« 堀田善衛著 「インドで考えたこと」(9) 日本人は中国語と日本語を使っている  | トップページ | 堀田善衛著 「インドで考えたこと」(11)英国なんか糞くらえ  »

2012年12月 8日 (土)

堀田善衛著 「インドで考えたこと」(10)仏教徒だから社会主義なのだ 

岩波新書 堀田善衛著 「インドで考えたこと」を読んでいます。

「VII. ことば・ことば・ことば」の章です。

著者が使用言語にかんして、ベトナムのことを書いていまして、
ついでにこんなことを書いているんです。

p115
戦争中に、安南の王族だか貴族だかの令嬢たちに二三回接し、その
唐代風な(と私に思わせた)服装が、私に平安朝か「源氏物語」を
思い出させ、
この「源氏物語」中の人たちが、実に美しいフランス語
を喋るのに感心したことがある・・・
いまから思えば、バオ・ダイ一族の人々ででもあったろうか。

安南という地名を先に読んだ「天平の甍」で見たような気がします。

これですね。
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2012/11/post-1246.html
清河、仲麻呂はその翌天勝宝七年六月に、十余人の
生存者とともに都長安にはいって来た。
・・船は遠く安南のかん州沿岸に漂着し、大部分の乗員が土人に襲われたり、
病没したりしたが、・・・かろうじて身をもってのがれて来ることが
できたのであった。

遣唐使が命がけで中国に渡っていたころ、ベトナムは中国の支配下に
あったと書いてありました。
それがこの著者が行ったころにはフランス語になっていたということに
なりますね。

さて、
この本の著者が南ベトナムからインドへ来ていた代表に接して
ちょっと危ない体験をしているんです。

p116
(南ベトナムの代表たちが)「OK,OK」ということばをしきりに
つかうのに気付いた。 ・・・それで、私はあなたはアメリカに留学
したか、とたずねた。 ・・・意外なことに、たいへん不快そうな
表情をつくったので、その問いを引き下げた・・・

・・つまり、南ヴェトナムでは、フランスは、完全にアメリカに
肩代わりされて
しまっているらしいのである。
「OK」の国に、いかれてしまっているという印象を私が
もたされてしまったことも不幸なことに思う。

ここは、ちょっと微妙な言い回しなので著者の意図がよく分からない
んですけど、「いかれてしまっている」ってのも微妙ですし、
「印象を私がもたされてしまった」ってのも・・・

要するに、100年近くフランスの植民地であったベトナムに、
第二次大戦後に1946年から1975年までベトナム戦争が
あったんですもんね。

確かに著者の質問は戦争中の話ですから、険しい表情をされても
無理からぬものがありそうな気がします。

そして、社会主義という言葉についても、著者が驚いたとの
記述があるのです。

p121
たとえば、社会主義ということばは単一である。 けれども、
ひとつのことばによって人が理解するところのものは
人の数だけあるわけである

・・・ビルマから来ていた若い人に、どうしてあなたは社会主義を
よしとするようになったのか、と訊ねた。
その返答が私を驚かした。 彼は言下に、おれは仏教徒だからだ
と答えたのである。
私は呆然としてしまった。

ビルマでは、男は一生に一度は僧侶にならねばならぬことに
なっているらしい。・・・彼はすでに僧侶ではないのだが、・・
僧院に住みつづけていた。
ビルマ服の彼と英語で社会主義について話すというのは、なんとも
云いようのない経験であった。

・・・これは、インドの昔むかしの制度を踏襲しているのでしょうか、
例の「四住期」ですけど。
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2012/10/post-64a7.html
「二つの仏教」 大澤真幸著 : 不純だから広く受け入れられる?

そして、著者はこの章の最後にこのように述べています。

p125
日本人をふくめてアジアの各国人のつかう英語は、それがたとえ
英語としてととのったものであっても、実は英語そのものを語って
いるのではないということである。
英語によって、各国人は各国語を語っているのである

そこには、英語としてはたとえ完璧であっても、つまり簡単に
云って、ワカッテモ通ジナイ、という事態が起こりがちである。
英語としては、ワカル、しかしその気持ちがどうしても、通ジナイ、
とうことが起こる。

・・・確かに、こういうことは起こります。
ひとつひとつの言葉に込めている意味が違うのでしょう。
そこには文化的、あえていえばインドなどの場合は日本人と違って
宗教的な意味なども込められているのではないかってことですね。

もっとも、ぶっちゃけた話、卑近な話で落語にしちゃって悪いんですが、
日本人の話す日本語であっても、一つの言葉、そこに込められた
意味ってのは、男と女で違っているんじゃないか・・・って感じませんか。

==その(11)に続く==

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 堀田善衛著 「インドで考えたこと」(9) 日本人は中国語と日本語を使っている  | トップページ | 堀田善衛著 「インドで考えたこと」(11)英国なんか糞くらえ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/56276170

この記事へのトラックバック一覧です: 堀田善衛著 「インドで考えたこと」(10)仏教徒だから社会主義なのだ :

» ぶっちゃけた話、日本の文化ってほとんど中国の文化だよね(´・ω・`) [【2chまとめ】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2013/01/06(日) 23:28:25.57 ID:AUzm40FF0● ?PLT(12100) ポイント特典華麗な脚さばきに歓声 京都・下 鴨神社で蹴鞠初め平安時代の貴族が興じた蹴鞠(け...... [続きを読む]

受信: 2013年1月 7日 (月) 03時00分

« 堀田善衛著 「インドで考えたこと」(9) 日本人は中国語と日本語を使っている  | トップページ | 堀田善衛著 「インドで考えたこと」(11)英国なんか糞くらえ  »