« やっぱり 日本は 社会主義だったのか | トップページ | 第一回 たけし日本語学校 日本語教師同窓会 in 新宿 »

2011年5月23日 (月)

NHK 「クジラと生きる」 

皆さん、この番組は ご覧になりましたか?

http://www.nhk.or.jp/special/onair/110522.html

私は一言でいえば、

このシーシェパードなどの団体がやっている行為は許せません。

少なくとも 不愉快極まりない。

400年ほどの日本の伝統捕鯨で何代にも渡って生活をしてきた、平和で、善良な漁師町の人々を、ある特定の価値観を押し付ける形で、それも全くの「いじめ」「いやがらせ」としか見えないやり方で 個人攻撃をするというのが許せない。

これは私にはまったくの文化テロリズムと映るのです。

あなたの職場、それもファミリー・ビジネスのような職場に、ある日突然、地球の裏側の人間たちがやってきて、お前の仕事は間違っているからやめろ! と 様々な嫌がらせを受けたらどう思いますか。 お前たちの食っているものは先進国欧米の価値観に照らして「野蛮である」「残虐である」と言われたら・・・

こちらのサイトの映像も是非ご覧ください。

テキサス親父 (字幕)シーシェパードが太地でやりたい放題」

http://www.youtube.com/watch?v=qM3lOW12ZeA

「不愉快なシーシェパード・大地の現状」

http://www.youtube.com/watch?v=QUcfAyTTFd0&NR=1

「なぜ太地町の漁師をいじめるのか?」

→シーシェパード「楽しいから」

http://www.youtube.com/watch?v=9aR8aw6F9wY&feature=related

少なくとも、様々な汚い言葉を善良な漁師たちに浴びせげかける、醜悪な姿は、いかに高尚なことを考えていたとしても、彼等の人間性を疑うに十分です。

欧米、オーストラリアなどの医師、弁護士、学者などがこれらのグループのメンバーとして日本に「いじめ」に来ているのだという。

彼等のようなインテリたちが このような形で 善良な町を潰しにかかっていることに 憤慨すると同時に 悲しくてならない。

漁師を、日本人を、日本の伝統文化を無視した、結果さえ自分たちの思うとおりになれば 手段を選ばないやり方には 我慢がなりません。

私は このNHKの番組を見て、 憤慨のあまり昨日の夜は深夜の3時ごろまで眠れませんでした。

和歌山県太地町の漁師の皆さん、そして家族の皆さん、

胸を張ってください。

  

 

|

« やっぱり 日本は 社会主義だったのか | トップページ | 第一回 たけし日本語学校 日本語教師同窓会 in 新宿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/51749170

この記事へのトラックバック一覧です: NHK 「クジラと生きる」 :

« やっぱり 日本は 社会主義だったのか | トップページ | 第一回 たけし日本語学校 日本語教師同窓会 in 新宿 »