« 塩釜、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡、釜石、宮古、東日本大震災・津波の町々を行く | トップページ | 三陸鉄道にも 乗ってください    »

2012年5月 3日 (木)

東日本大震災・津波 被災地見学・ボランティア・ツアー 南三陸町など




今回 三陸海岸方面の被災地見学ツアーに行ったんですが、 南三陸町で一泊したホテルは こんなところでした。

T264

南三陸町のホテル観洋なんです。

「観洋」ですから 当然海の傍なんです。

T250

このように、海辺に建っていまして、津波が2階の天井まで入ってきたそうです。

その2階の和室で一泊したんですが、真新しい畳の匂いがしました。

T257

そして、ホテルのロビーでは、このような写真展なども・・・・

T258_2

このホテルの正面玄関は5階にありまして、高台ですから 今 営業が出来ているというわけです。

T248

今年の2月に このような料理が復活したようです。

T262

そして、このような「語り部」バスもやっています。

T286

そして、ホテル内の売店では 「復興市」と称して 地元の産物を売っています。

R274

ホテルの近くの雑木林から 南三陸町の海岸を望む。。。。

今回の私の旅は まさに観光、見学ツアーだったのですが、

いくつかの旅行代理店が ボランティア・ツアーなども企画しているようです。

東日本大震災復興支援ボランティア (クラブ・ツーリズム)

http://tour.club-t.com/vstour/WEB/web_tour3_tour_tmp.aspx?ToCD=TD&p_company_cd=1002000&p_from=800000&p_baitai=943&p_baitai_web=B007&p_course_no2=41701&li=cSoB

東北ボランティアサポートバスプラン(JTB)

http://www.jtb.co.jp/tabeat/volunteer/

このサイトの中に ホテル観洋の名前が出ていました:

南三陸町のホテル観洋に宿泊してボランティア活動を行います。震災の語り部のお話のプログラムも好評です。

・・・・・・・

T276

ホテルの前の立て看板は ちょっと仰々しいものなんですが、 ホテルの支配人のご挨拶の中で、 多くの人たちが ボランティアや見学ツアーで来て NGOの手伝いや宿泊、土産物などの購入などで 被災地に経済的にも貢献していただくことが とても助かるのだと おっしゃっていました。

R293

このホテルは そういう意味では、南三陸の復旧の拠点になっているような場所のひとつでもあろうかと思います。

もちろん、このような観光が地元の人たちのお邪魔にならないかという懸念はあるかと思いますが、 参考までに下の関連記事をお読みください。

被災地観光の心構え 真摯な気持ちで訪れて

http://sankei.jp.msn.com/life/news/120426/trd12042607420002-n1.htm

R243

R297

被災地のなんらかの役に立ちたい・・・・

T290

見に行って、お金を使うのも、特産品を食べるのも、ボランティアです。

T266

花を見に行くのも・・・・ボランティア・・・

T270_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 塩釜、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡、釜石、宮古、東日本大震災・津波の町々を行く | トップページ | 三陸鉄道にも 乗ってください    »

コメント

はい、私もやはり迷いましたが、仕事をする場所があるというのが被災地にとっては一番大切なのだろうと思いました。そのためにもお金を落とす人たちは必要なのだと思います。

  

投稿: | 2013年9月21日 (土) 10時40分

観光に行くのも復興支援であると言われる今でも見学に行っていいものかと躊躇するところがあり、迷っていたところですが、背中を押していただいた気がします。

投稿: 通りすがり | 2013年9月19日 (木) 13時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/54620280

この記事へのトラックバック一覧です: 東日本大震災・津波 被災地見学・ボランティア・ツアー 南三陸町など:

« 塩釜、南三陸、気仙沼、陸前高田、大船渡、釜石、宮古、東日本大震災・津波の町々を行く | トップページ | 三陸鉄道にも 乗ってください    »