« 「ブッダのことば」 (24) ぶれないのがいいのか、執著しないのがいいのか | トップページ | 五木寛之著「歎異抄の謎」 親鸞をめぐって「私訳 歎異抄」 »

2012年6月 7日 (木)

「朝」とは 何時からなのか? 日本語教師の悩み・・・

バギオでフィリピン人の女子大生に日本語教師養成講座をやって、
あとは修了試験を残すのみの段階まで来たんです。

つい先日その講座で実習をやったんですけどね、「時間」を
どのように教えるかという授業の練習だったんです。

彼女が生徒に説明する絵を描いていましてね、
横軸を24時間の目盛りで刻んで、6AM辺りの点に
太陽が昇ってくる絵を描いているわけです。

0時から6時ころまでの空を黒く塗って、又、19時から
24時までのところも空を黒く塗って、月や星を描き入れて
いるんです。

さて、この教材を使って、朝、昼、夕方、夜、と教える
わけなんですけど、彼女が説明の中で、
0時から6時あたりまで黒く塗った部分を全部「朝」だと
言ったんです。

「???」

午前3時前後が朝??

AMが全部 朝??

私はちょっと驚いたんですね。
もしかして、フィリピン語や英語での感覚というのは
日本語とは違うのかな、ってね。

こういうのがあると、自分の日本語に対する感覚というのも
不安になるものなんです。 日本語教師症候群のひとつですね。

辞書で調べてみました:

朝 = 夜が明けてからの数時間

早朝 = 朝の早いうち

夜 = 太陽がしずんで暗くなっている間。
    日の入りから日の出までの間。

真夜中 = 夜更け、深夜

深夜 = 夜更け、「深夜放送=午前零時以後の放送」

およよ、やばいな。
この辞書でみると、私の感覚、考えも間違いみたいなんです。
4AMは朝じゃないのか?

そこで、類語辞典で、午前2時、午前4時や5時の頃をどう表現
するのが正しいのかをチェックしたんです:
ただ、地域によって微妙ですけどね。

夜中 = 夜の半ばごろ。

夜更け = 夜中よりも遅いころ。

真夜中 = 夜が最も更けたころ。

深夜 = 真夜中のやや文章語的な言い方。

暁 = 夜が明ける前、空が明るくなろうとするところ。

曙 = 夜が明ける前の、ものがかすかにみえるころ。

朝ぼらけ = あけぼの

早暁 = 暁の早い時

残夜 = ざんや、暁になったばかりのころ。

未明 = 夜がまだ明けきらないころ。

朝未き = あさまだき、未明。

明け方 = 夜明けのころ。

・・・さて、皆さん、どう思いますか ?

朝、昼、夕方、夜、とするならば、朝の前は「明け方」ですかね?

私の感覚では、
4AMあるいは5AMごろなら、「朝」って言うフィーリングじゃないか
と思うんですけど・・・

ただ、その広い「朝」の範囲のフィーリングの中で、日頃使っている言葉と
したら「明け方」ぐらいかなと思いませんか?

上に書き出した言葉って、どれもこれも日常的には、会話的には使いませんね。
「明け方」ぐらいしか使いませんよね?

でも「朝」が「日の出」以降だという辞書の定義が間違っていないとすれば、
「日が昇る前は全部夜」なんでしょうかねえ???

あなたの「朝」は、何時に始まりますか?

 

 

 

 

 

 

 

   

   

   

   

フィリピン 日本語教師 バギオ 教授法 教え方 海外で教える 日本語学校 養成学校

|

« 「ブッダのことば」 (24) ぶれないのがいいのか、執著しないのがいいのか | トップページ | 五木寛之著「歎異抄の謎」 親鸞をめぐって「私訳 歎異抄」 »

コメント

宇宙人さん、久しぶりです。

good afternoon は、なんとなく「今日は」よりも厳格なような気がしますね。

英英辞書でみたら こうありました。

the dark part of each 24-hour period when the sun cannot be seen and when most people sleep

国語辞典には「たいていの人たちが寝ている時」という説明はなかったですね。
英語の方が 普通の感覚に近い説明のようです。

good evening と good night の使い分けはどうなんでしょうかねえ。
 
ありました:

good night

used to say goodbye when you are leaving someone or they are leaving at night, or before going to sleep

夜にお別れするときの言葉ですね。


投稿: させ たもつ | 2012年6月11日 (月) 00時30分

悟空さん、基本的には やっぱり人それぞれの 感覚ですよね。 時刻できまるもんじゃあないですね。
それこそ、日本人100人に聞きました、ってな具合でアンケートをとってみるしかないですね。

投稿: させ たもつ | 2012年6月11日 (月) 00時23分

させさん、お久しぶりですね。
ある時11時40分頃、アメリカ人に Good Afternoon といったら、まだ 12時になっていないから Good Morning だと言われましたね。 まあお昼の場合はわかりますけど、夜の場合は、英語でもあいまいですよね。 暗くなったら Good Night でいいんですかね?

投稿: 宇宙人 | 2012年6月 9日 (土) 12時55分

現在の日本語の試験でどのように試されるのかは知りませんが、朝は日の出と共に始まり、夜は日の入りと共に始まるはずです。
「おはよう」は日の出から正午までで、「こんにちは」は正午から日の入りでで、その後は「こんばんは」でしょう。
と、書いてきたら夜であるはずの4時頃は「こんばんは」なのかなとちょっと分からなくなってしまった。
因みに、江戸時代までは時刻が太陽の動きに合わせて変化していたので、例えば「明け六つ」と言っても季節や場所によって数時間のずれが出ていたので今の時刻に当てはめても説明できないと思います。勿論江戸時代には地動説が分かっていて今の時刻に相当するものも有ったが一般の生活は体感できる太陽に拠っていたので季節や場所によって時刻は異なっていたそうです。
言葉は一般の生活から生まれるものなので時刻の呼び方を変えてもそう簡単に変わらないのかもしれないのでしょうがないのかな。この辺のところは日本語の先生に聞きたいところです。

投稿: 悟空 | 2012年6月 9日 (土) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/54900927

この記事へのトラックバック一覧です: 「朝」とは 何時からなのか? 日本語教師の悩み・・・:

« 「ブッダのことば」 (24) ぶれないのがいいのか、執著しないのがいいのか | トップページ | 五木寛之著「歎異抄の謎」 親鸞をめぐって「私訳 歎異抄」 »