« その32 中村元著「龍樹」ー ブッダの縁起説の真意は小乗とは異なる   | トップページ | バギオでラーメン・・・やめといた方がいいな。 これが 79ペソ ? »

2013年1月 2日 (水)

その33 中村元著「龍樹」ー 「縁起」は「起こらない」禅問答 ?  

 

中村元著「龍樹」の中の、
「 II. ナーガールジュナの思想 ー 「中論」を中心として 」
を読んでいます。

「6. 縁起」 のところの
「5. 不生」 を読んでいます。。

p205
小乗仏教では一般に縁起を人間の輪廻の過程における時間的生起
関係と解しているが、「中論」の縁起はそうではなくて、相依相関
関係の意味
であるとすると、ここに問題が起こる。

・・・ここは言葉の概念の問題ということみたいなんですけど、
「縁起」という言葉のなかに「起こす」という意味がはいっている
のに「不生」とかいう表現を使う事とと矛盾してんじゃないの
って話みたいです。

この辺りを読んでいると、いわゆる「禅問答」という言葉を
思い出します。
「禅問答」を辞書でチェックしてみると、
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C1%B5%CC%E4%C5%FA
1.禅僧が悟りを開くために行う問答。修行僧が疑問を発し、禅師がこれに答える。
2.理解し難い問答や会話のやり取り。

こちらのサイトでも「禅問答」の解説がありますが・・・
http://www5a.biglobe.ne.jp/~pedantry/pedantry/zenmondo.htm

・・まあ、でも、一般的には、何をいってるんだか理解不能な
屁理屈のような問答、ってイメージじゃないでしょうかねえ。
しかし、この「龍樹」という本を読んでいると、どういう問答を
しているのかの推測ができるような気になってきます。

・・・で、上記の矛盾に対する反論としては、

p207
「要するに有(もの)が生ずるということは、理に合わない。
また無が生ずるということも、理に合わない。 有にして無
なるものの生起することもない。」・・・・
という論法に従って縁起が<不生>であるということを論証
しているのである。

p208
バーヴァヴィヴェーカにとっては・・・世俗的立場(世諦)
究極の立場から見た真理(第一義諦)との二種の真理(二諦
の説も持ち込むことによってこの解決を試みた。
世諦においては生起がある。しかし第一義諦においてはない。

・・・この説明は中国の三論宗の解釈とも類似している。

p209
チャンドラキールティにとっては、生起は虚妄であり、縁起は
真理であり、生起と縁起とは正反対の概念であった。
また、諸事象の生起が成立したいが故に縁起が成立すると
いうのであるから、「不生」がすなわち縁起の真意である。

・・・つまり、上記の二人の解釈は正反対だってことの
ようです。
それで、結局 「中論」の龍樹さんの立場はどうかっていうと
著者は「おそらくチャンドラキールティの解釈が最も近いで
あろうと思われる」としています。

p213
要するにナーガールジュナを始めとして中観派の諸哲学者は、
「自生」「他生」「共生」「無因生」という生起のあらゆる
型を否定
することによって縁起を成立せしめようとしたので
ある。

p214
「諸法の不生」ということは「般若経」のうちにくりかえし
説かれているところであるが、縁起を不生と解する思想は
最初期の仏教までさかのぼりうる。

ブッダは苦または苦楽あるいは十二支のひとつひとつに
ついて、それが自ら作られたものでもなく、他のものによって
作られたものでもなく、自作にしてもまた他作のものでもなく、
自作にも非ず他作にも非ざる無因生のものでもなく、
実に縁起せるものにほかならぬと説いたという。

したがって縁起が時間的生起の関係を意味するのではないという
思想は最初期の仏教に由来する点もあるということは明瞭である。

・・・つまり、最初期のブッダの言葉には簡単にしか書いて
なかったことを、龍樹さんは徹底的に展開したってこと
みたいです。

ところで、ここの議論で、

「もろもろの事物が縁によって生じるという説明を一応承認
しつつ、もろもろの事物はそれ自体としては(自性上)生起
しない、
ということを主張しているのである。」

ってあるんですが、「生じる」といいつつ「生起しない」と
いうような表現上の矛盾はどうしても残るみたいですね。

これが言語の限界なのかもしれません。

次回は「八不」です。

==その34に続く==

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原始仏教 初期仏教 小乗仏教 部派仏教 ブッダの言葉 龍樹 大乗仏教 空の理論 色即是空 般若経 般若心経 

|

« その32 中村元著「龍樹」ー ブッダの縁起説の真意は小乗とは異なる   | トップページ | バギオでラーメン・・・やめといた方がいいな。 これが 79ペソ ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/56454959

この記事へのトラックバック一覧です: その33 中村元著「龍樹」ー 「縁起」は「起こらない」禅問答 ?  :

« その32 中村元著「龍樹」ー ブッダの縁起説の真意は小乗とは異なる   | トップページ | バギオでラーメン・・・やめといた方がいいな。 これが 79ペソ ? »