« 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その25 安保闘争のおそまつ。自立路線はやっぱ無理?? | トップページ | 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その26 ライシャワー大使なかりせば・・・ »

2013年3月24日 (日)

「日本人は 美味しいもの 食べ過ぎだよ」 って どういう意味?

以前にも、「~~過ぎる」について日本語教師症候群が出たと
書いたことがあるんですが、

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/01/post-7c09.html

テレビを見ていて、こんな日本語が出てきたんです。
「美味しいもの食べ過ぎだよ。」 (A)

これが気になっちゃって・・・

辞書にこんな表現があるんですけど:
http://ejje.weblio.jp/sentence/content/%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%81%99%E3%81%8E/2
その料理がおいしすぎて、私は食べすぎてしまいました。
That food was to delicious so I ate to much. 

そこで(A)の文は、どっちの意味なんだろうと思ったわけです。
これを、書き言葉的に言えば:

japanese are eating too delicous food.
日本人は美味しすぎるものを食べている (味が過ぎている

japanese are eating too much food.
日本人は食べ過ぎている。  (量が過ぎている

つまり、「美味しすぎる」のか「食べすぎる」のどっちなんだ、ってことです。

(A)をそのまますんなり読めば、
「食べ過ぎている」ことに重点があるように思うんですが、
テレビの番組の中での状況としては、「美味しすぎる」ことを
言っていたように思うんです。

だから、日本語で正確にそれを表そうとしたら、どう言えばいいのかな
とふと気になってしまったわけです。

つまり、
「日本人は美味しすぎるものを食べている」
という書き言葉的な表現を、
「美味しいもの食べ過ぎだよ」という
スタイルの口語的な表現で、正確に言えるのか、ってことです。

例えば、
「日本人は 美味しいもの 食べすぎだよ」
と言うと、「食べ過ぎ」の方に重点があるように聞こえる。

「日本人は 美味しすぎるんだよ」
と言っちゃうと、日本人=美味しい になっちゃう。

「日本人は、美味しすぎるもの 食べてんだよ」(B)
「日本人が食べてんのは 美味しすぎるんだよ」(C)

と言えなくもないし、このように言う方が意味が正確に伝わるとは
思うんですけど、日常生活の中で、こういう言い方をしているかって
いうと、あまり聞かないと思いませんか?

どっちかと言えば、(C)の方が正確で自然かなとは思うんですが、
日常的には やっぱり(A)を「美味しすぎる」という意味で
使っていることが多いんじゃないか
と感じます。

あなただったら、「美味しすぎるものを日本人はたべている」という
意味合いで、日常の会話体では どう言っていますか?

(A)、(C)、はたまた それ以外??

 

 

 

 

 

フィリピン バギオ 日本語教師 日本語教育 学校 教室 文語体 口語体 過ぎるの使い方 用法

|

« 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その25 安保闘争のおそまつ。自立路線はやっぱ無理?? | トップページ | 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その26 ライシャワー大使なかりせば・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/57020205

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本人は 美味しいもの 食べ過ぎだよ」 って どういう意味?:

« 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その25 安保闘争のおそまつ。自立路線はやっぱ無理?? | トップページ | 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その26 ライシャワー大使なかりせば・・・ »