« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »

2012年5月11日 (金)

東日本大震災 被災地 見学旅行 ーー 南三陸、気仙沼、など

 

朝日新聞にこんな記事が掲載されていました。

 

Img_4252a

「現地に行かなきゃ分からない」 という言葉は重要だと思います。

なんでもかんでもテレビやインターネットで見られる時代ですが、

「百聞は一見にしかず」の時代よりも、

今はさらに その「見る」が問題だと思うんです。

「バーチャルな百見は、リアルな一見にしかず」という時代になっているような気がします。

その場に立って、その場の空気を吸うことが、大切なことだと思います。

自分の家がここにあったとしたならば・・・・

自分の家族がここに居たとしたならば・・・・

自分の友人がここに住んでいたとしたならば・・・・

それを実感することが、 今の日本に住むものとして 共有すべきものではないかと感じます。

子供たちに その現場を見せることが 親としての役割のようにも 思います。

子供たち自身が 自分を守っていくためにも、

家族や友人を支えていくためにも、

日本の将来を担っていくためにも、

・・・・・・

ちなみに、私が参加したツアーは こちらです。

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2012/05/post-671f.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン バギオ 東日本大震災 岩手 宮城 福島 南三陸 釜石 気仙沼 陸前高田 塩釜 宮古 大船渡 被災地 研修 見学 ボランティア 旅行 ツアー 津波 被害者

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

鎌倉五山に行ってきました。  禅宗なんですね。 おさらい・・・

最近、ちょっと仏教づいちゃってるもんで、鎌倉のお寺さんをみてまわったんです。

 

最初は円覚寺

C060

1282年、北条時宗、蒙古襲来の犠牲者を敵味方双方を弔う。

D027

臨済宗円覚寺派の大本山。

D035

国宝の舎利殿を特別公開していたんです。

D047

観光案内の方が配った お寺の解説書によりますと、

舎利殿には、「中央には源実朝が宋から請来したと伝える仏舎利(釈尊の遺骨)を安置した厨子があり、その左右には地蔵菩薩像と観音菩薩像がたつ」とあります。

 

 

F064

二つ目は 浄智寺

F069_3

1283年、北条宗政を弔う。 鎌倉五山の第四位だそうです。

臨済宗円覚寺派で、ご本尊は三世仏(過去、現在、未来)。

F074

阿弥陀如来、釈迦如来、弥勒如来。

 

 

3つ目は 建長寺

H090

五山第一 と書いてあります。 臨済宗建長寺派大本山。

1253年、北条時頼、本尊は地蔵菩薩。

H109

解説によりますと、

「禅宗寺院の本尊として一般的な釈迦如来ではなく地蔵菩薩であるのは、この土地が元は「地獄ケ谷」と呼ばれる処刑場で、地蔵菩薩を本尊とする心平寺という寺が建っていた。」

からであるとしています。

H114

そして、なんとこんな像までありました。

この「釈迦苦行像」は 2005年の愛知万博で展示されたレプリカが、パキスタンから建長寺に寄贈されたのだそうです。

H127

さすがに禅寺です。 このような座禅会も開かれています。

ところで、この建長寺は創建当時は、

純粋禅の道場として、聖福寺(北九州)などに次ぐ古さを誇るとされている。 伽藍配置は中国式であり、寺内では日常的に中国語が使われていたという。」

当時は、禅宗は最先端文化で 京都の公家文化と張り合っていたようです。

4つ目は 寿福寺

J140

鎌倉五山の第三位。 1200年、北条政子、臨済宗建長寺派。

J141

境内には著名人の御墓もあります。

陸奥宗光、高浜虚子、大佛次郎、などなど。。。

J146

本尊は釈迦如来。

最後は 浄妙寺

K164

鎌倉五山の第五位。

1188年、足利義兼(源頼朝の忠臣)、 本尊は釈迦如来。

臨済宗建長寺派。

L153

鎌倉という地名の由来があるお寺だそうです。

「裏の稲荷山は藤原鎌足が子孫のために霊鎌を埋めた地とされる。これが鎌倉の地名由来となったという伝承がある。」

L158

本尊は釈迦如来だけど、ここは観音様ですね・・・・

いずれにせよ、すべて禅寺でした。

鎌倉が武士の世をつくるために先端文化である禅宗を中国文化まるごと輸入していたんですね。

これらの5つはすべて臨済宗のお寺なんですね。

「浄土真宗はなぜ 日本でいちばん 多いのか」(島田裕巳著)という本に 日本の仏教の宗派のことが詳しくかいてありまして、その解説によりますと、臨済宗というのは:

ー 禅宗は臨済宗と曹洞宗。

ー 臨済宗の宗祖は栄西だが、栄西の教えをもとに組織されているわけではない。

ー 宗派として一つにまとまっているとは言えない。

  派で分かれ、それぞれが独自に宗教法人を組織している。

ー 禅宗は日本に輸入仏教として取り入れられてからも、中国の禅宗との交流の

  中で発展を遂げていった。

ー もっぱら座禅を組んで修業を実践するのは、「純粋禅」と呼ばれる。

ー 栄西の禅は、天台の教えや密教をあわせて学ぶ「兼修禅」であった。

ー 臨済宗の流れのなかでも、純粋禅を定着させるために南宋の禅僧を日本に招く

  といったことが行われるようになる。

 

ー 北条時頼が 鎌倉に建長寺を建立した際に、純粋禅の禅僧を招いている。

ー 純粋禅を追求するような禅寺では、座禅の実践が仏道修行の中核だった。

ー 禅僧の目的は、そうした修行を通して悟りを開くことにある。

ー その悟りを表現するものとして、独自の宗教美術が形成された。

   その延長上に、水墨画、茶道、五山文学などの禅文化が発展した。

 

その当時の禅寺では、渡来僧が中国語で日本人に教えていたそうで、日本人の禅僧は中国との外交や貿易の上でも大きな役割を果たしたのだそうです。

中国との交流が 日本人の精神世界を育んできたんですねえ・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

フィリピン バギオ 仏教 般若心経 禅 鎌倉 座禅 仏陀 釈迦苦行像 パキスタン 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 8日 (火)

どうでもいい話なんですが - 阿弥陀さんは 過去なのか未来なのか  

鎌倉の有名なお寺を5つ見て回ったんです。

そこで 三世仏ってのをみたんです。

F074

これは浄智寺の仏像なんですけどね。

http://www.kcn-net.org/kamakura/kitakama/kita-jot.html

奥には曇華殿と呼ばれる仏殿があり、本尊の三世仏坐像が祀られている。 阿弥陀、釈迦、弥勒の三体からなるこの仏像は15世紀の作でそれぞれ過去、現在、未来を表す。

・・・とあるんですけど・・・・・

三世仏の定義は???

阿弥陀仏は 過去仏なのか 未来仏なのか??

と思ったんです。  

な~~んでかって言いますと・・・・・

http://www.geocities.jp/mitaka_makita/kaisetu/nyorai.html
三世三千仏
 過去仏に対して未来仏として弥勒仏が考えだされ、この考えがさらに展開して三世三千仏が考えられた。
 これは、過去(荘厳劫)、現在(賢劫)、未来(星宿劫)の三世に出生する千仏を合せて三千仏といい、
過去は薬師如来、現在は釈迦如来、未来は阿弥陀如来を中心に千仏が描かれる。

               
 
http://homepage2.nifty.com/koudaiji/houwa/m14/houwa142.html
諸仏の中でも阿弥陀仏が未来仏の代表とされ、私たちが死んでからは、西方極楽浄土でこの仏に見えるとされてきたからです。
                     

上のように阿弥陀仏は未来仏ということになっているみたいなんですが・・・・・

別のサイトで読んでみると・・・

過去七仏
 釈迦如来以前にもいくつかの如来が存在していたという考え方から過去七仏が生みだされた。
 これは、ブッダの悟りが突然生まれたものでなく、ブッダ出現前からの世界における真理をブッダが悟ったという、真理の正当性を表現したものと受け止められる。
 毘婆尺仏、尺棄仏、毘沙浮仏、拘留孫仏、拘那含牟尼仏、迦葉仏に釈迦如来(ブッダ)を加えた七仏である。過去の六仏が造形化されることは殆どない。

http://ameblo.jp/c3p/entry-10517138609.html
阿弥陀堂の三世仏
左から、、、過去世(阿弥陀如来)、現世(釈迦如来)、未世(弥勒如来)

http://www3.ic-net.or.jp/~yaguchi/houwa/nenbutu.htm

永平寺の仏殿には三世仏として釈迦牟尼仏と弥勒仏・阿弥陀仏がまつられ、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%84%E6%99%BA%E5%AF%BA

本尊は阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来の三世仏で、それぞれ過去・現在・未来を象徴する。

http://wiki.livedoor.jp/turatura/d/%BB%B0%C0%A4%C7%A1%CD%E8

三世仏のこと。一般的には、阿弥陀仏・釈迦仏・弥勒仏を、それぞれ過去・現在・未来の三世に配当する。詳細としては、阿弥陀仏は、十劫の大昔に仏陀として成道し、極楽浄土を主宰するために過去仏とし、釈迦仏は歴史上の仏であるために現在仏とし、弥勒は釈迦仏入滅後五十六億七千万年後に、次の仏陀として現れるから未来仏とする。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A5%E5%8B%92%E8%8F%A9%E8%96%A9
未来仏
弥勒はゴータマ・シッダッタ(悟りを開いたのちは仏陀、釈迦牟尼仏、毘盧遮那仏、大日如来、現在仏などの呼び名)の次にブッダとなることが約束された菩薩(修行者)で、シッダッタの入滅後56億7千万年後の未来に姿を現れて、多くの人々を救済するとされる。

・・・・・ってことで、弥勒菩薩こそが未来仏というのが かなり圧倒的のようなんです。

どっちが本当なの??

どっちでもいいんですけどね、はっきりしないと気持ち悪いじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月29日 - 2012年5月5日 | トップページ | 2012年5月13日 - 2012年5月19日 »