« トレーニングに情けは無用 ? | トップページ | フィリピン山岳民族の戦い - 若者が掘り起こす 第66歩兵連隊の記憶 »

2011年8月17日 (水)

底知れぬ恐ろしさ・・・映画・DVD「いのちの食べかた」

私は こんなに底知れぬ恐ろしさをもった映画を 見たことがありません。

06img_6631

この映画には 台詞がありません。

この映画には 音楽もありません。

この映画には ナレーション(解説)もありません。

ただひたすらに、淡々と 映像がながれるのです。

そして、人間が作り出した機械の音が 

無味乾燥な音楽のように バックグラウンドに流れます。

背筋が寒くなりました。

なにも主張する言葉はないのです。

それが怖いのです。

人の声すら ほとんど出てきません。

しかし、その映像が 不思議な主張をするのです。

機械が 自然を もくもくと 収奪するのです。

人間は もはや 機械の補助にしか過ぎないのです

農園が 整然と 広大で 美しいのです。

それが 恐怖になるのです。

元気に走り回る 子豚がいるのです。

それが 悲しいという感情すら 殺していくのです。

人は 何も 産むことは出来ないのです。

そして、人は もくもくと食べるのです。

一対一の殺戮は 野蛮なのでしょうか。

一対一の命のやり取りは 残酷なのでしょうか。

大量殺戮は 生産と呼ばれるのでしょうか。

大量な命の 機械的抹消は 文化的なのでしょうか。

いつの間にか、近未来SF映画を見ているような気持ちになりました。

最後の最後に、宇宙人が現れて

地球上に 満杯になってしまった 人間を

鶏舎に 一杯になった 鶏を 機械で 「刈り取る」ように

「人間すくい」 に 来るんじゃないか

狭い入り口から 整然と並んで 入ったら

頭に コツンと 電極が触れて

次から次に 宇宙人の 食糧になる日が 来るんじゃないか

この映画は 18歳未満の 子どもには 見せてはいけないんじゃないか

こんな映像芸術が 

こんなにも 恐ろしい現実を 表現できるとは・・・・

映画は なにも 語ってはくれません

映像は なにも 教えてはくれません

でも、 あなたに ホラー以上の ホラーを 見せてくれるのです。

06img_6623

06img_6627     

06img_6635

(画像の上で クリックすれば 大きい画面になります。)

この映画の予告編は こちらでご覧になれます。

http://www.youtube.com/watch?v=EmZk-Lwl2Uk

ただし、日本での公開は何年か前に終わっているようです。

   

   

    

|

« トレーニングに情けは無用 ? | トップページ | フィリピン山岳民族の戦い - 若者が掘り起こす 第66歩兵連隊の記憶 »

コメント

sinjikeito21さん、

なるほど、それならなんとか理解の範囲です。

・・・が、追加の部分は 遥かに理解を超えてます。
無限波動、古神道、・・ですか。

勉強します。

  

投稿: させ たもつ | 2011年9月 4日 (日) 01時15分

◆  >させ たもつ様 sinjikeito21です。すいません、文頭が抜けた部分以下です。

◆あのね、空気・水・鉱物、等々一切生命ね。

【(小生、タメ口タメ言葉に付、ご了承下さい)】
   以上が抜けた部分です。

・それから、日本語関連で少々ね。

・最後に全宇宙は波動(素粒子=生命)の世界なのね、古(こ)の+は縦(|)横(―)無尽の口(くち、言葉)の波動で、無限波動科学は古神道の事ですね。まだまだ此れからです。(古事記の「古」も)
・まあまあ、勝手にやってますが、何かのお役に立ちますかどうか。

H 23.9.4 am 0:36 ありがとうございます。

投稿: sinjikeito21 | 2011年9月 4日 (日) 00時38分


sinjikeito21 さん、ご意見有難う御座います。

ちょっと質問ですが、
「生命で無いもの一切造られないのね、創るには一切なのね、例外無しね。」
の意味が今ひとつ分からないんですが、これは

「地上にあるものは全て命である」という意味なんでしょうか?

投稿: させ たもつ | 2011年9月 2日 (金) 22時07分

◆初めまして、意見見ました、で、小生の意見ね。

◆生命で無いもの一切造られないのね、創るには一切なのね、例外無しね。(自己検証で誰でも解るのね、納得するまでね)

・唯ね、動物は動くし、逃げるからね、自分に置き換えれば、感情移入は在るよね、例えば
 イルカや鯨、等々は人と同じ哺乳類で、俺たちオッパイ育ちだよね。

・でね、本当に食肉するならね、手続きが必須なのよ、今からでも即やるの、忘れる様なら 俺と一切無関係だよね、誰でも自由意志、自動自己責任と言う事ね。

・食肉と言う命を、頂くのは、その肉命を生かす、己の人肉命の使命を果たし尽くす働きの為なの。

・因って、頂く毎に、心からその認識新たにし「ありがとうございます」と心の中でもいいから言うの、すると、その肉命が生かされるの、こんな事が判らない様なら食べないの。

・「ありがとうございます」と何でも頂けば、食べた事に成らないの、これを完全断食と言うのね。

H 23.9.2 pm 2:00 ありがとうございます。

投稿: sinjikeito21 | 2011年9月 2日 (金) 14時01分

宇宙人さん、
この映画に 何故底知れぬ恐ろしさがあるかと言うと、それはきっと 命を命と思わない、感じない、怖さだと思うんですよ。

何年か前に、山岳地帯のイフガオ州にお邪魔した折に、結婚式がありまして、そこで大きな豚を料理しているところを見ました。
数頭の豚が断末魔の声を数分間あげていまして、参列者皆がその声を聞き、その後にその内蔵やらなんやら、家の裏に数メートルに渡って並べられました。

そして、結婚式にやってきた大勢の人たちが それを美味しくいただきました。 私もです。(笑)

日頃は食べることが出来ないご馳走を、祭礼の日に、お祈りをしてからいただく。 それが「命のいただき方」なんだなと思ったことでした。

「いただきます!!」

  

投稿: させ たもつ | 2011年8月21日 (日) 10時33分

昔養鶏所でアルバイトをしていて鳥肉が食べられなくなった人がいましたね。 させさんなんか、こんな映画を見ても、美味しく牛肉を食べるでしょう。 僕はこの手の映画は苦手で、見てられないんです。やさしいでしょう、宇宙人は!

投稿: 宇宙人 | 2011年8月21日 (日) 00時36分

悟空さん、
そうでしたか。 是非見てください。

知っている人の話によれば、日本での公開当初は短い期間の上映予定だったそうなんですが、じわじわと人気が出て、結局ロングランになったんだそうです。

言葉がない分だけ 見る人の感受性、想像力をさまざまに拡大する力のある映像だと思いました。

投稿: させ たもつ | 2011年8月18日 (木) 23時20分

この映画は見る予定にしているものなのですが、まだ見ていませんでした。
予告編を見て、必ず見なければと強く思いました。

何処で見るか?
さいたま市の図書館にDVDがあるので借りてみますが、人気が有って予約しても中々順番が回ってきません。
気長に待ちます。

投稿: 悟空 | 2011年8月18日 (木) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/52498335

この記事へのトラックバック一覧です: 底知れぬ恐ろしさ・・・映画・DVD「いのちの食べかた」:

« トレーニングに情けは無用 ? | トップページ | フィリピン山岳民族の戦い - 若者が掘り起こす 第66歩兵連隊の記憶 »