« 上の句 下の句 | トップページ | Session Road in Bloom バギオ・フラワー・フェスティバル 2011 »

2011年3月 3日 (木)

そりゃあ簡単じゃあ ある「まい」

「彼はその現場には二度と行くまいと思った。」

あなたは、こんな文章があったら どう理解しますか?

彼は 「その現場には 二度と行くまい」 と思った。 (A)

「彼は その現場には 二度と行くまい」 と思った。 (B)

(A)ですか? (B)ですか ?

なにが違うのかって?

(B)の場合は、省略されている (私は)を補うと、

「彼は その現場には 二度と行くまい」 と(私は)思った。

つまり、 「彼が」思ったのか、「私が」思ったのかが違うわけです。

ここで、「行くまい」の意味は:
(A)の場合は、 「行かないようにしよう」って意味で、
(B)の場合は、 「行かないだろう」って意味になるわけですよね。

これが英語だったら どうなるんでしょうね?

He thought that he would not go there again.
I thought that he would not go there again.

・・・でしょうか?

英語に比べて日本語は論理的じゃない、主語がないって、
良く言われるのは こういうことですかね?

以上、中上級の日本語を教えている教室のひとこまでした。

・・・・じゃあ、これは どうですかね??

「彼女は 美人はくめえ だと思っている。」

彼女は 「美人はくめえ」 だと思っている。

「彼女は 美人はくめえ だ」 と思っている。

・・・・え~~っと、この場合は、「私が」ってわけじゃ ないですよ。 

ふふふ

( こういう落語は ご存知ですか? )

 

|

« 上の句 下の句 | トップページ | Session Road in Bloom バギオ・フラワー・フェスティバル 2011 »

コメント

越中屋店主さん、 ご無沙汰でした。
ほう、それは 本当に強行軍ですね。

母上が永住されているんですか。

お気をつけて。

最近の御代官様は ひな壇から転げ落ちて、
菱餅の角で 頭を打って もがいております・・・(笑)

投稿: させ たもつ | 2011年3月 7日 (月) 17時29分

「これは いとおかし」
流石に最上級のお代官様は違いますね~。
と、1年振りのコメントです。
来週初めにパンガシナンへ行きますが、今回は母(永住5年目)の見舞いだけなので、三泊四日の強行軍でございまする。
バギオでの熱い再会は、次回のお楽しみ・・。
・・・ですね、お代官様。

投稿: 越中屋店主 | 2011年3月 7日 (月) 09時55分

そうねえ~~、そう言えなくもないですね。

投稿: させ たもつ | 2011年3月 4日 (金) 15時04分

はい、私の子供の頃の「はくめえ」の女性にとっての公道での御用はそんなに珍しいことではなかった。
勿論わが祖母もそうでした。
昔の方が今よりよっぽど男女平等だったと思います。

投稿: 悟空 | 2011年3月 4日 (金) 10時54分

悟空さん、
はい、私が小学生になるかならないかの頃でしたが、
その「美人」のお婆ちゃんが 公道の側溝で 大胆に 御用をお足しの衝撃映像を見たことがあります。 (笑)

投稿: させ たもつ | 2011年3月 3日 (木) 14時43分

日本では美人に限らず「はくめえ」だったのに・・・
私の祖母も「はくめえ」でした。

投稿: 悟空 | 2011年3月 3日 (木) 11時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/51017119

この記事へのトラックバック一覧です: そりゃあ簡単じゃあ ある「まい」:

« 上の句 下の句 | トップページ | Session Road in Bloom バギオ・フラワー・フェスティバル 2011 »