« 「日本語の論理」 その19(完) 英語は島国言語だったじゃないか・・・ | トップページ | 「日本語の論理ー日本語点描」を読む その1 思考力を鍛える抽象語 »

2013年6月26日 (水)

やる気の無い店・・・フィリピン・バギオのSMモールで・・・

まあ、普通は「この店いいよ!」ってのをやるんでしょうけど、たまには、「ここはやめといた方がいいよ?」ってのも いいかな、と思いまして。

002

SMバギオの最上階・・・いちばん隅にある この店・・・ SMを一応全部歩き廻った方ならご存知でしょう。

そう、煙草が吸える数少ないお店です。

006

日本に発送したい郵便物があったんで、SMバギオの同じ階にあるDHLに行ったついでに 昼ごはんを食べたんです。

ビールもあるしね。

003

何が旨いのかしりませんけど、昔風のハンバーガー、コーヒー付きって書いてあったんで、試しに食べました。

ここは、以前にも何度か来たことがあるんですけどね、お客が席についても、メニューすら持ってこないんで、今回は店員らしき人も見当たらないんで、自分でメニューを取りに行って、厨房の方から一人男が出てきたんで、「ビールちょうだい」。

005

ここは、気楽な感じが嫌いじゃないんですけどね。 屋外にこんなテーブルがあって。

しばらくビールを飲みながら、注文したものが出てくるのを待っていたんです。

すると、映画館のある方から ぞろぞろと 20人以上の男女が出て来ましてね。

なぜか手に手に、コカコーラのボトルと、紙に包まれたハンバーガーをみんなが持っているわけ。

なんの集団ですかね? コーラとハンバーガーの集団。

そして、このお店のテーブルの内、テーブルを5つばかり占拠したんですねえ。

フツーは、お店の人が 営業の邪魔だから 座らないでください・・ってやりませんか。

まあ、厨房に一人くらい担当者がいて、フロアーも一人って雰囲気でしたから、まあ、そこまで手が、声が、廻らないんでしょうけどね。

他の店には、だいたい暇そうなフロアー係が2~3人いて、おしゃべりしていたりするもんなんですけど。

そう思いながら見ていたら、その後も人数が増えて、40人くらいになっちゃった。

そして、フィリピンでは珍しい光景が・・・

その40人ぐらいの内の3分の2ぐらいが 煙草を吸いだした・・・

20代から30代くらいの連中でしたけどね。 こんなに喫煙率が高いってのは珍しい。

どんなグループなんだ、これは。

そして、その中のちょっと齢かさの女が、「すみません、いいですか?」って言って、私のテーブルに置いてある灰皿に 吸い殻を入れた。

まあ、断ったから いいですけどね。

ビールを半分以上飲み終わったころに、やっと古典的ハンバーガーってのが出てきました。

中身は、お子様ハンバーグが3枚と、マッシュト・ポテトがどっさり。

・・・これだけ?    ・・・はい、それだけ。

これが古典的なものなのか。 勉強になった。

そして、食事も終わり、ビールも飲み干し、お勘定かな・・・・・

例によって、店員の姿は見えない。

食後のコーヒーは 期待どおり 出て来ない。

まあ、いいんですけどね。

しばらく待ったけど、来ない。

厨房に声を掛けると、男が出て来て、お勘定。

確か、前回は、同じような状況で、私の前にお勘定をしようとしていたカップルがいて、

「お勘定を待っているんですか?」って聞いたら、

「はい、なかなかお釣りが出てこないんだよ・・・」。

「そうですか、順番待ちですね。。。。ははは」ってことがありました。

お店の名前知りたいですか? いいですよ。

001

お勘定を無事にすませ、無事にお釣りをもらい、お店を離れました。

屋内の映画館の前の角を廻って、右側にふっと視線を向けたら、そこのカメラ屋さんがありまして、3人の女性がいました。

2人の女性が カメラを構えていたんです。

カメラ屋さんだから、まあ、不思議な光景ではないんですけどね。

どうも、店員みたいなんです。

そして、カメラが並んでいるショーケースの前に、もう一人の女性が立っていまして、フィリピン人らしい ポーズをとっていたんです。

視線ってのは面白いもんですね

別に それをジイ~~っと見ていたわけじゃあないんですよ。

歩いて通り過ぎようとしていて、たまたま、右の視界に入ってきただけ。

その視線を その3人の女性が 一斉に感じたんですね。

カメラを抱えていた2人が気づいて、ちょっと恥ずかしそうに ニコッと微笑んだんです。

それに気づいたポーズをとっていた女性も。

こっちもつられてニコッとしちゃいましたけどね。

その間 多分 3秒ぐらいですかねえ。

そして、エスカレーターに乗りました。

007

以前からあったかどうか、気が付きませんでしたけど、今日はなぜか気が付いたんですね。

な~~んでかって言うと、私の前にいたカップルのうち若い女性が エスカレーターの階段に座ったんです。

一階から二階、二階から三階へ乗り換えるたびに、腰を下ろしたんです。

へえ~~、こういう人もいるんだなあ~~、って新鮮な感じでした。

008_2

この貼り紙に、「子どもさんを座らせないでください。」って書いてあるんですね。

・・・・そうか、大人は座ってもいいんだ・・・ って、変に納得・・・・・

 

カメラ屋さんの店員らしき女性たちにしろ、腰を下ろした若い女性にしろ、

この「やる気のなさ」 が フィリピンの魅力でしょうかねえ~~。

 

 

 

       

 



|

« 「日本語の論理」 その19(完) 英語は島国言語だったじゃないか・・・ | トップページ | 「日本語の論理ー日本語点描」を読む その1 思考力を鍛える抽象語 »

コメント

そりゃあひどいなあ・・・
ちょっと歩けば SMの共同トイレがあるのに。
やっぱそういうやつは、しっかり トイレ使用記録帳をつくって、一人50ペソで 請求しないとねえ。 (笑)


投稿: させ たもつ | 2013年6月27日 (木) 13時42分

この店ねぇ~ 私がお店やってた時からの敵です(笑)。 ビール出す癖にトイレがないんです。 んで お客にトイレの場所を聞かれた店員はその角まがったラーメン屋でしてきてって言ってたらしいのです。 こちらにとってはたまったものではありません。 掃除や水道代全部こちらもちですよ。

投稿: ささき | 2013年6月27日 (木) 11時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/57672183

この記事へのトラックバック一覧です: やる気の無い店・・・フィリピン・バギオのSMモールで・・・:

« 「日本語の論理」 その19(完) 英語は島国言語だったじゃないか・・・ | トップページ | 「日本語の論理ー日本語点描」を読む その1 思考力を鍛える抽象語 »