« フィリピンの教育制度 10年制から12年制へ 本当に出来るの? | トップページ | 誰が言ったか知らないが・・・「頭の体操」 日本語教師 »

2012年3月17日 (土)

ZEN 茶 TEA  と バギオ大聖堂

「ZEN」っていう文字を見たら 皆さんはどんなことを連想しますか?

Img_1865a

ZENって言ったら 「禅」、「禅宗」、日本の仏教の宗派のひとつ。

・・・って感じですよね。

おまけに、横に「茶」なんて書いてあるし。

・・・

で、ちょっと思ったんです。 これって中国語からなのか日本語からなのか、ってね。

Img_1865

このお店の屋根なんかの風情をみても、日本のイメージかなあ~~って思ったんですが、wikipediaで調べてみました。

Zen is a school of Mahayana Buddhism[a] which originated in China during the 6th century CE as Chán. From China, Zen spread south to Vietnam, to Korea and east to Japan.[2]

The word Zen is from the Japanese pronunciation of the Middle Chinese word 禪 Dzyen (Modern Mandarin: Chán), which in turn is derived from the Sanskrit word dhyāna, which can be approximately translated as "absorption" or "meditative state".

禅はもちろん中国で生まれた大乗仏教の宗派なわけですね。

ところが、ZENは日本での発音が使われているってことですね。

中国での発音は Dzyen あるいは Chán なんだそうです。

・・・

だから・・・、ZENって書いてあれば、まあ、日本の禅宗をイメージしても間違いじゃあないってことになりますか。

で、仏教ですね。

それがですね・・・・

Img_1864

こういう道のところにあるんです。

向こうのちょっとかすんだ建物はSMバギオです。

この道がどういう道かと言いますと・・・

Img_1868

はい、バギオ大聖堂。 キリスト教の大寺院です。

つまり、この道は日本で言えば 大聖堂の「参道」なんです。

Img_1874a

そのキリスト教の参道に、仏教の宗派である禅のカフェがあってもいいの??

って話です。

まあ、つまらん話ですが・・・

Img_1871

ちなみに、このカフェの隣には、こんなお店がありまして。

Img_1872a

「山の特別な酢」なんてのを売っていたり・・・・・

Img_1872c

有機栽培の、いわゆるオーガニックな無農薬の野菜なんかを売っていたりするわけです。

Img_1879

そして、バギオ大聖堂の大駐車場の片隅には、こんなお店が。

Img_1876

なに屋さんかと思ったら、「魚の干物」 DRIED FISH のお店です。

バギオ大聖堂の駐車場に 魚のひもの??

Img_1878

そして、右側のお店は カフェと本屋さんが合体したものでした。

この本やさんは キリスト教関係の書籍を主に扱っているようです。

これなら大聖堂の近くにある意味が納得できますけどね・・・

・・・・

で、何で 表参道に 「禅ZEN」 なの?

  

  

 

 

 

 

 

   

   

   

   

   

  

バギオ フィリピン 日本人 日本語 中国語 宗教 キリスト教 仏教 禅宗 発音 カフェ 観光 土産 おみやげ コーヒー 魚 本屋 書籍 セッションロード 有機栽培 有機農業 産物 製品 野菜クッキー Cafe Zen in front of Baguio Cathedral   

|

« フィリピンの教育制度 10年制から12年制へ 本当に出来るの? | トップページ | 誰が言ったか知らないが・・・「頭の体操」 日本語教師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/54241931

この記事へのトラックバック一覧です: ZEN 茶 TEA  と バギオ大聖堂:

« フィリピンの教育制度 10年制から12年制へ 本当に出来るの? | トップページ | 誰が言ったか知らないが・・・「頭の体操」 日本語教師 »