« いよいよ フィリピン総選挙 : バギオの事情 | トップページ | 子猫が犬に喰われてしまった - フィリピンの日常 »

2013年5月12日 (日)

フィリピン・バギオ市の 総選挙 - 国会議員、市長、市議

2013年5月12日、バギオ一番の有力新聞 バギオ・ミッドランド・クーリエに 選挙戦をやっている政党・グループがわかる広告がありましたので、ご参考まで。

前回書いたイメージの色分けで言いますと:

緑組: 現体制派 (反大統領派)

012

国会議員にベルガラ氏、バギオ市長にドモガン氏 などなど・・・

日比文化交流などのイベントでお世話になった タバンダ市議や、うちの大家さん家族からの マンダパット氏 などが このグループ。

黄色組: 大統領派 - 中国系フィリピン人のグループとみられているらしい。

020_3

国会議員に立候補している マーク・ゴー氏は、私の元職場の人事部長だった知人。 そして、紅二点の中の バキリン女史は 日本人会でバギオ100年祭の時に制作した ミュージカル「ケノン・ロード」の主役級で出演してもらった舞台女優・歌手です。

赤組: 地元山岳民族出身派

017_2

国会議員候補のアリピン氏は、在バギオの某日本人の大家さんで、その兄君は山岳民族の歌手・タレント。 この兄君とは一緒に酒を飲んだこともある知人です。

前回書いた裏情報なんですが、 この新聞への選挙広告の掲載の仕方がちょっと微妙な配置になっていたので、ご紹介しておきます。

緑組の国会議員候補の広告:

011

そして、別のページに 同じ緑組と 黄色組の二人が仲良くならんで・・・

009_2

同じようなレイアウトでの広告になっているのが微妙・・・・・

お二人ともに地元山岳民族の出身ということだそうです。

前回書いたブログ記事はこちらへどうぞ:

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/05/post-8537.html 

ところで、ちょっと珍しいことがありました。

023

何が珍しいかと言いますと・・・・

このミッドランド新聞の中に 黄色組の候補者のチラシが 折り込まれていたんです。

フィリピンでは、少なくともバギオ市では、日本のように チラシが新聞に折り込まれているということは、まずほとんど無いんです。

新聞折り込みなんて初めてみました。(私だけかもしれませんけどね・・・)

いずれにせよ、この新聞社は・・・・なのかな? って感じがしました。

さて、あす5月13日が投票日。 どうなるんでしょうねえ~~。

私は外国人だし、投票権も当然ないので、高見の見物で~~す。

新聞社による分析はこちらでどうぞ:

バギオ・サンスター新聞です

http://www.sunstar.com.ph/baguio/local-news/2013/05/12/tight-race-seen-city-282038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の3つのグループが国会議員以下の選挙戦の核となっているそうです。

|

« いよいよ フィリピン総選挙 : バギオの事情 | トップページ | 子猫が犬に喰われてしまった - フィリピンの日常 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/57367276

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン・バギオ市の 総選挙 - 国会議員、市長、市議:

« いよいよ フィリピン総選挙 : バギオの事情 | トップページ | 子猫が犬に喰われてしまった - フィリピンの日常 »