えや思いまでが自由自在に作家の
  コントロール下に置かれるのです。 例えば日本語では
  「あの人にそのことを言ったら、ダメだって言うので、
  やっぱりやめることにしたんです」なんて言い方できるでしょう。
  英語では不可能な表現法です。
  「源氏物語」を読むと、日本語のそういった自由自在な流れが
  よく分かるんですよね。

A)コミュニケーション用としては、日本語は英語よりもずっと便利に
  できている言葉です。 例えばぼくが親戚の叔父とかハーヴァード
  で教えてもらっている教授と電話で話すとき、英語には相手への
  尊敬の気持ちを表す言葉や言い回しが全くないことに気がつきます。
  ・・・昔は仮定法というのがあって、便利でした。
  If you would like to ~ とか You should like me to ~
  という丁重な言い方ね。 今は実際にはほとんど使われなく
  なってきています。

BG)どこの国の人間に対してでも、うまい悪口があるもんだ。
  例えばアメリカ人は 声が大きく、がさつで、プラスチックの
  まがいもの風、物質主義。
  イタリア人は 怠け者、色きちがい。
  ドイツ人は吸血鬼。
  日本人はというと ずるい、陰険、不正直・・・

さて、いろいろと抜書きをしてまいりましたが、どう思われますか?

少なくとも アスペさん達にとっては、日本、日本語というのは
むちゃくちゃ住み難い、使いにくい代物だとおもいませんか?

次回は これを基に アスペと日本語、そしてコミュニケーションと
日本語教育を考えてみます。

|

« 外国人の日本語 と アスペルガー症候群 その3 | トップページ | 「3M」の恐怖!! »

コメント

括り方ねえ。 まあ、正直 かなりいい加減かな。
正確が大雑把なもんで・・・

 

投稿: させ たもつ | 2011年1月14日 (金) 22時12分

括り方に疑問はありますが、読んでます。
中々追いついていません。

投稿: 悟空 | 2011年1月14日 (金) 21時52分


自己診断を試してみたければ こんなサイトがありますよ。  33点以上だと 危ないらしいです。

http://asdaily.exblog.jp/4983249/

 

投稿: させ たもつ | 2011年1月11日 (火) 23時31分


私にそんなことを聞かれても 困っちゃうんですけど・・・

こちらのサイトをみると、専門家でもなかなか難しいようですよ:

http://アスペルガー症候群.chew.jp/2007/07/xn--cckua2b8hndxe2906bzdxc.html
しかし実際のところ、アスペルガー症候群の診断は、明確に的確に行われては
いない現状があります。それはなぜでしょうか?


投稿: させ たもつ | 2011年1月11日 (火) 23時13分

させさん、ちょっと質問があります。
アスペルガー症候群というのは、インフルエンザにかかっているかかかっていないかがはっきりしていると同じように、アスペルガーかそうでないか、はっきりしているんですかね? 例えば記憶力の悪い人と良い人は、その間にいろんな人がいて、区分がはっきりしない人がいっぱいいますよね。 アスペルガーというのは、インフルエンザと同じようなはっきりとした病気の一種なんですかね?

投稿: 宇宙人 | 2011年1月11日 (火) 22時50分

Queiさん、コメント 有難う御座います。

いや~~、おっしゃる通りで、私にはアドバイスなんて無理ですね。

一般的な常識的な線で言えることは、そのご本人が どんなことが出来るかを細かく観察してみることじゃないでしょうか。

コミュニケーションに問題があるということならば、定型的な仕事で、他との意思疎通があまり必要のない独立した仕事とか・・・

アスペさんと言っても いろいろなタイプがあるようですから、その人に合った対応をするということぐらいしか言えませんね。

投稿: させ たもつ | 2011年1月11日 (火) 20時58分

またお邪魔しました!
まさに今考えていたテーマのタイトルだったので驚きました。

パート先の友人がおそらくアスペルガーだと思われます。
まさに書かれてあるとおりの特徴で
パート先では仕事がおぼえられず、かなり失敗し、まわりからはかなりきつく言われても
言葉の裏を読むことができないため、本人はとても前向きに長く勤めたいと考えているようです。
時々ほんとにきつく叱られると急に自信をなくし落ちますが、

また何日かしたら忘れる…の繰り返しのよう。
40代で子供の母親で主婦でもあるのですが

同じ部署で働いてる方の話だと明らかに学習障害だってわかるレベルだそうです
アスペルガーの人に向いている職種ってどういうのがあるんでしょうか?

…ってそんなこと知らないでしょうが(笑)もしかしてヒントになることあったらおしえてください。

仕事のことでアドバイスをしたくても

どうアドバイスしてよいか悩んでるところでした〜

投稿: Quei | 2011年1月11日 (火) 20時42分

ふんふん鳥さん、
そうでしたか。 わたしも今分析しながら、英語の方が日本語よりも アスペの人たちには向いているんじゃないかと考えています。
ここの引用文の中にもありますが、「英語パーソナリティ」と「日本語パーソナリティ」の違いです。
以前から 自分自身、そのような違いがあることを感じていました。

実際にアスペの子たちに英語を教えてみて、いかがでしょうか?
よい効果がありましたか。
 
フィリピンで英語キャンプですか。 なかなかいいプロジェクトですね。
 
 

投稿: させ たもつ | 2011年1月11日 (火) 17時21分

私が アスペの子どもたちに英語教育を!と考えたのには理由は、英語という言語が非常にアスペやADHDの特性に合っているという点です。アメリカには こういった個性を持つ子ども専門のアカデミーもあるのですが、英語という言語を使用する環境は、彼らに 「生きていきやすい」と思います。ストレートな表現の許容範囲が広いというのでしょうか。
フィリピンで 日本人のこういった個性のある子どもたちのキャンプをやってみたいですね。

投稿: ふんふん鳥 | 2011年1月11日 (火) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/50557440

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人の日本語 と アスペルガー症候群 その4:

« 外国人の日本語 と アスペルガー症候群 その3 | トップページ | 「3M」の恐怖!! »