« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »

2012年3月30日 (金)

「ブッダのことば」 中村元 訳 (10) なまぐさ坊主の条件

岩波文庫の「ブッダのことば」(スッタニパータ)(中村元 訳)を読んでいます。
原始仏教のお釈迦様の言葉です。

223「すべての生きものよ、耳を傾けよ。昼夜に供物をささげる人類に、
    慈しみを垂れよ。 それ故に、なおざりにせずに、かれらを守れ。」

224「この世また来世におけるいかなる富であろうとも、天界における
    勝れた宝であろうとも、われらの全き人(如来)に等しいものは
    存在しない。 この勝れた宝は、目ざめた人(仏)のうちに存する。
    この真理によって幸せであれ。」

225「心を統一したサキヤムニは、(煩悩の)消滅・離欲・不死・勝れたもの
    に到達された、--その理法と等しいものは何も存在しない。
    このすぐれた宝は理法のうちに存する。この真理によって幸せであれ。」

この引用は「第二 小なる章」の「一、宝」というところからです。

面白いですね。
223は 日本の昔からのお供え物、自然崇拝に共通するような感じですし、
224は 仏教に出てくる様々な如来、釈迦如来、大日如来、阿弥陀如来などなど
     を連想させる言葉だし、
225は 般若心経を連想させます。

ところで、225の「サキヤムニ」って何?

解説によれば、釈迦牟尼だそうです。
シャカ族の聖者を意味する言葉だそうです。

そして、次の「二、なまぐさ」では:

239「キビ、ディングラカ、チーナカ豆、野菜、球根、蔓の実を善き人々から
    正しいしかたで得て食べながら、欲を貪らず、偽りを語らない。」

240「よく炊がれ、よく調理されて、他人から与えられた純粋で美味な
    米飯の食物を舌鼓うって食べる人は、なまぐさを食うのである。
    カッサバよ。」

241「・・・ あなたの言う<なまぐさ>とはどんなものなのですか。」

242「生物を殺すこと、打ち、切断し、縛ること、盗むこと、嘘をつくこと、
    詐欺、だますこと、邪曲を学習すること、他人の妻に親近すること、
    --これがなまぐさである。 肉食することが<なまぐさい>のでは
    ない。」

243「この世において欲望を制することなく、美味を貪り、不浄の(邪悪な)
    生活をまじえ、虚無論をいだき、不正の行いをなし、頑迷な人々、
    --これがなまぐさである。 肉食することが<なまぐさい>のではない。」

この他にも「なまぐさ」の例がたくさん出てくるんですけど・・・
いや~~、まさに私はなまぐさです。

なまぐさ坊主って言いますけど、240から判断すると、今の時代の日本の僧侶は・・・

239の「ディングラカ」は植物の名前。
240の「カッサバ」ですけど、これは過去世においてカッサバという仏が求道者
だったときのことをいっているそうです。

お米は贅沢品だったんですね。
今の精進料理はどんな材料を使っているんでしょうか。

Wikipediaによれば、

精進料理(しょうじんりょうり)とは、仏教では僧は戒律五戒で殺生が禁じられて
おり、大乗仏教で肉食も禁止されたため、僧への布施として野菜や豆類、穀類を
工夫して調理した料理である。

・・・なんですけど、

「肉食することが<なまぐさい>のではない。」というフレーズが何度も出て
来ているんですね。

ここはどう考えたらいいんでしょうかね?

もしお釈迦さんが肉食を禁止していなかったのなら・・・
まあ、でも、世間で<なまぐさい>の意味を 単純に「肉食すること」って
誤解しているやからが多かったから、敢えてこんなことを説いたんでしょうか?

・・で、Wikipediaの続きを読んだら、初期仏教においては、必ずしも肉食が
禁止されていたわけではないようです。
それで、上に「大乗仏教では肉食も禁止された」って書いてあるんですね。

肉が良くて、米が駄目ってのも、ちょっと納得がいかないですけどね。
まあ、それが時代、地域性ってもんですね。

 

 

 

 

 

 

   

  

  

  

  

  

  

  

  

バギオ フィリピン 宗教 原始仏教 シャカ 釈迦 仏様 釈尊 般若心経 僧侶 なまぐさ坊主 小乗仏教 大乗仏教 精進料理 肉食妻帯 親鸞 浄土真宗 阿弥陀様

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

たまには スパニッシュってのも いいっすねえ。

たまたま、コスプレ友達・・・って言うと勘違いされますが、

コスプレをやっている若い女性からの情報で、スペイン料理の店があるってことで・・・

3img_2081

テ・クエロって読むんですかね?

バギオでも一番の本格的なスペイン料理屋・・・なのかな?

5img_2038

これは、スペイン・ハム。 久々に美味しいハムを食べました。

5img_2042

スパニッシュ・オムレツっていう名前は 他のレストランなんかで時々見かけたことはあるんですけどね。 実物を見たのは初めて。

ポテトが入っているんですね。 スライスしたやつ。

ちょっとお好み焼きっぽいですけど、旨いですよ。

5img_2049

・・・で、スペイン料理っていうと、やっぱパエリヤじゃないですかね?

ってことで、真っ先に注文しました。

40分くらい掛かるって言われましたけどね。

ここのパエリアは まあまあ・・・かな。

偉そうに言える立場にはないですけどね。 

前に食べたのは 何十年前だろう・・・(笑)

5img_2028a

このメニューの数字は ペソで書いてありますから、

この金額の2倍弱が円の金額になりますね。

5img_2062

まあ、料理もそうですけどね、 久々のワイン。 よかったです。

オーストラリアのワインとスペインのワインを飲みました。

ちょっと飲みすぎちゃいましてね。

皆さんより先に引き上げましたけど・・・

しかし、なんと言っても、一番良かったのは この女性の笑顔ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

   

  

  

 

フィリピン バギオ レストラン スペイン料理 ビクトリーライナー マイクロテル Te Quiero Spanish restourant and bar    upper session road   victory liner terminal  microtel hotel  お食事処 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

「ブッダのことば」 中村元 訳 (10) 聖人になる方法は・・

岩波文庫の「ブッダのことば」(スッタニパータ)(中村元 訳)を読んでいます。
原始仏教のお釈迦様の言葉です。

181「この世で人間の最上の富は何であるか? いかなる善行が安楽を
    もあらすのか? 実に味の中での美味は何であるか?
    どのように生きるのが最上の生活であるというのか?」

182「この世では信仰が人間の最上の富である。 徳行に篤いことは安楽を
    もたらす。 実に真実が味の中で美味である。 智慧によって生きる
    のが最高の生活であるという。」

ここで一番気になるのは「信仰」という言葉ですね。
巻末の解説には以下のようにあります:

釈尊の成道直後の詩によあると、「信仰を捨てよ」ということを教えている。
それは、ヴェーダ以来の祭祀・教学に対する信仰を捨てよ、というのである。
しかしここではブッダの説いた真理、理法に対する信仰を説いているのである。
信仰を意味する原語はいろいろあるが、saddhaというのは、理法、教えに
対する信頼を意味するのであって、個人に対する熱狂的服従ではない。

・・・とあります。
つまり、冷静な「ブッダが説いた真理、理法に対する信頼」という話ですね。

他の本でも、お釈迦様自身は 「私を崇拝してはいけない」というようなことを言ったとあります。

186「諸々の尊敬さるべき人が安らぎを得る理法を信じ、精励し、聡明で
    あって、教えを聞こうと熱望するならば、ついに智慧を得る。」

187「適宜に事をなし、忍耐づよく努力する者は財を得る。
    誠実をつくして名声を得、何ものかを与えて交友を結ぶ。」

ここは、どうやったらいいのか? っていう質問に答えている部分なんです。
つまりは、師を選びなさいってことですね。
そして、忍耐、努力、誠実が必要ということになるでしょうか。

205「人間のこの身体は、不浄で、悪臭を放ち、(花や香を以て)まもられている。
    種々の汚物が充満し、ここかしこから流れ出ている。」

206「このような身体をもちながら、自分を偉いものだと思い、また他人を
    軽蔑するならば、かれは(見る視力が無い)という以外の何だろう。」

人間は不浄だ・・・凄い言葉ですね。
実はこの前にこんな表現が出ているんです。

198「鼻からは鼻汁、口からは或るときは胆汁を吐き、或るときは痰を吐く。
    全身からは汗と垢を排泄する。」

・・まあ、このように色々と人間の身体は汚いよって言っているんです。
そして、死んだ後の不浄さにもふれています。

これは、2千年以上前の話ですからね。
現代は生身の身体からの排泄物以外に、もっと多くの廃棄物を人類は吐き出して
いるってことですね。
それも、リサイクルできない諸々の廃棄物。
人間の息の根さえ止めるようなものども・・・

そして、ここから「聖者」ってどんな人ってことが書かれているんです。

207「親しみ慣れることから恐れが生じ、家の生活から汚れた塵が生ずる。
    親しみ慣れることもなく家の生活もないならば、これが実に聖者の
    さとりである。」

213「独り歩み、怠ることない聖者、非難と賞讃とに心を動かさず、
    音声に驚かない獅子のように、網にとらえられない風のように、
    水に汚されない蓮のように、他人に導かれることなく、他人を導く人、
    --諸々の賢者は、かれを<聖者>であると知る。」

そして、ここに意外な、理解の難しいことが書かれていました。

217「他人から与えられたもので生活し、(容器の)上の部分からの食物、
    中ほどからの食物、残りの食物を得ても、(食を与えてくれた人を)
    ほめることもなく、またおとしめて罵ることもないならば、諸々の
    賢者は、かれを、<聖者>であると知る。」

・・・解説では、これは、托鉢での食物をどのようにもらうかの話のようです。
瓶に入っている食物を、最初にもらうか、最後にもらうか、ということですね。
修行者と言えども、人間ですから、食べものの良いところ、美味しいところ、
そしてその量にしても、やっぱり不満が出るのでしょうね。
ちょっとその感覚を彷彿とさせるような描写が面白いですね。

結局、世間に生きている人間は、日常生活のほとんどのものを捨て去らないと
心の安寧は得られないようですね。

 

 

   

   

   

   

   

   

   

   

フィリピン バギオ 宗教 原始仏教 ブッダ 釈迦 釈尊 仏様 般若心経 親鸞 浄土真宗 禅宗 座禅

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

Strawberry Festival  美味しいいちごを摘みに・・・ La Trinidad, Benguet

バギオのフラワーフェスティバルが終わると、その後は、隣町のベンゲット州ラ・トリニダッド町で ストロベリー・フェスティバルが1ヶ月ほど開催中なんです。

3img_1964b

私の一押しは、このイチゴ、または・・・

3img_1964a

このイチゴもいいなあ~~、なんて・・・・

ちょっと表現が卑猥に響きますね。 すんまへん。

3img_1964

まあ、ミス・コンテストだから美人が揃っているのは まあ普通でしょうけど、マニラあたりの女の子よりも、もしかして こちらの山岳民族の女の子たちほ方が 綺麗なんじゃないかって思っちゃいますね。

もしかしたら、バギオって町が、100年前から国際都市だったってことに関係があるのかもしれません。

5img_1965

男だって、このとおり。 やっているってことが 日本じゃあ、真似できない・・・?

3img_1974

もうひとつの、私の好みは・・・

5img_1971

これなんですけどね・・・ へへへ、蒸留酒。

毎年 このお店で くだ巻いているんです。

5img_1972

もちろん、イチゴのお酒だってあります。

5img_1966b

この近辺で農業指導をやっているのがJAECっていう日本の団体なんです。

イチゴ栽培の指導もやっているんですねえ。

昔は、日本人の方が、ベンゲット州国立大学でも教えていたと聞いています。

5img_1967

木酢、もくさくって言うんですか?

有機農業の日本的な技術指導なんかもやっているんですね。

5img_1967b

最近は近郊の山などで、アラビカ・コーヒーの栽培も人気が出てきているようです。

酒は旨いし、ネーちゃんは綺麗だ、うっは~、うっは~、うっはっは~~。

・・・またまた、卑猥になっちゃいましたね。

4月の中旬までやってますからね~~。

遊びに来てくださいね~~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

   

   

   

   

バギオ フィリピン ベンゲット州 ラ・トリニダッド いちご祭り ストロベリーフェスティバル 日本 農業指導 いちご栽培 ミスコンテスト ミスターコンテスト アラビカ コーヒー baguio city  la trinidad benguet philippines  strawberry festival  japan agriculture training  arabica cofee cultivation JAEC farmer training in japan  organic vegitable  product

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »