« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年3月 9日 (金)

099999  ありがとうございます !!

アクセス 「099999」 写真撮りました。

3img_1502

あの~~、ちょっと・・・・ 7つばかり ズルをしちゃったんですけどね。

3img_1503

ちょこちょこと 席をはずしては チェックしていたんですけど・・・

朝から ドキドキしちゃって。

何はともあれ、これまでのお立ち寄りに 感謝を申し上げます。

今後とも たまには お立ち寄り下さい。

よろしくお願い致します。

させ たもつ

 

 

 

 

 

  

  

  

  

 

 

   

   

  

  

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと マニラへ 行って来ます。

 

3月11日にマニラのフィリピン大学ディリマン校で

東日本大震災の追悼式典があるそうなので、ちょっと行って来ます。

Photo

そして、同じ大学の構内で、写真展もあるようです。

ブログは2~3日お休みです。

・・・・

アクセス 099999 を待ち構えているんですけど・・・・

 

 

 

 

   

  

  

  

   

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

夢のない夢  ・・・ すべっちまって

子供の頃の夢・・・寝ているときに見る夢ですけど・・・

怖かったり、愉快だったり、いろいろなんだけど、まさに夢だったんです。

ゴジラみたいなのに追いかけられて、崖っぷちまで追い詰められて、

「あああ~~~、落ちる~~~!!」

ってところで、目が覚めたり、

佐世保湾を見下ろす高台にある家の縁側から、

ふわりっと飛び立って、スーパーマンみたいに、家々を飛び越えて、

佐世保湾の海の上をさらに飛び越えて、

赤崎岳(だったかな?)の山も ぐい~~んっと飛び越えて、

九十九島の夕映えの海を どんどん飛んで行って・・・

夢がありました。

・・・・

昨日まで、日本語研修やら日本語教師養成講座やらで、ヘトヘトだったんです。

・・・で、下宿に戻ると、テレビをつけたまま、ソファに寝転んで、うとうとしたんです。

多分1~2時間寝ていたんだと思うんですけど。

夢をみたんです。

・・・

すり減ったゴムぞうりを履いているんです。

いつも使っているゴムぞうりなんです。

夢の中でそれを履いているんです。

下宿から出るとコンクリートの床があって、台所みたいになっているんですけどね。

すり減ったゴムぞうりと、雨なんかで濡れた床だと、ツルリンってすべるんです。

これも現実の話。

いつも現実にすべる時って、片足だけがすべるんです。

それが、それが、

両足いっぺんにすべったんです!

「やばい!!」

胸がドキンとして、びっくりして・・・

・・・ そこで、目が覚めました。

しかし、まあ、よく こんなにも現実的な夢を見るもんだと 思って。。。。。

・・・・・

「夢」というのは 私にもあるんです。

一応 経験10年ばかりの日本語教師ですからね。

フィリピン人の日本語の先生を育てたい。

目標は5人です。

自分が直接 日本語をフィリピンの人たちに教えるっていうのは、

フィリピン人の仕事を奪うことになりかねないので、本当はあまりやりたくないんです。

レベルの高い中級とか上級なら、フィリピン人の先生がいないもんですから、それは仕事として受けますけどね。

だから、私の目標、夢は、フィリピン人の日本語教師を育てることなんです。

5人でいいんです。

一応仕事ですから、お金はいただきます。

フィリピンの人にとっては 結構高い料金なんです。

日本の5分の一にしているんですけどね。

優秀な人で、本気な人で、真面目にやっていく人だけでいいんです。

フィリピンの北ルソンの教育・学業の中心地であるバギオ市、学園都市バギオに、きちんと日本語を教えられる先生がいないといけません。

そして、日本語教育のコアになる存在になって欲しいんです。

日本人は所詮短期的な存在でしかありませんから、フィリピン人が、地元の人が先生になって欲しいんです。

私が教える教授法は、直接教授法です。

日本人であっても、なかなか難しい手法です。

日本でやっている英語教育みたいな、翻訳式、間接教授法じゃないんです。

日本語を日本語で教える方法なんです。

・・・・

その私の夢の、二人目の挑戦者が現れました。

大学に通っている女子大生です。

彼女がまだ高校生だったころに、入門コースを教えたことのある教え子なんですけどね。

「是非 日本語の先生になりたいんです。」

以前から、そういうことを言っていた生徒さんなんです。

私の夢もかなえられそうです。

  

 

 

   

  

   

   

  

  

  

  

バギオ フィリピン 日本語教師 夢 日本語教師養成 学校 直接教授法 間接教授法 フィリピン人教師 日本語教育 北ルソン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

3月7日 祝・開業!  英文速記医療事務秘書養成学校?

私の下宿部屋のすぐ隣。

私の部屋のドアを開けると・・・

Img_1459

すぐ隣が 事務所だったんですが・・・

Img_1455

玄関のところには、受付みたいなのが出来上がっていまして・・・

知的に見える女性が座っております。

Img_1458

教室の方を のぞき窓からみますと、パソコンが入っておりまして・・・

Img_1456

すでに、数人の女性たちが パソコンに向っています。

Img_1457

・・・さすがに、みなさん パソコン画面に集中しています。

英文速記ですからね。 集中しないと出来ません。

医療事務ですからね。 専門用語が大変です。

でも、こういう専門的な仕事が フィリピン国内で出来るようになれば、

家族と別れて 海外出稼ぎに行くこともないわけなんですよね。

家族第一のフィリピンの人たちにとっては、素晴らしいことに違いありません。

ついに学校が始まりました。

・・でも、未だ、玄関先に学校の看板が出ていませんでした。

楽しみだな。

 

ところで、この学校(会社)の詳しいことは、こちらのサイトにありました。

http://www.cteisiphils.com/about_cteisi.html

上が学校の公式サイトみたいです。

http://www.philippinecompanies.com/companyprofile/2943/top-outsource-performance-inc-

TOP という名称の会社だそうです。

そして、その親会社みたいなのが:

http://www.123outsource.net/company_details.php?uId=1562

この CTC という会社だそうです。

結構 業務内容としては広くカバーしているみたいです。

  

  

  

 

 

 

 

 

 

  

  

  

  

  

フィリピン バギオ 学校 英語 速記 医療事務 アウトソーシング 国際ビジネス 海外出稼ぎ OFW overseas filipino worker  国内産業 Center for Technical Excellence in Baguio city    TOP Outsource Performance, Inc.  Baguio city  philippines

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こういう楽しみ方 ・・・・ 日本人にも欲しい

某財団で日本語研修をお手伝いしているんですがね。

昨日、それが終わったんです。

5img_1418

20日間ばかりの日本語と日本文化・生活のオリエンテーション・研修なんです。

毎日6時間で20日間、計120時間ですね。

5img_1422

私は午後の部で、毎日3時間、日本文化・生活を教えたんですけど。

彼らは、日系人でして、愛知の自動車関連会社の工場で働くんだそうです。

5img_1447

修了式の最後に、彼らがこんなことを始めたんです。

Tシャツに みんながお互いに自分の名前を 習ったばかりのひらがなで書いているんです。

5img_1449

こんな風に・・・

これって、なかなかいいと思いませんか?

3img_1235

バギオのど真ん中に、こんな人工湖(池)があるんです。

向こうの丘の上にあるのが、バギオで最大のモール、SMバギオです。

3img_1222

ここで、ボート遊びをやったんですけどね。

3img_1248

人工湖の真ん中に 噴水装置の鉄柵があるんです。

3img_1252

そこにも、自分の名前を落書き。

バギオ訪問の記念です。

5img_1265

本当は、ボート遊びに来たんじゃなくて、「ママちゃり研修」なんです。

日本に行ったら、毎日自転車を使わないといけないじゃないですか。

だから、ママちゃりの練習をするんです。

6img_1349

・・・で、写真を撮ろうとすると、お決まりのように、こんなポーズを皆が作るんですね。

つまらないことなんです。

ささいなことなんです。

・・・でも、小さなことなんですけど、それを楽しめる人たちなんですね。

白けていない、っていうのかな。

それで いいんじゃないかな、って思うんです。

・・・

この財団の方から聞いたんですけどね。

いわゆる研修生の中でも、フィリピン人研修生への需要が伸びているらしいんです。

中国人の研修生が多いんだと思うんですけど、いまひとつ評判がよろしくないんだそうです。

フィリピン人の明るさが、じわりじわりと日本人からの評価を上げて、支えているのかもしれません。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

  

  

  

フィリピン バギオ 日本語教育 研修生 日系人 自動車産業 オリエンテーション

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

困窮邦人・・・?   韓国の日本人女子大生

こう言うのって、困窮邦人のカテゴリーに入るんですかね?

http://news.nifty.com/cs/world/worldalldetail/sech-20120306-20120306_00025/1.htm

物乞いみたいな、詐欺みたいなことをやっているってことらしいですけど・・・

「愛の逃避行」っていう意味じゃあ、マニラあたりの高齢日本人男性と違いはないと思うんですけど・・・?

 

 

 

 

    

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

ブン、ブン、ブン・・・   はまってしまって・・・

7img_1339

ぶん、ぶん、ぶん・・・・

「ふっふっふ・・ おいしそう~~~」

7img_1337

「いやいやいやいや、こりゃあ~~~、サイコーじゃ~~ん!」

7img_1340

「うひゃひゃひゃひゃ・・・・ 」

・・・・・・

はまっている奴って、突き放してみると、みっともね~~なあ~~。

あっ、すんまへん。

ここはどこかと言いますと。

6img_1349

今、日系人の人たちに 3週間だけ日本語研修をやっていまして・・・・

名古屋方面の某自動車関連会社に行くのだそうです。

7img_1341

こんなところに遊びに行ったわけです。

7img_1335

たまには、いいですね・・・・花を観るのも。

 

 

 

 

 

 

    

  

バギオ 花畑 みつばち オーキダリウム オーキッド ラン園 バーンハム公園 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

下宿の危機か? その後・・・・英文速記医療事務技能者養成?

下宿の隣の事務所が、こんなことになっていました。

国際ビジネスがここにも押し寄せて:

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2012/01/post-d16b.html

そして、その後、どうなっているかといいますと・・・

Img_1397

入口をはいると、受付。

Img_1398

左に行くと、セミナー、講義室。

Img_1400

上のロフトは、ミニ会議室。

Img_1401

受付の裏側に廻り込むと・・・・

おお! コンピューター・ブースが じゃじゃ~~~~ん!!

むこうのドアのある方が 私の部屋なんです。

Img_1403

で、部屋の角から反対の方角を見ると、このとおり。

ここに 25台のコンピューターを置いて、トランスクリプショニストの養成学校が始まります。

アメリカのお医者さんが口頭で言った内容を、処方箋などの文書におとすというビジネスの、技能者を養成する学校です。

いわば、英文ステノ・タイピストのようなもんですね。

英語を聞いて、速記をする。 あるいは、そのままタイプをする。

英語に自信のある方。 医療の専門用語を勉強したい方。

日本語で言うと、「英文速記医療事務技能者」とでもなりますかね。

あなた どうですか?

そういう技能を身につけてみませんか?

50年前の私の時代は、英文タイピストとか英文速記とか

英文ステノ・タイピストとか言うだけで カッコ良かったんですけどね。

今の時代は それにプラス 医療事務。

それも英語を公用語とする国の人たちと同等レベルの英語と専門用語の知識が必要なんですねえ。

日本の若者よ! 視野を広く広く持たないと だめでっせ。

 

 

 

 

 

  

  

  

  

  

  

 

フィリピン アウトソーシング バギオ 医療事務 英語処方箋の技能者養成 パソコン インターネット 国際ビジネス 学校 医療関連業務 音声 録音 英文速記

| | コメント (6) | トラックバック (0)

Cafe by the Ruins カフェ・バイ・ザ・ルインズ - バギオの名所

カフェなんです。 バギオの名所のひとつなんですけどね。

4img_1174

昔の「地球の歩き方」には載っていたんですけど・・・

2010-11年版をチェックしてみたら ない!

どういうこと??

4img_1176

なんと、バギオの中心部の地図っていうのもチェックしたんですけど、

その地図にも場所が書いていない。  どういうこと???

5img_1170

だから、ここだけで教えますね。

バギオ市役所のすぐ前にあります。

竹垣みたいなものでぐるっと囲まれた中にあります。

最近 EUROTELっていうカラフルなホテルが出来たんですけど、その裏にあたります。

5img_1173_2

・・・それで、ここが何で普通のお店と違うのかってことです。

Cafe by the Ruins なんですね。

Ruinsってのは廃墟の意味です。

第二次大戦中のアメリカ軍の絨毯爆撃でバギオはことごとく壊滅したんですね。

もちろん、その当時は、日本軍がバギオ市を占領していて、それをアメリカが「解放」するってことで、絨毯爆撃をしたわけです。

ただ、地元の人たちの話を聞くと、その頃には、日本軍はほとんどバギオから逃げてしまっていて、被害にあったのはフィリピン人だったって言うんです。

まあ、今も昔もアメリカ軍のやり方は 同じみたいですね。

まあ、それはともかく、その廃墟になった建物の「残った壁」をそのまま残して、このカフェを造っているんですね。

壁が分かりますか?

このお店は、アーティスト達のお店だと聞いています。

だから、いつも彼らの作品が展示されているギャラリーでもあるんですね。

5img_1188

お昼・・・美味しかったですよ。

シーフード・カレー。 結構いけます。

フルーツ・サラダ・・・・極大盛りでした・・・・

・・・・

・・ああ、向こう側にあるパンですか?

あれは「カモテ・パン」です。

いろんな野菜系のパンがあるのも自慢みたいです。

旨いです。

  

  

 

 

 

 

   

   

   

   

   

  

  

フィリピン バギオ レストラン カフェ バギオ市役所 名所 有名カフェ 太平洋戦争 第二次世界大戦 ルソン島 爆撃 廃墟 cafe by the ruins in baguio city philippines

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月26日 - 2012年3月3日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »