« フィリピン・バギオの三角停止板・・・・ マニラじゃあ何を使ってるの? | トップページ | 国際結婚 フィリピン人との離婚はどうする・・・・ 離婚届けだけじゃあ・・・ »

2013年2月15日 (金)

フィリピン・バギオでクラシック音楽: バギオ音楽祭 in キャンプ・ジョンヘイ

バギオ音楽祭が2月14日から17日までの4日間開催されるって情報をFACEBOOKで知ったんです。

039a

FACEBOOKには 「クラシック」と書いてあったんで、「バギオでクラシック?」と ちょっと不思議に思ったんです。

バギオでクラシック音楽をまともに聴いた記憶は一度だけ。

バギオ大聖堂でクリスマス・シーズンに開かれた音楽会で、マニラから来た オーケストラの演奏でした。

・・・そういうのが聴けるのかなあ~~、と半信半疑で行ってみました。

でも・・・・

043

開始時間の4pmになっても、こんな感じで、舞台の上には オーケストラどころか、弦楽四重奏なんかをやるような 椅子もない・・・

「なんじゃ、これは?」

と思ったんです。

035_2

私の頭の中には 蜘蛛の巣が 張りました・・・・

・・・って、なんのこっちゃ、ですけど。

ここは、元米軍基地・保養所であった、キャンプ・ジョンヘイの中にある

「ベル・アンフィ・シアター」(ベルさんの野外円形劇場」って名前の

野外音楽堂みたいなところなんです。

J. フランクリン ベル という、フィリピンがアメリカの植民地であった時代の総督の名前だそうです。

詳しい話は、下記のサイトでチェックしてください。

http://www.backpackingphilippines.com/2009/09/bell-house-camp-john-hay-baguio-history.html

それで、こういうすり鉢状の円形劇場になっているわけです。

036

まさに、森の中の劇場という雰囲気。 悪くない。

・・・でも、話が戻りますけど・・・・

開場の時間が過ぎても、オーケストラのメンバーらしき人たちが誰もいない・・・

スピーカーやライトや機材は 他ではあまり見ない程に 揃えてあるんですけど。

そして、

司会の話が始まり、「すぐに始まります」とアナウンスがあったんです。

すると、

4人の おじさん、おばさん、(失礼)が舞台の後ろの方で、発声練習みたいなことを始めたんです。

スピーカーからは、音階を少しずつ上げたり、下げたりする練習の為の ピアノの音が流れて・・・・

こんなの初めて見た。

おそらく、日本だったら、お客の前で、こんな発声練習なんて見せたりはしないでしょうね。

「ありゃりゃりゃ・・・」

と、正直思いました。

「これは、期待できないな・・・・」

そして、開演。

「カラオケ」 が始まりました。

立派な演奏がCDからスピーカーを通して、会場に響き渡ります。

050

このおっさん・・・

いい声していました。

カラオケだし、

期待していなかったんですけど、 すばらしい歌声でした。

私は音楽の知識はないんですけど、素晴らしい歌い手だってことぐらいは分ります。

聴いていて飽きない、ってのが私の評価基準なんですけどね。(笑)

私の隣に座った、アメリカ人の知人が教えてくれました。

「これは歌劇ファントムの中の歌だよ。」

「ここで歌う人たちは、どっかのグループの人たちなんですか?」

「いやいや、それぞれ独立したプロの歌手なんだよ。」

「バギオの人たち?」

「バギオの人もいるし、マニラから来ている人もいるね。」

052

二人目は、この女性。

「この人、大丈夫かな・・・・」

と思うほどに、一曲目の声は安定していなくて、

ちょっと上手な素人さんが精いっぱいに歌っている、って感じでした。

しかし、

062

その、私の気分が下降線を辿りつつあったところを、救ってくれたのが、このお姉さん。

いい声でした。

多分、歌劇の中にでてくる「アリア」なんでしょうね。

一応 看板には ARIAS って書いてあるから。

・・・でも、なんで、こういう音楽祭には 「プログラム」がないんだろうなあ・・・

歌い手は、誰々さんで、こういう歌劇の中のこういう曲を歌いますよ、って配ってくれりゃあいいのにね。

075

4番手は、このお兄さん。

ミュージカルの曲だったみたいです。

なかなかの熱唱ではあったんですが、ちょっと私の趣味からは外れていたかなあ~~って感じでした。

078

・・でも、こういう場所で、

大きなスピーカーで、

クラシック音楽を聴くだけでも 気持ちがいいですしね。

特に、1番手と3番手の歌声は 、 聴きに来てよかった、って思いましたしね。

観客が60~70人くらいしか居なかったのが、ちょっと寂しいなと思いましたけど、こういうイベントが増えて、もっとバギオ市民に認知されるようになるといいな、と感じました。

・・・

それに、たまたま会場で アメリカ人の知人にも会って、

久々にいろいろと話も出来たし。

 

この後、彼のレストランに行って、バレンタイン・デイの フィリピンの若者カップルの生態を観察することもできたし(笑い)、面白かったなあ。

「犬も歩けば棒に当たる」 の一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

philippine baguio city camp john hay bell amphitheater baguio music festival 2013 university of baguio arias

|

« フィリピン・バギオの三角停止板・・・・ マニラじゃあ何を使ってるの? | トップページ | 国際結婚 フィリピン人との離婚はどうする・・・・ 離婚届けだけじゃあ・・・ »

コメント

残念ながら 出会ったのは シカゴ出身のおっさんでした。
  

投稿: させ たもつ | 2013年2月16日 (土) 01時15分

させさん、お久しぶりですね。 いいところですね。 ここに一人で行ったんですか? 当然ガールフレンドと一緒ですよね!

投稿: 宇宙人 | 2013年2月16日 (土) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/56770278

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン・バギオでクラシック音楽: バギオ音楽祭 in キャンプ・ジョンヘイ:

« フィリピン・バギオの三角停止板・・・・ マニラじゃあ何を使ってるの? | トップページ | 国際結婚 フィリピン人との離婚はどうする・・・・ 離婚届けだけじゃあ・・・ »