« マニラ-クバオ- ターラック・ルイシタ 居酒屋 Manila to Tarlac Luisita Japanese Rest | トップページ | 「あなたがいなくなるから」なのか、「私は寂しい」なのか »

2013年1月31日 (木)

男の車掌は忙しい? 仕事の仕方は国それぞれ・・・Victory Liner Bus

どうも、フィリピンの、っていうか、ビクトリー・ライナー・バスの
切符販売の仕組みが分からない。

先日、マニラのEDSA通りにあるCUBAOのバス・ターミナルから
ターラックのルイシタまでビクトリー・ライナーのバスを使ったんです。

・・で、クバオの切符売り場に並んで、ルイシタまで一人、って
言ったら、・・・切符は売ってくれなくて 番号を書いた紙切れ
をくれるんです。

初めての経験。

クバオからバギオまで行ったことはあるんです。
その時は、ちゃんと切符売り場で売ってくれたんです。

「なんだ、この紙切れは??」

「アラミノス行に乗ってください。向こうですよ」

っていうから、隣のバス会社にルイシタ経由のアラミノス行きが
あるのかと思って、隣のバス・ターミナルで 

「ここからルイシタ行きが出てるの?」ってきいたら、

「あっちだよ!」

って、お兄ちゃんが教えてくれて・・・・

結局、ビクトリーに戻ってみたら、アラミノス行きがありまして、
その紙切れの番号は バスの番号だってことが分かり・・・

う~~ん、なんで ??

なんで、同じ会社のバスなのに、切符売り場で切符を売らないの?

・・で、バスに乗ったんですけどね。

車掌はお兄ちゃんでした。

ここでも、戸惑いが・・・・

出発してから、うとうとしていた頃に、車掌さんが改札に来て、

「ターラックのルイシタまで、ください。」

「はい、どうぞ・・・」

って、切符をくれたんです。

例の、昔の日本のバスの車掌さん。 女性でしたけどね。

カチャ、カチャ、カチャ、・・・  パチン、パチン、パチン・・・

って切符に穴をあけるじゃないですか。

あれって、小さいころに故郷でバスにのっていたころは

かっこいいなあ~~、って思ったもんですよ。

女性の車掌が かっこよかった。

・・ところが、

切符をくれたんで、お金を即渡そうとすると、

「後で・・・」

って言うじゃないですか・・・

どういうこと??

普通、現金と切符は 交換じゃないっすか??

・・・・

どうも、様子をみていると、ひととおりお客さんに切符を
渡して、その後に 集金してまわっているみたいなんです。

まあ、考えてみると、いちいち一人一人、切符を切って、
お金をもらって、おつりを渡す、ってことをやるよりも、

まとめて、後でお金の清算をした方が いいような気も
しますけどね。

・・・結構、記憶力に自信がないと、できないっしょ。

でもね、このバスの男の車掌さんは 忙しいですよ。

ひとりひとりのお客がどこで降りるのかってことも
覚えておかなくちゃいけないし・・・・

フィリピンの普通バスは、お客が「止めてくれ」って言う
ところで 降ろしますからね。

そして、バスの床下に入れてある荷物も、その度に
出してあげなくちゃいけないし・・・ 忙しい。

これに比べて、デラックス・バス (最近はファースト・クラス
って呼んでいるみたいですけど)、あの車掌はどうよ?

デラックスだから 車掌のことを スチュワーデス って
呼ぶんです。 女性です。

・・・でもね、めっちゃ暇そうですよ。

普通バスのお兄ちゃんみたいに、切符は切りません。
ちゃんと切符売り場で売りますから。

途中で降りるお客はいない、マニラーバギオの直行急行ですから。
どこで どの客が 降りるかを記憶する必要もない。

ただ、車内にトイレがありますからね、その掃除は一度くらい
やるみたいです。

それに、ボトルに入った水と袋入りのスナックをお客に配る。

それだけです。

この前に乗ったデラックスのスチュワーデスなんて、
ず~~~~~っと 運転中の運転手と世間話していましたよ。

確か、「運転中の運転手に話しかけるな」っていうルールが
車内に貼ってあるのを以前みたような記憶があるんですけど・・・

まあ、いないと困るってことはあるでしょうね。
トイレが汚くなっちゃったら デラックスの意味が
なくなっちゃうから・・・

・・・・

いずれにせよ、切符売り場でうっている切符と、
車内でお兄ちゃんが売っている切符。
なんでそういうことになっているのか・・・・分からない。

まあ、途中で乗ってきたり、降りていったりするお客がいるから、
車掌が切符を切らなくちゃいけない、ってのは分かるんですけどね。

なんで、切符売り場で売る切符と 売らない切符があるの???

017

Luisita, Tarlac, Philippines

 

 

 

 

 

 

 


|

« マニラ-クバオ- ターラック・ルイシタ 居酒屋 Manila to Tarlac Luisita Japanese Rest | トップページ | 「あなたがいなくなるから」なのか、「私は寂しい」なのか »

コメント

ささきさん、
成程ねえ。 細かい距離の計算は車掌のところでやっているってことなんですかね。

そうですか、運転手が眠らないようにね。
まあ、どっちをとるかの問題ってことになるんでしょうか。

おしゃべりしていて上の空になる確率と
うとうとしてしまう確率の比較でしょうか??
どっちにしても怖いけど・・・・

確か日本では「運転手に話しかけないで」というようなバスの中での表示があったような記憶がするんですけど。

ビクトリー・ライナーでも そういうのを見たような覚えがあるんですけどねえ・・・

    
  

投稿: させ たもつ | 2013年2月 3日 (日) 20時01分

よくわかりませんが、ターミナルでの切符は行き先がパサイ、クバオ、等書いてあってそれ以外(途中下車)は売れないのでは? なのでバスに乗ってから車掌さんが行き先のキロメーターを穴開けた切符をくれて払う。 そんなような気がします。    
運転手に話しかけるのは、居眠り運転防止じゃないですか? 運転手が車掌にそう言っているのを聞いたことがあります。

投稿: ささき | 2013年2月 3日 (日) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/56666771

この記事へのトラックバック一覧です: 男の車掌は忙しい? 仕事の仕方は国それぞれ・・・Victory Liner Bus:

« マニラ-クバオ- ターラック・ルイシタ 居酒屋 Manila to Tarlac Luisita Japanese Rest | トップページ | 「あなたがいなくなるから」なのか、「私は寂しい」なのか »