« 「般若心経」の本(17) ダルマ(諸法)の実在性が問題だ    | トップページ | 「般若心経」の本(18) 「知識以前」じゃなくて「前に進める」んだよ   »

2012年1月 2日 (月)

2011年にバギオを宣伝してくれた日本人 ?

 

こんな一行がバギオの地元紙に載っていたんです。

7img_9600b

Japanese Baguio promoter of the year・・・・ Hidenobu Oguni

直訳すれば 「その年の日本人のバギオ・プロモーター」でしょうか。

6img_9597

・・・・で、何なのかと言いますと、新聞記事のこの欄「ノミネーション2011」の一部なんです。

5img_9595

これがその新聞の一面です。 左下に NOMINATIONS 2011 があります。

で、この新聞は バギオ・ミッドランド新聞っていう北ルソン随一の信頼と部数を誇っている新聞なんですね。

そして、ノミネーション2011って言うのは、地元の人に聞いたところ、2011年の様々な出来事を振り返って、バギオ・ミッドランド新聞の編集員などが、真面目に協議をして、いろいろな評価をして決めているらしいんです。

良い評価、悪い評価、皮肉を込めたタイトルとか・・・

それに、「2011年にバギオを宣伝してくれた日本人」ってことで選ばれたみたいなんです。

個人的には「プロモーター」っていう言葉にあまり良いイメージがないんですね、それで辞書で調べたんです。

主催者、興行主、発起人、発頭人、興行師、創設者、創始者、促進者、推奨者、張本人、首唱者、発注者、遺伝子のスイッチをオン・オフして発現を制御されるとされる遺伝子

この翻訳語を眺めながら、はて私は何をやったのかな、って考えたんです。

この言葉を読んでもなんかぴんと来ないんです。

敢えて選べば「促進者」あるいは「推奨者」くらいでしょうか。

まあ、「バギオを宣伝した」ってことぐらいに理解すればいいのかな?

そして、もうひとつ:

8img_9600b

Theater event of the year ........ Over the Milky Way - Tanabata Festival 2

「2011年のシアター・イベント・・・天の川を越えてーたなばた祭2」

ってのもあったんです。

・・・ああ、これか!

これで、何故 「2011年の出来事」にノミネートされたかが なんとなく分かったんです。

バギオに北ルソン日本人会ってのがありまして、そこで活動しているんですけど、 7月に日比友好月間なんてものがありましてね、七夕祭りをやったわけですよ。

それ以外にも、日本大使館や地元の団体、個人の人たちに協力をいただいて、地元の大学などで日本映画祭やら写真展やらをやったりしたんです。

どうも、そういうのを評価していただいたみたいなんです。

「バギオを宣伝した」ってことだと あまりピンと来ないんですけどねえ。

そういう意味では、上に書いたような行事を一番宣伝してくれたのはマニラ新聞あたりじゃないかと思うんです。

マニラ新聞はマニラを中心に日本人向けに発行されている新聞ですからね、それはバギオの宣伝にはなります。

実を言いますとね、ここは北ルソン日本人会の名前を出して欲しかったという思いが強いんです。

自分の名前が新聞に載るっていうのは気恥ずかしいじゃないですか。

悪い気はしませんけど、ちょっとねえ~~。

フィリピンって国は、日本と違って、学校でも会社でも地域でも、やたらめったら褒め称えますからね。

日本じゃあ、そんなことで賞状を出したりはせんだろう、っていうような小さな事でも表彰したり、証明書を出したりするんですよね。

だから、まあ、大したこっちゃないと気軽に受けとめりゃあいいようなもんなんですけど、私みたいな者に 日本国内じゃあ こんな名称を付けたりなんて 金輪際有り得ないことですからね。

もったいなくて、気恥ずかしいんです。

でも、推薦してくださった方には、本当に有難うございます、と御礼いたします。

どこのどなたの推薦なのかは 不明なんです。

多分、あの人かな? その人かな? この人かな? 

ってのはありますけどね。

一番嬉しいのは、バギオという町に関わって 通算すると9年。

北ルソン日本人会が出来て 4年。

地元の皆さんに認めていただいたと言う事が、私の宝です。

素直に喜びたいと思います。

ありがとう ございました。

      

 

 

 

 

Japanese Association in Northern Luzon,  Baguio Midland Courier, January 1, 2012 issue, nomination 2011,  Japan embassy,  Japan foundation, Manila shimbun newspaper

|

« 「般若心経」の本(17) ダルマ(諸法)の実在性が問題だ    | トップページ | 「般若心経」の本(18) 「知識以前」じゃなくて「前に進める」んだよ   »

コメント

あはははは、
宇宙人さん、それ 何人目の奥さんの話ですかあ?

1番目? 2番目 ?

そりゃあ、結婚後もいろいろありますよ。
こういうところで 見栄を張らずに どこで張れっていうんですか。

ちなみに、今の奥さんは1番目ですからね、
一般ピープル 誤解のないようにお願いしまっせ。
これは宇宙人との交信内容ですからね。(笑)


  

投稿: させ たもつ | 2012年1月 5日 (木) 11時10分

させさん、「結婚運は最高だったと」いうことは知りませんが、高校時代に奥さんに惚れて勉強が手につかなくなったという話は聞いていますね。 惚れて結婚したとしても、させさんの場合、結婚後、他の美女と何もなかったということはないと思うな! 誰が読んでいるか分かったもんじゃなかったら、書きたいことがいっぱいあるでしょう。

投稿: 宇宙人 | 2012年1月 5日 (木) 10時57分

isshin さん、

今年もよろしく御願いいたします。

覚悟はしていたんですけど、やっぱり般若心経は大変です。
しばらくは掛かりそうです。

お付き合い下さい。

7日は大丈夫そうですか?
ヘルプが必要だったら声をかけてください。

投稿: させ たもつ | 2012年1月 3日 (火) 21時33分

Dear させ-san,

The New Year 2012…a time for starting over.
No matter who…No matter where…No matter how…
Hope this is the beginning of a wonderful new year.
Wishing you A Very Happy New Year!

今年もよろしくお願いします。
良い年になりますように…。

投稿: Isshin | 2012年1月 3日 (火) 18時31分

宇宙人さん、

いやはや、親の代から金には縁がないですねえ。
まあ、DNAレベルの問題ですから どうにもなりません。

女運ですか? そりゃあ、結婚運は最高だったと ここで書かずにどこで書きますか?
誰が読んでいるか分かったもんじゃないっすからねえ。
へへへへ

投稿: させ たもつ | 2012年1月 3日 (火) 01時02分

普通なら、パソコンを副賞にもらったんですよ! 壊れかけていたから良かった! となりますよね。 させさんは金とは縁がないのですかね。 人は平等に生まれてきているといいますから、金に縁のない人は、女性に縁があるようですよ。 色男、金と力はなかりけりと言いますからね。 女性運は若い時に使いきってしまったかな?

投稿: 宇宙人 | 2012年1月 2日 (月) 19時27分

宇宙人さん、

正賞も副賞もな~~んも無し!

下宿の大家さんに 表彰状とか金一封とかないのか?
って聞いたんですけどね、何もないときっぱり言われてしまいました。

美女のキスもねえ。 
うちの美女のアシスタントに彼氏ができちゃったみたいで、出払っているんですよ・・・

ったく・・・

  

投稿: させ たもつ | 2012年1月 2日 (月) 17時11分

させさん、それで副賞はなんだったんですか? まさか美女のキスだけではないでしょうね?

投稿: 宇宙人 | 2012年1月 2日 (月) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/53633860

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年にバギオを宣伝してくれた日本人 ?:

« 「般若心経」の本(17) ダルマ(諸法)の実在性が問題だ    | トップページ | 「般若心経」の本(18) 「知識以前」じゃなくて「前に進める」んだよ   »