« 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その33 日本は米国の敵である・・・ | トップページ | 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その34 日本の首脳とは知的会話はムリ? »

2013年4月 3日 (水)

フィリピン・バギオ市でも 選挙戦が本格的にスタート

日本に居てもノンポリな私で、いわゆる「浮動票」なんですが・・・

もちろん選挙権があるわけでもなく、どんな政党がどんなことを公約にしているのかも知らず・・・

008

我が下宿の外が夕方7時ころから にわかに騒がしくなりまして。

まさか庭先でこんな選挙演説会があるとは びっくり・・・・

012_3

たまたま、下宿の大家さんの兄上が、市議会議員へ復帰するために立候補するっていうんで、現国会議員、現市長のグループがこの庭先で集会をやるということになったようで。

上の写真は下院議員さんの演説です。

028

そして、これは副市長候補のようです。

現地の言葉なんで、何をしゃべっているのかさっぱり分りません。

私は、部屋でビールを飲み、テレビを見、パソコンをいじり・・・

その合間に、ちょくちょく写真を撮りに行ったんですけど。

035

10時ちょっと前くらいに、やっと現市長さんが現れて、トリの演説。

会場からは頻繁に大笑いの声がでて、居並ぶ候補者の皆さんも大笑い。

市長さんは、なかなかのコメディアンのようです。

内容はさっぱり分りません。

シニア・シチズン(高齢者)の話で盛り上がっていたようです。

049

演説会の途中で、お決まりのお食事でも出るのかと思いきや、なんと、そういうことは微塵もなく、最後はこのような万歳スタイルで締めとなりました。

先日 中央の某新聞記事で、現フィリピン大統領がバギオ市の現体制を批判する記事が掲載されていたんです。

歴史ある、自然の多いバギオを現体制がダメにしている、というような内容でした。

地元の人に聞いたところ、バギオ市の現体制は、前大統領派であるので、バギオ市長は現フィリピン大統領がバギオ市を訪問しても、よそよそしいのだとか・・・

聞いてみなくちゃ分らない 政治の構図でありました。

投票日は、5月13日(月)だとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 






|

« 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その33 日本は米国の敵である・・・ | トップページ | 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その34 日本の首脳とは知的会話はムリ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/57099651

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン・バギオ市でも 選挙戦が本格的にスタート:

« 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その33 日本は米国の敵である・・・ | トップページ | 「戦後史の正体」 孫崎亨著 : その34 日本の首脳とは知的会話はムリ? »