« 京都、西本願寺、知恩院、念仏ツアー | トップページ | 「『教行信証』を読む」 を読む - その1 »

2011年6月 3日 (金)

「唖然とした」女

こんなニュースがありました。

座席リクライニングで乗客がけんか、戦闘機出動
http://www.cnn.co.jp/fringe/30002944.html

それで、忘れていた小ネタを思い出したんです。

「唖然とした」女

このタイトルを見て、あなたは次のどちらだと思いましたか?

「私が唖然とした」女

「なにかに唖然とした その」女

私の小ネタは、この二つの意味を含む フィリピンでの話です。

それは私が日本への一時帰国を終わって、成田からマニラに
到着し、ビクトリーライナーのバスでバギオへ向っていた
時のことでした。

マニラのパサイのバス・ターミナルをそろそろ出発するぞと
いう時、バス会社の保安係の女がバスの中をチェックしながら
通路を歩いていました。

そして、持ち主が近くにいない荷物に気がついたんです。
すると、その座席から通路を挟んで右後ろの席の女が
「あら、ごめんなさい。」と荷物を自分の席にひっぱった
んです。
その女のすぐ後ろに私は座っていました。

つまり、その女はバスの進行方向に向って、通路の右側で
通路側に座り、私はその女の後ろの席なんです。

その女の窓側には、若い主婦のような女が座り、
その女の通路を挟んで隣りには、その主婦の旦那らしき男が
小さい子供と一緒に座っていました。

つまり、その女は、家族の間に割って入った席にいたわけ。

どうも、その女は、座席指定の番号が書いてある乗車券を
持っていなかったようなんですね。

バスの車掌が来たら、その場でお金を払って、空いている
席にすわれば問題はないんですけど・・・。

そして、バスはパサイのターミナルを出発しました。

しばらくすると、エアコン・バスの苦行が始まります。

「エアコン・バス」って何だ? って思った方。
あなたは 立派な日本人です。
フィリピン初心者ですね。

「エアコンなんて付いているのが当たり前だろう!」
って思いますよね、フツー。
そうです、それでいいんです。あなたの感覚は正常です。

それがフツーじゃないのがフィリピンなんですね。
「エアコン付き」と「エアコン無し」のバスがあるんです。
めっちゃ暑いマニラでも・・・です。

・・で、エアコン・バスの苦行 と言うのは、エアコンが
無くて死にそうな暑さになる、って言うんじゃないんです。

その逆。

ビクトリー・ライナーは「寒すぎる」んです。
「エアコン」は特権階級の特典なのです。
それをたっぷりエンジョイしてもらうのが お客様への
サービスとして 当然なんですね。

お客様はエアコン・バスを選んだ金持ちなんですから、
もちろんセーターや革のジャンバーなんかを持っている
ことが前提なんです。 そういうものを持っていない
貧乏人は エアコン無しのバスに乗るべきなんですな、これが。

・・・で、その女の話です。

おもむろにブランケット、薄手の毛布をバッグから取り出し、
それを身体に掛けた・・・。
そう、「掛けた」んだったら普通なんですけどね、
その女は 「かぶっって、もぐりこんだ」んです。

分かりますか? その光景。

毛布を頭から足先まで「かぶって」、毛布の中に
「もぐりこんだ」んです。

まだ、その光景を眼に浮かべるには説明が足りませんね。

バスの座席ですからね。
リクライニングを目一杯後ろに倒したんです。
自分の空間が広くなりますね。
そうすれば、足先を座席の上に上げることだって出来る
訳ですね。
身体全体を座席の上で 膝を抱えて、身体を丸めて、そして、
毛布をかぶって、身体全体が毛布の中に潜り込んだ
かっこうに出来るわけです。

素晴らしいですね。
これでエアコンの効き過ぎに対抗できるってわけです。
金持ちは いかなる時も すぐに毛布を取り出せることが
大切なんですね。

・・・

でも、どうも、それでもダメだったみたいなんです。

その女の腕が にゅ~~~っと伸びましてね、
後部座席の窓の上にある冷気の噴出口の向きを変えたんです。

その女の頭を 目の前にみているのは 私です。
私の右隣りの窓側の席には、若い男が座っていたんです。

しばらくすると、今度は、その若い男が その冷気の
噴出口の向きを叉変えたんですね。

その女が向きを変えたんで、若い男は直接冷気を受けたん
でしょうね。

・・・

そして、叉しばらくすると、その女の腕が そこに伸びるん
ですね。 そして、叉 毛布の中に潜り込むわけです。

「ちょっと すみません。こめんなさい。」
の一言もありませんでした。

「唖然とした」のは、
その女の、すぐ後ろの私、その隣の若い男、その女の隣に
座っている若い主婦、そして 通路を挟んで座っている
その主婦の旦那・・・少なくとも4名ですね。

そして、少なくとも その若い主婦は「唖然とした」女
だったわけです。

分かっていただけますか?

フィリピン人の名誉のために 付け加えておきますが、
こんな女を 私が見たのは 6年間で初めてです。

・・・

どんな顔をした女だったのかって?

美人系の顔でしたよ。
歳の頃は、30代でしょうか。
背が高くて、髪が長くて、・・・
「へえ~~、この女の人がねえ~~」
って感じでした。

教訓: 美人系には気をつけよう!

 
 

|

« 京都、西本願寺、知恩院、念仏ツアー | トップページ | 「『教行信証』を読む」 を読む - その1 »

コメント

越中屋さん、

あれは、準備していないと 完璧に風邪ひきますからねえ。
しかし、準備をしていると 「あほか!」と思われますよね。

投稿: させ たもつ | 2011年6月 7日 (火) 00時34分

確かにサブイ(寒いじゃなくて サブイ )
フィリピンにて永平寺で寒修行をする僧侶の辛さを知りました。

投稿: 越中屋店主 | 2011年6月 6日 (月) 21時37分

あかりさん、

当然ですよ。
筆頭に近いかな。 あははは

投稿: させ たもつ | 2011年6月 5日 (日) 01時49分

じゃあわたしにも気をつけてくださいね~(笑)

投稿: あかり | 2011年6月 5日 (日) 00時06分


美人「系」ってのが微妙でいいでしょう?

シコメ「系」より 面白いじゃないですか。

投稿: させ たもつ | 2011年6月 4日 (土) 01時05分

教訓:美人系にはきをつけろ! というのは、なんか実感がこもっていますね!

投稿: 宇宙人 | 2011年6月 3日 (金) 17時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/51843155

この記事へのトラックバック一覧です: 「唖然とした」女:

« 京都、西本願寺、知恩院、念仏ツアー | トップページ | 「『教行信証』を読む」 を読む - その1 »