« その21 中村元著「龍樹」ー やっぱ、著者の解説を読まないと分からん | トップページ | コスプレ・グループ頑張る・・バギオのクリスマス・・・花火で幕 ! »

2012年12月22日 (土)

その22 中村元著「龍樹」ー ブッダの言葉には いくらなんでも逆らえない

中村元著「龍樹」の中の、
「 II. ナーガールジュナの思想 ー 「中論」を中心として 」
に戻ってきました。

「5. 論争の意義」を読んでいます。 

「不生不滅」のところです。

「中論」での論理は「不来不去」の証明と同じであるとして、
次のように述べています。

p137
いま現に生じつつあるものも、すでに生じたものも、未だ生じて
いないものも、けっして生じない。 
いま現に去りつつあるもの、
すでに去ったもの、未だ去らないものについて、このように
説明されている。」

「未だ滅びないものも滅びない。 すでに滅んでしまったものも
滅びない。 いま現に滅びつつあるものもまた同様に滅びない。」

・・・ってことで、論法は一貫しているようです。

「不断不常」のところです。

ここは、ほかのものと違って、違いがあるそうです。

p138
不断不常の証明を検討してみると、これを他の不来、不去、不一、
不異、不生、不滅の証明の場合と比べると著しい相違がある
のに
気が付く。

その記述を比較するとこのようになっています・・・・

<法有> 
生、滅、一、異、去、来 を認めている。

<法空>
上記を認めず
不生、不滅、不一、不異、不来、不去 を主張。

しかし、「断滅」と「常住」については、双方ともにこれを排斥している
そうです。
そして、もちろん、自説の論理の方が正しいのだと主張しているらしい。

p138
元来ブッダは仏教外の諸派の説を断または常の見解に堕するものと
して排斥したのであるから、かりそめにも仏教徒たるものは
けっして断滅と常住との偏見をもつことは立場上許されない。

p139
すなわちいかなる個人存在もまたいかなる事物を永久に存在する
(常住)と考えてはならないし、また反対にただ消え失せて
しまうだけである(断滅)と考えてもならない。

「不断不滅」は仏教徒にとっては絶対の真理である。

・・・そこで、著者は、どういっているかっていうと、

p139
しかしながら有部のように、ダルマを独立の実体とみなし、
これが過去現在未来の三世に恒有であるというならば、
著しく集積説に近くなるから、これははたして「不常不滅」を
説いたブッダの思想に忠実であるといいうるのであろうか。

・・・ってことになります。

そこで、龍樹さんの主張はっていうと、

p140
「何故に業は生じないのであるか。 それは本質をもたないもの
(無自性)であるからである。 またそれが不生であるが故に
(生じたものではないから)、滅失することはない」

「もしも業がそれ自体として(自性上)存在するならば疑いもなく
常住であろう。 また業は作られたものではないことになるで
あろう。 何となれば常住なるものは作られることがないからである。」

・・・上記の龍樹さんの言葉は、説一切有部の主張に対する反論
という形で出て来ているようなんですけど、
その<法有>側がどう言っているかっていうと、

p140
「そうして心から個人存在の連続が(起こり)、また個人存在の
連続から果報の生起が有り、果報は業に基づいているから、
断でもなく、また常でもない。」

・・・これは私には理解不能です。
それに、果報とか業とかいう言葉自体も、私がもっている概念、意味とは
もしかして違うのかなという気持ちもあります。
いわゆる一般的(という自信もないですが)「果報は寝て待て」とか
「人の業ってものはどうにもならん」とかいうようなレベルの
ことなのか・・・
要するに、<法有>側の言っていることは分かりません。

そして、著者は この二つの論理についてどういっているかと
いいますと、

p142
(双方の)自己の説においては断常の理論的欠点の無いことを
お互いに主張し合っている。
どちらがブッダの真意に近いかという問題に関しては、なお独立の
研究を要する・・・

としています。

いずれにせよ、この「不断不常」のところだけは、
結論は同じことを言っているけれども、説明の論理がまったく
ことなるということのようです。

==その23に続く==

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« その21 中村元著「龍樹」ー やっぱ、著者の解説を読まないと分からん | トップページ | コスプレ・グループ頑張る・・バギオのクリスマス・・・花火で幕 ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/56366959

この記事へのトラックバック一覧です: その22 中村元著「龍樹」ー ブッダの言葉には いくらなんでも逆らえない:

« その21 中村元著「龍樹」ー やっぱ、著者の解説を読まないと分からん | トップページ | コスプレ・グループ頑張る・・バギオのクリスマス・・・花火で幕 ! »