« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »

2012年4月28日 (土)

桜前線を追いかけて・・・・・・ 東北は美しい

E076

国見サービス・エリア

E070

埼玉はもう終わっていましたが、東北は今が満開。

E072

可憐な桜が しっかりと咲いています。

K089

松島の瑞巌寺では・・・・

K105

・・・・・

N179

山形の蔵王辺りでは・・・

N175

・・・・

N191

・・・・・

N190

高速道路沿いの桜は 本当に 綺麗でした。 4月26日現在。

R315

さて、岩手の平泉周辺では・・・

R326

・・・・・

R335

・・・・

T362

これは、ご存じ 毛越寺の庭園・・・・

U394

・・・・

U415

・・・・・・・・・

U432

・・・・・・・・

V445

平泉の中尊寺界隈・・・

W475

・・・・・

W478

美しい桜が 東北の人々に、日本の皆さんに 力を与えてくれているような気がします。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Baguio Buddha Temple 碧瑶普陀寺 その2 バギオの仏教寺院

碧瑶普陀寺 Baguio buddha temple とお寺の表に書かれているんです。

5img_2617

碧瑶 = バギオ

普陀 = フダと読めばいいようです。

寺 = お寺さん

この中の「普陀」が問題なんですが、これはどうも「普陀山」からきているようです。

「仏陀」という意味ではないので、英語表示の Buddhaというのは意訳しているようです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%AE%E9%99%80%E5%B1%B1

そして、この普陀山=補陀落(ふだらく)

サンスクリット語梵語)の「ポタラカ」、「ポータラカ」(Potalaka)の音訳

とされています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%9C%E9%99%80%E8%90%BD

そして、このバギオにある碧瑶普陀寺が 中国の普陀山となんらかの関係があるのかどうかを中国語で検索してもらいましたところ、見つかりました。

<以下は検索してくれた人からのメールの内容です。一部修正>

この寺の名前「碧瑶普陀寺」を中国の検索エンジン(百度)にかけてみると、
総本山らしい福建省・アモイの「厦门五老峰南普陀寺」というサイト


http://www.facebook.com/l/eAQGH2xqvAQGJMf4P-JTtxTY44QI3wJfHHms__ZDszrGdNw/www.fjsen.com/fjxy/fwzn/fwzn72.htm

が掛ってきます。

ここの説明では、この寺の歴史について書かれていて「臨済宗南山喝雲派」という字が見えます。
あと、この文章の最後に、この寺から僧侶が出て行って住職をしている東南アジアの寺がたくさんあり、フィリピンについては信愿寺、华藏寺、碧瑶普陀寺、马尼拉普陀寺、莲花寺等がその寺に当たるとあります。

・・・・以上のように、

中国福建省の臨済宗のお寺で修業をした僧侶が バギオの碧瑶普陀寺に来ているらしいという情報が得られました。

上記のサイトの中を確認しますと、確かにページの一番下から3行目にバギオのお寺の名前が書いてあります。

・・・・・・

これが事実だとすると、疑問が出てくるんです:

1. 臨済宗の禅寺だとすると、なぜ表の扉に「南無阿弥陀仏」と書いてあるのか。

2. 逆に、浄土教だとすると、なぜ阿弥陀仏がお寺の中になかったのか。

さっそく調べました。

インターネットは便利ですねえ。

臨済宗の住職が「南無阿弥陀仏」と書いています。
http://www.mariko-inochi.com/jinshouji/norinotudoi09.pdf
            
このサイトに詳しい説明がありました。
http://www.nanzen.net/about_honzon.html
            
臨済宗ではお釈迦様の悟りそのものを坐禅により体得することが根本教義ですから、ご本尊を何にするかを特に定めてはいません。しかし、礼拝の対象としての本尊仏は、  教義からすればまず第一にお釈迦様ということになります。また、地域の信仰や、古来からの由緒由縁により、観世音菩薩や阿弥陀如来、その他の尊像をご本尊としてお祀りし、 礼拝することもあります。

 

・・・ああ、やっとすっきりしました。

ところで、中国の普陀山について日本語でのサイトがありました。

http://www.saidaiji.jp/website/fuda

五老峰南普陀寺についての日本語のサイト:

http://www.arachina.com/attrations/xiamen/nanpt/index.html

こちらのサイトの説明には、禅寺であって、今は僧侶の教育機関ともあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%99%AE%E9%99%80%E5%AF%BA

あとは、バギオのお寺のご住職に確認するだけです。

(前回その1、お寺の写真などは こちらです。)

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月15日 - 2012年4月21日 | トップページ | 2012年4月29日 - 2012年5月5日 »