« イチロー と 箸 | トップページ | 猫にだって 仁義はある ? »

2012年10月 7日 (日)

女を遠ざけよ! 男を見てはならぬ! 古代インド?

この日本人女性のサイトは 衝撃的です。
インドの片田舎だと思われますが、日本人の私の目からみると
まるで古代インドのような印象を抱かずにはいられません。

この日本人妻の方がお住まいの場所は ブッダガヤ
インド北東部の宗教都市ガヤーの近くにある仏教遺跡があるところ。
お釈迦様がお釈迦様になった、悟りを開いた場所だそうです。

http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%80%E3%82%AC%E3%83%A4/

もしかしたら、「ブッダのことば」の背景となった時代の慣習が
そのまま 今の時代に保存されているのかも・・・

では、ちょっとだけ引用させていただきます:

実録インド生活
結婚編

http://www.interq.or.jp/ruby/mahamaya/okite.html#6

*だんなさんのお兄さん、お父さんに顔を見せるべからず。話してもいけない。

結婚式の日から突然、お兄さんやお父さんに顔を見せたり、しゃべっては
いけないと言われました。そういえば、それまででもお兄さんは日本語
ぺらぺらなのに、全然話をしなかったなと思いました。一つの家に住む
ので、若い年下の女性である弟の嫁に目移りしないためのルールだと
思われます。お兄さんが家にいる時はトイレに行くのも大変です。
廊下にお兄さんがいないことを確認して走ります。もし途中で
お兄さんが出現したらとりあえずすぐ近くの部屋に隠れます。

年上の男性全般に顔を見せないようにします。お客さんが来た時も、
それがだんなさんより年上の場合は隠れます。その人より年上の女性、
もしくは子供達に食事やチャイを運ばせます。

だんなさんの14歳だった妹が新しい学校に入学する時、その学校の
先生が面接に来ました。私はもちろん立ち会うつもりで待っていましたが、
先生が家に到着したとたん、私だけ違う部屋に呼ばれました。
先生は年上の男性なので先生が帰るまでここに隠れていなさいと言うのです。

・・・・・

なんとも「凄い!」としか言いようがありません。

なぜ、このサイトを探し出せたかと言いますと、
こちらの頁で書いた インド人のライフ・スタイルの慣習的な
考え方 「四住期」というものが、今の時代にもなんらかの
形で インド人の生活の中にあるのかどうかが 知りたくなったんです。
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2012/10/post-64a7.html

それで、インターネットでいろいろ検索していて見つけ出したんです。

四住期の中の家長期であっても、徹底して女人を遠ざけるという
のが、それも家族の中でもある、 今でもあるというのが想像を
絶していました。

学生期: 師を見つけ、その下でヴェーダを学習
家長期: 家長として家族を守り、カーストに定められた仕事に従事
林住期: 森に住み、ヴェーダを唱えながら苦行
遍歴期: 乞食をしながら遍歴し、ヴェーダの復唱に専念

イスラム教でも同じような慣習があることはマスコミなどでも
広く知られているところですが、インドのヒンドゥー教あるいは
古代仏教が生まれた場所に、もしかしたらその当時と同じような
慣習が生きているというのが驚異です。

ただ、以前から事あるごとに思っていたんですけど、
日本でも世界でも、政治家やら、役人やら、教師やら、警官やらの
社会的立場にある男どもが、色欲がらみで いろんな失敗をやらかして、
マスコミで叩かれていますよね。

まあ、男だからしょうがないよね、というのが皆本音なんですけど、
男も女も分かっているんですけど、それじゃあどうすると言った
議論は出ることがないわけです。
今の現代社会で 議論しても、法律を厳しくしても、どうにも
ならないことは分かり切っているからでしょうね。

そういう意味で言えば、こういったインドの古い慣習やら、イスラムの掟
などが、古代からの人間の智慧を反映したものなんだろうな、と思うことも
あるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« イチロー と 箸 | トップページ | 猫にだって 仁義はある ? »

コメント

はい、はい、フィリピンだけじゃなく、
私の過去60年余を振り返っても、
かなり「どうにもならないこと」をやっちまってますからねえ。(笑)
お陰様で 二人も子供ができちゃいまして。
「分りきっている」ことを「わかりきった」ように
いろいろやっちゃいました。

今考えると まあ、悲劇というか、喜劇というか・・・・
面白いもんですねえ。

 

   

投稿: させ たもつ | 2012年10月 8日 (月) 07時19分

させさん、させさんはものすごく危険なフィリピンにいますよね。 ”どうにもならないことは分かり切っているから” とは、やはりさせさんも、どうにもならないことになっているんですかね! フフフ、興味津津!

投稿: 宇宙人 | 2012年10月 7日 (日) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/55834875

この記事へのトラックバック一覧です: 女を遠ざけよ! 男を見てはならぬ! 古代インド?:

« イチロー と 箸 | トップページ | 猫にだって 仁義はある ? »